「MDR-A002」の保証期間を1年追加 熟成された最高のスマートミラーの実機レビューと評価

※2022年8月9日更新:実機レビューを開始しました。

※2022年8月9日更新:2年保証のコラボ企画については、記事の最後で解説しています。

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

3月にお知らせした、私が現状最高だと評価しているMAXWINのスマートミラー「MDR-A001」の後継機である「MDR-A002」ですが、コロナや戦争などの影響で半導体不足の波に巻き込まれ、生産が遅れに遅れているようですが、ようやく8月下旬にリリースとの情報が入って来ました。

なお、本機の兄弟機としては先行して3カメラのトラックモデル「SV5-MDR-A002C2」が存在しますので、「MDR-A002」も3カメラモデルと予測していましたが、どうやら2カメラモデルとして各機能をブラッシュアップした製品になるようです。

■「MDR-A002」のプロダクトページ

LaBoon!!では8月中に本製品の実機レビューを予定していますが、先行して製品概要のみをお伝えします。

「MDR-A002」のスペックと特徴

「MDR-A002」のスペックはこちらの表の通りです。

MDR-A002
8.88型IPS液晶 1920×480
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1920×1080/60fps
LED信号対応
レンズ視野角
フロント:水平112°
リア:水平85°
フロントカメラケーブル?m
リアカメラケーブル?m
microSD付属?GB/最大256GB
GPSは外付け付属
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動
タイムラプス/自動起動
タイムラプス+衝撃検知/自動起動
専用ケーブル
付属
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
・車外設置用の防水リアカメラのセット:MDR-A002A
・車内設置用のリアカメラのセット:MDR-A002B

本製品の「MDR-A001」からの改善ポイントはこちらの通りとなっています。

・液晶ディスプレイの明るさがアップした事により、さらに反射に強くなる
・リアカメラのフレームレートが60fps
・ズーム機能の操作性改善
・リアカメラ反転設置に対応
・外付けGPSアンテナに対応
・スーパーキャパシタを搭載
・安全運転支援機能が追加

※これらの改善ポイントは他の製品のレビューの際にLaBoon!!からも要望していた案件が含まれており、私が考える現時点での最高の2カメラスマートミラーとなりそうです。

液晶ディスプレイの明るさがアップ

液晶ディスプレイの明るさは、昼間のスマートミラーの見え方に直結する重要な要素です。

例えば、明るさの評価が低かったセルスターの「CS-1000SM」を見て下さい。

※ケンウッドの「DRV-EM4700」もこの通り。

※ミラーカムSE

先代の「MDR-A001」と比べてもこれだけ明るさに差があり、ゆえに私は「MDR-A001」をおすすめしていたのですが、「MDR-A002」では更に明るさを強化されたようです。

これは他社製品を突き放す大きなアドバンテージになり得ます。

リアカメラのフレームレートが60fps

一般的なスマートミラーのリアカメラのフレームレートは25~30fps(1秒の撮影コマ数)ですが、これは通常のルームミラーと比べると映像がカクついて見えます。

因みに一般的なテレビやパソコンのモニターのリフレッシュレートは60Hz(1秒のモニターの更新回数が60回)ですので、60fpsを超えてしまうとその差は体感しにくいのですが、30fpsと60fpsとでは体感できる滑らかさが大きく違います。

私個人の意見としては、スマートミラーは後方の大雑把な動きが把握出来れば良いものですので、フレームレートを上げる為にマシンパワーを使うよりも、明るさや録画映像の品質を向上させた方が良いと考えていますが、「MDR-A002」のリアカメラには60fpsのフレームレートが採用されています。

なお、フレームレートを上げるとシャッタースピードも上げる必要がありますので、過去に使用した60fpsのスマートミラーには、映像が暗く、昼間の白飛び・黒潰れにも弱いものが多い状況です。

画質をどこまで維持しながら、60fpsの録画フレームレートを実現出来ているかが見物ですね。

リアカメラのイメージセンサーはSONYの「IMX462」との事ですが、

「IMX462」「IMX482」SONYから2020年向け新型フルハイビジョンSTARVISセンサーが登場!でもドラレコ向けじゃない?
...

