※2020年3月29日更新~実機レビューを追記しました。

こんにちは!Omiです。

コムテックから夜間特化型STARVIS対応センサーを採用した2カメラドライブレコーダーとしては2モデル目に当たる「ZDR025」が発売されています。(STARVISはリアのみ)

2019年の1月に発売された「ZDR026」はSTARVISながら明るさを極端に抑えた絞り重視の高解像度モデルでしたが、おそらく「ZDR025」の方はこのタイミングの発売だと、STARVISの中でもより明るさに特化した「IMX327」が使用されていると予測します。(コムテックはイメージセンサーの種類を公開しないので正確には分かりません)

ドライブレコーダーに搭載されているSONYのイメージセンサーごとの特徴

「ZDR025」のスペック

「ZDR025」のスペックは以下の表の通りです。

ZDR025
19.12発売
フロント:1920×1080/29fps/HDR/WDR
リア:1920×1080/29fps/HDR STARVIS
レンズ視野角
フロント:水平140°
リア:水平135°
LED信号対応
microSD付属32GB/最大32GB
フォーマット不要
GPS内蔵
駐車監視モード
衝撃クイック録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
自動起動
専用ケーブル
HDROP-014
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

ここ1~2年のコムテックのドライブレコーダーはハイエンドの「ZDR026」ではなく、価格が抑えられたスタンダードな「ZDR-015」が最も売れていると言う話を業界筋の方から聞く機会が多いのですが、「ZDR025」は「ZDR-015」のリアカメラをSTARVISセンサーに置き換えたような特徴のモデルであると推察されます。

もともと「ZDR-015」の特性は、フロントが非常に明るい上に強烈なHDR補正の恩恵で過去にテストしたドラレコの中では最も白飛びに強く、ほとんどのドラレコが読み取り不能になるようなヘッドライトの光が反射した状態のナンバープレートをしっかり読み取る事が出来ると言うのが特徴的なモデルでした。

ただし、リアカメラのイメージセンサーのグレードが低く、明るさ、逆光補正能力、ナンバー認識精度のいずれもイマイチと言う問題点もありました。

「ZDR026」は全く違った特性のモデルになりますので、スタンダードクラスの2カメラモデルは「ZDR-015」以降モデル更新が止まっている状態でした。

おそらく…ですが、「ZDR025」は「ZDR-015」の良いところを引き継ぎ、リアカメラを明るさ重視のSTARVISセンサーにアップグレードしたモデルかと思われます。

セット内容とデザイン

なお、こちらの動画でも概要をレビューしています。

セット内容については以下の通りとなります。

①フロントカメラ筐体

②リアカメラ

③カメラ接続ケーブル(アナログ4極 9m)

④3PINシガー電源ケーブル

⑤32GBのmicroSD

⑥取扱説明書

⑦取付部品

フロント筐体

フロント筐体のデザインはスタンダードな箱型タイプで、サイズもスタンダードですが先代の「ZDR-015」と比べるとかなりコンパクトになっています。(「ZDR-015」は初期の2カメラモデルなのでバカでかい)

こうやって比べているとユピテルの「SN-TW9500dp」のコンパクトさが目立ちます。

液晶はドラレコとしてはやや大きめの2.7型、液晶の左には2つの操作ボタン

筐体の下側側面には4つの操作ボタン

右側面にはmicroSDカードスロット

左側面にはリセットボタン

上部には左から3PIN電源端子、カメラ接続端子、AV出力端子が装備されています。

リアカメラ

リアカメラは他のコムテックの2カメラモデルとほとんど同じデザインのコンパクトな長方形タイプとなっています。

サイズ的にはユピテルのリアカメラと同程度です。

カメラ接続ケーブルは9mのアナログ4極タイプです。

電源ケーブル

電源ケーブルはシガープラグタイプとなりますが、駐車監視の運用には別途専用の3芯常時電源ケーブルが必要です。

インターフェイスについて

電源ONから録画開始までの起動時間は2秒程度と2カメラドライブレコーダーとしては非常に早めです。

メニューツリーは一本化されており、ボタンの役割が液晶下にプリントされていますので使い勝手は悪くありません。

ただし、夜間にはこのプリントが見えませんので操作には慣れが必要です。

車内への取付けについて

今回は初期型のリーフに「ZDR025」の取り付けを行いました。

ミラー裏に簡単に隠せますが、なるべくレンズが車の真ん中近くになるように設置したいところです。

リアカメラケーブルは長めの9mですので、ミニバンなどでもケーブルをマット下などに這わせる事が出来るでしょう。

ドライブレコーダーとしての画質について

画質については次の3つの2カメラドライブレコーダーと前後の映像を比較しました。

①コムテック「ZDR026」~前後「2560×1440」、STARVIS

②コムテック「ZDR-015」~前後フルハイビジョン

③ユピテル「SN-TW9500dp」~前後フルハイビジョン、STARVIS

比較ポイントはこちらの通りです。

①録画視野角

②ナンバー認識精度

③逆光補正能力(白飛び・黒つぶれ)