スペックを見る限り、フルハイビジョンセンサーとしては超明るさ特化型の「IMX327」の上位センサーと言う位置付けです。

ただし、最低照度などのスペックは変わらず、フレームレートが「IMX327」では60fpsまでのところ、「IMX462」では120fpsまで対応する、と言った違いがあります。

いずれにしても、スマートミラーとしては「IMX327」を使用した製品は過去に見た事がありませんので、「IMX462」の性能を最大限まで引き出す事が出来れば、60fpsでも高画質を維持できる可能性はあります。

ズーム機能の操作性改善

先代の「MDR-A001」では、リアカメラの拡大倍率の変更にはメニューからの面倒な操作が必要でしたが、「MDR-A002」ではメニューに入らずに切り替えが可能となっています。

メニューから行いますが、実際の映像を見ながら倍率の切り替えが可能です。

リアカメラ反転設置に対応

スマートミラーには後続車両のヘッドライトの防眩能力に優れた製品もありますが、そのような製品であっても、ヘッドライトを正面から受けるような状況では光が広がり、視界が悪化します。

ヤバい!こんなに見え方違うの?スマートミラーのカメラ取付位置
...

従ってカメラはリアガラスの上部のスポイラー下など、出来るだけ高い位置に設置したいところですが、セダンの場合にはそのような位置に設置出来ないケースもあります。

「MDR-A002」では、リアカメラの反転表示が可能となった事で、トランク上などへの取り付けの汎用性の幅が広がっているようです。

外付けGPSアンテナに対応

一般的にドライブレコーダーでは、GPSに対応し、録画データに速度や位置情報などが記録されます。

ところが、先代の「MDR-A001」では、GPSに対応しておらず、この機能の実装を要望していたユーザーが多いようです。

「MDR-A002」では、外付けのGPSアンテナに対応し、ビュワーソフトで走行軌跡などを表示できるようになっています。

スーパーキャパシタを搭載

先代の「MDR-A001」では、設定を保持する電力は筐体内部には存在せず、車両の常時電源から得ていました。

この場合、駐車監視のON/OFF制御の為にスイッチで常時電源をコントロールしたり、外部バッテリーなどを使って電池の限界まで録画を行うと、設定保持の為の電力が不足して次回の起動時に設定が飛んでしまう事があります。

しかも、「MDR-A001」はGPSに非対応でしたので、カレンダーの再設定が地味に面倒な作業になっていました。

安全運転支援機能が追加

私は精度の問題でドラレコのオマケ機能としての安全運転支援機能はいらない派です。

※ガチの安全運転支援ガジェットを作るとこれくらいのコストが掛かります。(購入する側はこの点理解していないと、過剰な期待を抱いてガッカリする事になるでしょう)

https://car-accessory-news.com/international-auto-aftermarket/#toc3

この製品は単眼カメラで撮影した映像もとに警報を行う仕様だそうですが、過去に私がテストして来た単眼カメラ系の運転支援システムは、どれも素人の私でも企画が出来るようなセンシング様式となっている物ばかりでしたので、警報精度がどの程度のものが気になるところです。

本製品は運送会社向けのウン十万円の価格帯なので、個人向けのガジェットとして私がレビューするような事は、100%あり得ないとは思いますが(笑)

参考までに「MDR-A002」の安全運転支援はこちらの通りです。

・先行車接近お知らせ機能
・車線逸脱お知らせ機能
・通行人接近お知らせ機能
・先行車発進お知らせ機能
・先行車接近継続お知らせ機能
・障害物検知(走行)機能
・障害物検知(駐車)機能

デザインとセット内容について

今回はメーカーからの提供サンプルにて、実機テストを行いました。

セット内容はこちらの通りです。

・ミラー型筐体
・フロントカメラ(ケーブル80cm)
・リアカメラ(Aは車外用/ケーブル85cm、Bは車内用/ケーブル70cm)
・GPSアンテナ
・3芯電源ケーブル(リアカメラ接続部まで50cm)
・リアカメラ接続ケーブル(7.5m)
・ステー・カバー類
・取扱説明書

ミラー型筐体

ミラー型筐体のデザインは、先代のA001と同様で、8.88型の長方形ディスプレイを採用しています。

純正ミラーMurakami 7225とのサイズ感の比較はこちらの通り。

下部には動作モードにより点灯状況が変化する、LEDインジケーターで囲まれた電源ボタンが装備されています。

microSDカードスロットは先代同様に向かって右側面

背面のステーの根元からは、電源+カメラケーブルとGPSアンテナ用のケーブルが伸びています。

配線図はこちらの通りです。

フロントカメラ・リアカメラ

フロントカメラのデザインは、先代と全く同じように見受けられます。

リアカメラは「A002A」の防水車外タイプがこちら。

防塵防水構造:IP69Kレベルで、これは防水性能の面では一般的なスマートミラー、例えばミラーカム2の2レベル上の性能です。(防水性能は末尾の数字)

・MDR-A002:IP69K(ドイツ規格/80℃/10~15cmの距離からのスチームジェット噴射/80~100bar)
・ミラーカム2:IPX7(常温/水深1m/約30分間)

このIP69Kの基準について良く分からなかったので調べてみましたが、100barは水深1000mの水圧に相当、水圧で80℃のお湯を、10~15cmの至近距離から噴射するテストに耐えられる構造のようです。

スマートミラーのリアカメラの防水性についてのご質問を頂く事がありますが、通常の使用においては全く心配する必要はなさそうです。

車内設置の「A002B」は、先代同様のデザインで

カメラを下に向ける為の角度が付いたステーが付属しています。

ケーブル類

電源ケーブルはカメラケーブルと一体化しており、車との接続部は10Aのミニ平型のヒューズが付いています。

リアカメラ中継ケーブルは7.5mですが、いくつか中継ケーブルを挟みますので、カメラから筐体までのケーブル総長は8.5m以上になります。

GPSケーブルは接続部を固定する為にナット式になっています。

その他取り付け部品

その他、ミラー筐体の取り付け用にこちらのパーツ類が付属します。

フロントカメラの取り付けに際しては、通常は上の写真の右側の台座を使いますが

これを使わない際のフロントカメラの位置合わせには、こちらの台紙を使うようになりました。

取扱説明書

取扱説明書はA5サイズで文字も大きめなので、老眼の方にも配慮された作りとなっています。(私はWEB派なんですが)

取付けに手順ついて

今回は30系アルファードに「MDR-A002」を取りつけました。(上がA002、下がA001)

ケーブル類は「MDR-A001」から流用出来るそうなので、ミラー筐体とカメラの交換のみの作業でした。

なお、取付方法は「MDR-A001」と同様になりますので、ご自身で取り付けされる方は以下の記事をご参照下さい。(リアカメラ接続ケーブルはA002の方が約1.5m長め

アルファード【30系】の前後2カメラドライブレコーダー取り付け方法を解説
...