④夜間のナンバー認識精度

⑤夜間の明るさ

⑥暗視能力

なお、リアカメラの明るさ設定は調整が可能なもののみを最高設定としてあります。

①コムテック「ZDR025」~明るさ設定最高

②コムテック「ZDR026」~明るさ設定最高

③コムテック「ZDR-015」~明るさ設定最高

④ユピテル「SN-TW9500dp」~明るさ設定不可

録画視野角について

フロントカメラの録画視野角は仕様表の表記よりも若干狭く水平138°程度でしたが、現行のドライブレコーダーとしては最も広い部類に入ります。

リアカメラもかなり広めの水平135°程度です。

これら4つのモデルの前後合わせた録画視野角を広い順番に並べると次のようになります。

①コムテック「ZDR025」~前:水平138°+後:135°=272°

②ユピテル「SN-TW9500dp」~前:水平136°+後:122°=258°

③コムテック「ZDR-015」~前:水平116°+後:119°=235°

④コムテック 「ZDR026」~前:水平113°+後:113°=226°

「ZDR025」は、現行2カメラドラレコとしては単独で最も広い録画視野角です。

ナンバー読み取り精度について

「ZDR025」はフロント・リアともに録画視野角が非常に広めで、リアについてはアナログ接続です。

従ってナンバー認識精度では不利になり、フルハイビジョンモデルとしては最も低い部類となります。

【フロント】

【リア】

逆光補正能力について

「ZDR025」は前後カメラとも強烈なHDR補正が掛かっており、トンネル内での白飛びには抜群の強さとなっています。(見え方としては「ZDR-015」に非常に近い)

一方で光の外側が暗くなりますので、黒潰れはそこそこ出易いチューニングと言えます。

【フロント】

【リア】

なお、コムテックの3モデルのリアカメラは全て明るさ設定を最高にしていますが、HDR補正に対応しているのは「ZDR025」のみで抜群の見易さとなっています。

日陰の部分はフロントがやや暗くなる傾向がありますが、リアはダントツの明るさです。

【フロント】

【リア】

従ってダイナミックレンジの広さ、逆光に対する強さでは「ZDR025」が現行の全ドラレコの中でも単独最強と言えるでしょう。

※明るさを最高設定にした場合、全体的に白っぽく曇った見え方にはなります。

夜間のナンバー読み取り精度について

夜のヘッドライトが強く反射した状態のナンバープレートの読み取り精度は、コムテックの3つの製品が非常に高く、ユピテルの「SN-TW9500dp」のみ低いと言った結果です。

【フロント】

リアカメラについては後続車のヘッドライトが点灯した状態ではユピテルの「SN-TW9500dp」が最もナンバーの読み取り精度が高いと言う結果でした。

【リア】

夜間の明るさについて

夜の明るさについてはネオンが多い市街地では、フロントはこの中では「SN-TW9500dp」が画面のどの部分も満遍なく明るく、次いで「ZDR025」「ZDR-015」、「ZDR026」は光の弱い部分が暗めとなっています。

【フロント】

※この中では「SN-TW9500dp」が最も明るいですが、STRAVISモデルでは更に明るいものも結構あります。

リアに関しては市街地では「ZDR025」「ZDR026」が明るく、他の2機種は明るさが落ちます。

【リア】

街灯が少ない場所になるとフロントカメラはSTARVISの「SN-TW9500dp」が最も明るく、次いで同じくSTARVISの「ZDR026」と続き、STARVISではない「ZDR025」と「ZDR-015」についてはやや暗めとなります。

【フロント】

リアについてはSTARVISの「ZDR025」がダントツに明るく、その他の3モデルは暗めとなっています。

【リア】

単純なリアカメラの明るさだけなら、おそらく「ZDR025」は現行機では最高クラスかと思います。(VIOFOの「A129 Duo」と概ね同程度か、「ZDR025」がやや上)

 

ただし、かなり砂嵐のような高感度ノイズを出して明るさを確保している為、イメージセンサーは最新の「IMX327」ではなく、従来品の「IMX307」辺りをソフトウェア補正で無理矢理に明るくしている印象です。

 