取り付けに際して気になった点

車内設置のAタイプは、A001と全く同じ形状ですので特に迷った点はありませんでした。

※上の画像の右がA002ですが、今まで使っていたA001は初期ロットのテストバージョンなので、肉厚のステーはありません。

一方で防水の車外カメラですが、こちらはステーの可動範囲が狭く、水平ではないリアスポ下などに取り付ける場合には、市販のステーなどを合わせて使用する必要アリです。

ここまでしか動きません。

アルファードの場合、この位置に取り付けるとカメラが下を向き過ぎてしまいますし

ステーは180°くらいの可動範囲があるものが理想ですね。(多分、そのうち改善されるでしょう)

なお、このカメラのステーは通常のネジではなく、六角レンチで固定するタイプですが、レンチの太さが特殊であるにも関わらず、レンチが付属しなかった点が気になりました。(サンブルだからかも)

また、天地反転が可能になった事からトランク上や場合によってはルーフの最後尾にカメラを設置するようなシチュエーションもあろうかと思います。

このようなケースでは、雨の日にレンズに水滴がついてしまい、視界が悪化しますので、専用のカメラフードなどがあると良いと感じました。

その他のレビュー

コンテンツ準備中

LaBoon!!とMAXWINのコラボ企画 サポート重視の2年保証販売

今回は「MDR-A002」をMAXWINとLaBoon!!のコラボ企画として

・通常販売+1年の保証期間(実質2年)
・32GBのカード付属
・ネットの実勢価格+1万円の売価(販路が多いので概ね)
・実質LaBoon!!による製品サポート

と言う形での販売枠を設けて頂く予定です。

 

「MDR-A002」については、私自身レビュワーとしての良心から一番におすすめすべきスマートミラーと考えています。(VANTRUEの「N4」もそうですが)

ただし、「MDR-A002」を全力でおすすめするに当たって障害になる事情がいくつかありましたので、これをクリアする為にこちらから今回のコラボをお願いしました。

普通はこのような内情までは書きませんが、ある程度オープンにしておいた方が信頼を得やすいと考えますので、MAXWINさんに迷惑が掛からない範囲で公開します。

「MDR-A002」を全力でおすすめするに当たっての障害

「MDR-A002」を全力でおすすめするに当たって障害になる事情はこちらの通りです。

・LaBoon!!は営利サイトなので、利益にならない製品の販促の為に通常以上の時間を割く事は出来ない(とは言っても、おすすめするからにはコメント欄でのサポートは必ず必要になる)
・この手の高価格帯のガジェットの保証期間が1年と言うのは、問題があると考えている(これはケンウッドやパイオニア、アルパインの製品に対しても指摘していますし、iCELLは私のこのような考え方から、2年保証にして貰っています)
・MAXWINのサポートに対して、不安を抱いていると言うコメントを頂く事があるが、実際に私が担当している業務でもないので、このような不安を解消する為には自分で動くしかない

因みにMAXWINさんには悪いですが、NEOTOKYOの様にウェブサイトでのサポート重視のイメージングが欠けているのが問題と感じます。

製品の原価率と機能・性能の面ではMAXWINの方が高くNEOTOKYOは低コストで製品を作り、粗利益を多くとってそれをブランディングコストに充てている印象です。(あくまでも印象ですよ)

モノ作りを実業、広告業を虚業と呼ぶのなら、MAXWINが実業寄りNEOTOKYOは虚業寄りに見えます。(これ言い出すと、ITビジネスは全て虚業に分類されちゃいます

そもそもNEOTOKYOとはビジネスモデルが違うのですが、私が知り得る範囲でのユーザーの声を考慮する限り、「MDR-A002」の販促上で最も重要なのが、サポート体制の見える化だと考えました。

 

因みに私はiZONE、iCELLのウェブサポートも実施していますが、日本メーカーのサポートのスタンダードよりも、一格上のサポートを目指しています。

そのベンチマーク基準を作る為にこのような記事を書いてます。

日本メーカーのドラレコの品質・サポートが良いと断言は出来ないという話
...

LaBoon!!による「MDR-A002」のサポート代行

MAXWINさんとある程度の方向性に擦り合わせが終わったので、LaBoon!!による「MDR-A002」のサポート基準について明記しておきます。(販売の主体はMAXWIN、サポート代行がLaBoon!!)

サポートに関しては、以下のような取り決めとなっています。(対象はこの記事で指定したリンク先の商品のみ、まだ準備中です

・保証期間は2年とする
・LaBoon!!がエンドユーザーに対するサポートの窓口になる
・製品の点検と良否の判定は、原則としてLaBoon!!で行う(ここはMAXWINとの見解のズレがあるとマズい部分なので、良否判定の条件は過去の事例として可能な限り公開する)
・リペアパーツは原則としてLaBoon!!が発送する

ご購入に当たっての注意点

・保証書などの販促資材は、一般販路と同様に1年になっています。2年保証のサポートを受ける為には、サポート依頼時にkatsunoki.comの指定ページで購入した際の注文番号が必要です。

保証期間が切れた後のリペアパーツの販売と修理費用で差別化

まず初めに、保証期間が2年となる事のデメリットを説明しておきます。

・デメリットは1年保証と比べて販売価格が高くなる点

一方で2年保証の価値を判断する為には、保証期間が切れた後の費用のリスクがどの程度の物であるかを考える必要があります。

従って修理費用が最も重要な要素になりますが、LaBoon!!では保証期間の長さだけでなく、保証期間が切れた後の修理においてもこのように差別化しています。

保証期間後の費用一般向けLaBoon!!向け
保証期間1年2年
本体40,000円+税20,000円+税
Fカメラ15,000円+税
Rカメラ20,000円+税
GPSアンテナ4,000+税
配線4,000+税

リペアパーツ、修理費用が結構高いので、ユーザー目線で考えても2年保証のメリットは大きいと思います。

修理・交換の際の手順でも差別化

また、製品の不具合が濃厚な状況では、このように対応が異なります。

 一般向けLaBoon!!向け
期間1ヶ月までそれ以降2年まで
修理時の送料送料は往復MAXWINが負担発送時はユーザー負担送料は往復LaBoon!!が負担
修理時の交換品不具合品が着荷してから出荷明らかに不具合品と判断出来る場合には、先に出荷

ユーザーの利便性を優先して「明らかに不具合品と判断出来る場合には、先に出荷」、これは性善説に基づいています。

代替品を出荷した際には、着荷から1週間以内に不具合品を返送して下さい。

この基準が守られないようなケースが発生した場合、一般販路と同様に「不具合品が着荷してから出荷」に切り替える可能性がありますので、その点はご了承ください。

また、製品を点検せずに不良確定させる為、その調査の為に色々と面倒な確認作業をお願いすると思います。

初期不良対応での差別化

不具合品に関しては、修理が可能な場合には修理、修理が不可の場合にはリビルド品、リビルド対応が不可の場合には新品パーツとの交換になりますが、初期不良の場合には新品パーツと交換します。

 一般向けLaBoon!!向け
初期不良期間1ヶ月3ヶ月
対応ケースバイケース新品パーツと交換

MAXWINサポートに準ずる事項

以下の内容に関してはMAXWINサポートと同様の対応とします(MAXWINサポートから引用が中心)

商品の取付・使用方法に関するご注意

・不具合が出た際の取付工賃、取外工賃などの費用については弊社は、一切負担しかねます。

・本製品の使用または使用不能から生ずる損害(人的損害、物的損害、事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失又はその他の金銭的損害、慰謝料などを含む)に関して、弊社は一切の責任を負わないものとします。

・PL保険は一件当たり1億円までのものに加入しています。保険会社が製品の欠陥によりPL法に基づくの賠償責任が発生したと認めた場合には適用。

商品の取付・使用方法に関するサポートについて

・天災や事故、お客様の過失による不具合・故障につきましては有償修理でのご対応となります。あらかじめご了承ください。

商品の使用方法及び取付について、原則としてサポート出来かねます(使用方法のサポートはLINE、コメント欄で可能です。)

車種別の適合などはメーカーに直接確認をお願いします。(こちらはデータ管理してません。配線等の一般的な質問についてはこちらでも答えられます)