暗視能力についてはフロントは「SN-TW9500dp」が最も高く、「ZDR026」がほんの少し明るめ、「ZDR025」「ZDR-015」は全く期待できません。

リアカメラは「ZDR025」が全ドラレコの中でも最高クラスとなっています。

明るさの面ではフロントは「ZDR-015」とほとんど同じ見え方ですので特別優れていると言うわけではありませんが、「ZDR-015」の最大の弱点であったリアカメラの撮影能力を大幅に改善させた上で、録画視野角を現行最高レベルまで引き上げていますので、何の条件もなしに2カメラおすすめドラレコを教えろと言われれば「ZDR025」をおすすめします。

夜間の撮影能力を重視するならユピテルの製品もアリですが、まずはスタートとしては「ZDR025」を考えるべきでしょう。

西日本LED信号の見え方について

「ZDR025」のフレームレートは前後とも29fpsとなっていますので、日本全国でLED信号が高速点滅して映るでしょう。

※以下、同じく29fpsの「ZDR-015」の見え方

ドライブレコーダーのLED信号対策のまとめ

安全運転支援機能について

「ZDR025」にはこちらの5つの安全運転支援機能が搭載されています。

①先行車発進お知らせ~先行車の発進を検出しお知らせします。

②前方信号お知らせ~前方の信号が青信号であることを検出しお知らせします。

③後続車接近おしらせ~後方から接近する車両を映像で認識し、お知らせを行います。また設定により後続車接近録画データとして記録することもできます。

④ドライブサポート警報~急加速や急減速、急ハンドルを検出お知らせします。

⑤車速アラーム~設定車速を超えた場合にお知らせします。

安全運転支援機能を使用するにはこちらの手順でキャリブレーションが必要です。

①フロントカメラのセンターと地平線を合わせる

②リアカメラのセンターと地平線を合わせる

安全運転支援機能についてはこちらの3つのみ評価を行いました。

先行車発進お知らせ

検出直後・3秒後・5秒後と警報タイミングを調整する事が可能です。

3秒設定でテストを行いましたが、誤検出はあるもののそれほど多くはなく、比較的実用性は高いと感じました。

前方信号お知らせ

検出直後・3秒後・5秒後と警報タイミングを調整する事が可能です。

3秒設定でテストを行いましたが、鳴ったり鳴らなかったりする事はあるものの、誤警報はほとんどないので実用性は高いと感じました。

ドライブサポート警報

ドライブサポート警報は、Gセンサー録画を行う衝撃の大きさをやや下回るGが加わった場合に警報を発します。

デフォルトでは0.6Gとなっていますが、小さい段差を超えた際などに警報が鳴りまくりましたので、0.8Gなどに感度を調整した方が良いでしょう。

安全運転支援機能の全体の評価については、従来品よりも感度や警報タイミングの調整幅が大きくなっている為、そこそこ便利に使えそうです。

駐車監視について

最近のコムテックの駐車監視モードは、ほとんどのモデルでほぼ共通した仕様となります。

駐車監視は専用ケーブル「HDROP-14」を使用し、①常時録画+衝撃検知、②クイック衝撃録画、③タイムラプスの3つの録画方式の選択式となります。

ドライブレコーダーの駐車監視用3芯直結ケーブルの接続方法のまとめ

①衝撃クイック録画(衝撃後に1~2秒でドラレコ起動)

②常時録画+衝撃録画

③1fpsタイムラプス(1秒1コマ)

駐車監視の出入りに関してはエンジンに連動しますが、手動でこちらのような操作も可能です。

①ワンタイム駐車監視モード~駐車監視設定がオフでも「かんたんスイッチ」を長押しする事で一時的に駐車監視をオンにする

②駐車監視モードパス機能~駐車監視設定がオンでも「かんたんスイッチ」を長押しする事で一時的に駐車監視をオフにする

駐車監視中に衝撃を検知した場合、エンジンオンで駐車監視を終了して常時録画に入る際に「衝撃録画あり」の警告音と画面表示が出ます。(ボタン操作で確認しないと常時録画にはならない)

なお、降車・乗車時のドアの開閉を検知しないように、1分または3分のキャンセルタイマーの設定が可能です。

 

駐車監視に関わる設定についてはこちらの通りとなっており、全て「ZDR025」の設定画面から変更が可能です。

①録画方式は衝撃クイック録画/常時+衝撃録画/タイムラプス録画

②衝撃検知の感度は0.03~0.15Gで0.01G刻み

③タイマー設定は30分/1/3/6/9/12時間/常時オン

④カットオフ電圧は11.9/12.0/12.1/12.2V

⑤乗車・降車キャンセルタイマーは1/3分

駐車監視の衝撃感度については、最高の0.03Gではドアを開ける程度の感度で反応する事もあります。

※実際の駐車監視の動作は以下の動画で解説しています。

外部電源を使用した駐車監視について

ドラレコ用の外部バッテリー「UPS400」を使用しての駐車監視については、常時+衝撃録画モードで4.5時間の録画が可能でした。

その他の外部バッテリーでの駆動時間の予測はこちらの表の通りです。(駆動の可否のみ確認)