保証対象外の症状

・PCのビュワーは100%の動作を保証するものではありません。PCの環境に左右されます。PCに必要なコーデックが入っていなかったりすると、正常に再生されない事もあります。コーデックが競合しているような場合には、事実上サポート不可となり自己解決して頂くしかありません。

・microSDはMAXWIN純正品以外はサポート対象外です。MDR-A001/A002とも社外品のカードは相性問題が出易く、私の手元のカードでも不具合が確認されています。

・本製品の電磁波ノイズによる、地デジ・ラジオの受信状況、リモコンキーの受信、その他車載ガジェットに対する影響は、車両全体のシステムや後付けのガジェット類などの環境に影響される為、不良とはみなしません。(従ってこれに対しての修理・交換・返金などの対応には応じません。メーカー自主基準のノイズ低減設計は実装されている)

・夏場の炎天下での駐車監視時の再起動・シャットダウンについては、ドラレコ全般に起こり得る事で、地域による環境差が大きい為、不具合とはみなしません。(明らかに70℃を下回るような環境であれば、個別調査、対応も検討)

・液晶のドット抜け(3点以下)、液晶保護フィルムの擦過傷、本体(フレーム枠・ボタン部分)及び付属部品の傷等。マニュアル、包装ビニール、化粧箱の破損・取付金具部分、部品組付部分のネジのサビ等。(弊社取扱い商品は海外からの輸入品の為、輸送時に外箱の擦り傷や破損などある場合がございます。予めご了承いただきます様お願い申し上げます。 )

返金基準について

・商品到着後、30日以上経過した場合、返金は不可となります。

・不良品に該当しないケースで、返金可能なのは再販可能な未使用品に限ります。

・返金に関しましては送料・ご返金手数料などを差し引きご返金させて頂きます。ご使用ポイントを含め必ずしもご希望の返金額になるとは限りません。

コメント

  1. アーセナル より:

    お疲れ様です。60FPSは魅力的ですが夜間の性能次第ですねー。取ってつけたような支援機能は必要ないというかスマホばっかり見てないで黙って前見て運転しろよとは常々思っております(笑)

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      アーセナル様
      センサーの性能を考えればどうにかなりそうな気はしますね。

    • でもどり より:

      omi様
      MDR-A001Bの取り付けモニターとして、1年ほど前に無償で提供していただきました。
      その節はありがとうございました。
      たまにエンジンONでモニターが付かないことはありますが、エンジン再始動で再起動すれば映ります。
      そのため、ACC線にスイッチを取り付け、エンジン再始動なしでも再起動できるようにして、快適に使っております。
      MDR-A001Bが動かなくなったら、MDR-A002Bが最有力になりそうです。
      配線の引き回しが面倒なので、MDR-A001Bの配線がMDR-A002Bでも使えるとかなり嬉しいのですが、moi様は情報をお持ちでしょうか?
      maxwin様のHPでは、MDR-A001BとMDR-A002Bのカメラの外観は同じように見えるので、同じ配線が使えるのではないかと期待していますが、どうでしょうか?

      • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

        でもどり様
        現時点ではA001からA002への配線の流用は可能と聞いています。
        今週から実機テストに入りますので、その辺りも含めてテスト予定です。

        • でもどり より:

          omi様
          A001の配線がA002でも使用可能なら、次回の購入はA002で確定です!
          実機レポートを楽しみにしております。
          よろしくお願いします。

          • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

            でもどり様
            期待を裏切らない出来である事を期待します。

  2. micky より:

    明るいドライブミラーの登場を待っていました! 人柱覚悟ですぐにポチりたいのですが、これは純正交換式なんですよね。ところがマイカーがBMWだとETCなどがついているので、ミラー交換できないんですよ・・・・(p_-)
    少し見苦しくなってもよいので、なんとかしてMDR-A002を純正ミラーに被せる形で取り付けられそうか、ご意見をいただけませんでしょうか?