型番UPS300/400UPS500EN6000EN12000
容量28.8Wh115.4Wh76Wh153Wh
駆動時間4.5時間18時間12時間24時間
満充電180分240分50分100分

ドラレコ駐車監視用 急速充電バッテリー ikeep MIGHTYCELL「EN6000」「EN12000」

動画ファイルの再生方法について

動画の再生については以下の3つの方法をテストしました。

①ドラレコ本体での再生

②PC専用ビュワーでの再生

③PC汎用ビュワーでの再生

ドラレコ液晶での再生について

ドラレコ本体での動画の再生は、液晶サイズが2.7型で比較的大き目でデザインも箱型のスタンダードな為、ドラレコとしては見易い部類に入ります。

PC専用ビュワーでの再生について

PCの専用ビュワーは以下のページからダウンロード可能です。

■ 「ZDR025」専用ビュワー

機能的には以下のようにドラレコのビュワーとしては充実しています。

①前後同期再生~〇

②映像の拡大縮小~〇

③地図への走行軌跡の表示~〇

④速度の表示~〇

⑤方位計の表示~×

⑥Gセンサーグラフの表示~〇

⑦再生速度調整~〇

⑧明るさの調整~×

⑨上下左右の反転~〇

※実際の再生の様子は動画で解説しています。

PC汎用ビュワーでの再生について

PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生も可能でした。

ただし、こちらのようにGPSデータが大きく表示されますので、おすすめは専用ビュワーでの再生になります。

microSDでの録画時間について

「ZDR025」の録画データサイズは以下の通りです。

・常時録画~1分当たりフロント70MB+リア70MB=140MB、一時間当たり8.4GB

microSDカードの容量は32GBまでサポートされていますが、以下のサポート外の大容量のカードは問題なく使用が可能でした。

■ サムスン256GB U3

■ 上海問屋256GB U3

 地デジへのノイズの影響について

「ZDR025」の単体使用では、初期型リーフ+純正ナビの組み合わせで影響は確認出来ませんでした。

ラジオへのノイズの影響も確認出来ませんでしたが、車種やカーナビの種類、アンテナの位置で状況は変わる事がありますので結果は参考程度に捉えて下さい。

ドライブレコーダーのノイズ、地デジ電波障害の対策

「ZDR025」の総評

「ZDR025」の各比較項目をまとめるとこちらの通りとなります。

2020年点数視野角ナンバー昼ナンバー夜逆光明るさ暗視
ZDR02522.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
CS-91FH22.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 IR Duo22.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Duo21.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
HDR963GW21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
PDR800FR21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Plus Duo20.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
VREC-DZ700DLC19.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW80d19.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR02619.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRY-TW9100d19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW9500dp18.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
DR750S-2CH18.0点★★★★★★★★★★★★★★★
S117.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
46Z17.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Pro Duo17.0点★★★★★★★★★★★★★★★
GoSafe S70GS117.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR-01515.5点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74514.0点★★★★★★★★★★★
YA-67014.0点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74012.5点★★★★★★★★
CSD-790FHG11.5点★★★★★★★★
=2pt、=1pt、☆=0.5pt

①録画視野角:2カメラモデルとしては最大の水平138°+135°~★★★★

②昼間のナンバー認識精度:フロント・リアともにフルハイビジョンとしては低い~

③逆光補正:強烈なHDR補正により、ドラレコ全体で単独最高~★★★★★

④夜間のナンバー認識精度:強烈なHDR補正がヘッドライトの反射に非常に強い~★★

⑤夜間の明るさ:フロントは標準的だが、リアは単独最高~★★★

⑥暗視能力:フロントカメラの暗視能力はゼロだが、リアは単独最高~★★★

全体としては視野角が2カメラドラレコとしては単独No.1の広さ、最強の逆光補正で昼間の状況認識能力は単独最高、夜間は明るさの面でフロントカメラに若干の不満点はあるものの、リアカメラ単体での評価は単独No.1です。

「ZDR-015」と比べると完全な上位互換的な性能で、視野角とリアカメラの撮影能力が大幅にバージョンアップしていますので、「ZDR-015」からの乗り換えなら「ZDR025」がベストな選択だと思いますし、現行の2カメラドラレコの中では最もおすすめし易い製品と言えそうです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!