  3. outcast より:

    omi様、3年ほど前にlaboonに辿り着き、スマートルームミラーは現在3代目でMDR-A001Bを取り付けています。
    MDR-A002は発売され次第購入予定ですが、現在のA001は使用後2年目の今夏、フロントカメラが熱のため故障し映像が入ってこなくなりました。また、リアカメラの映像も白っぽくなったように感じます。
    omi様の実機の様子はいかがですか?
    メーカーは環境温度や耐用年数の規定を設けられてますでしょうか?

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      outcast様
      こちらの個体は2年以上使ってますけど、不具合はないですね。

      環境温度はこちらに記載があります。
      https://maxwin.jp/item/mdr-a001a/
      使用温度範囲:-20℃~70℃

      ドラレコ全般的に耐用年数を明記している製品はありません。
      保証期間で見分けるしかないですね。
      本製品は1年の筈です。

      A001については時々不具合の報告を頂きます。
      MAXWINのサポートは、あまり評判がよろしくないようなので、A002に関してはこのような提案をしています。

      ①LaBoon!!向けに通常の保証期間+1年の販売枠を作る
      ②サポートはLaBoon!!が一次窓口になり、良否の判定を行う
      ③価格は一般品+11,000円程度で販売する

      ユーザー目線だとこの価格帯の製品は3年くらいは持って欲しいですが、サポートの品質も保証期間の延長もコストと背中合わせなので、なかなか難しいところがありますね。

      修理代や修理期間、送料の扱いなども事前にクリアにしますよ。

  4. outcast より:

    LaBoon!!さんでサポートを受けられるのはグッドですね
    販売価格は4〜5万円程度になると思っていますが、修理対応となると購入価格の50%以上は掛かりそうですよね
    ユーザーサイドでは、交換パーツを販売いただけるとありがたいです。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      outcast様
      スペアパーツをこちらで保管するなど、条件面はすり合わせ中です。
      カメラ交換で済めば楽なんですけどね。
      有償の本体修理は時間もコストも掛かるかも知れませんね。

      スペアパーツの販売の件は先方に提案しておきます。

  5. エスエー より:

    記事参考にさせて頂いております。
    MAXWINのMDR-A002 大変興味があり、ホームページを見たら
    MDR-C003という機種も掲載されております。
    どちらがおススメですか?購入の参考にさせて頂ければ幸いです。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      エスエー様
      MDR-C003は3年以上前の製品ですし、MDR-A002とは企画・生産工場も違い、全くの別物ですよ。
      機能・性能面ではA002だと思います。

  6. フジム より:

    MDR-A001を使い始めて1年半ですが、感想としてはパワーオンクリアの掛かり具合がイマイチ、時々、不穏な動きをする。ファームの設計がこれまたイマイチで何をどう制御するのか不明確。日本勢には頑張って欲しいものです。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      フジム様

      MDR-A系は、MAXWINの他機種、NEOTOKYO、その他中華スマートミラーメーカーとは出所が違い、ドラレコよりもトラック向けのカメラを専門的に生産するOEM工場です。(ここはやたらと日本のブランドとは取引しないので、いまのところMAXWINだけかと)

      ファームの設計は自社でやっているのか、そのまた外注先なのか分かりませんが、あまり得意じゃない感じですね。
      OSがAndroidだった気がします。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      その辺り、MAXWINさんに直接ご意見頂けると、改善され易いかと思いますよ。

  7. ロブ より:

    ついに正式販売にこぎつけましたね。
    商品にとても期待!の反面サポートがなぁ、、、
    と思っていたらまさかのomi様のバックアップということで驚きました。

    ただA001B使っていてトラブル時のサポートが歴代No1で最悪だったので、それでも不安は拭いきれないのが正直なところです。
    商品はいいんですけどね、、、

    一方とても対応丁寧だったこともあって、
    ikeepさんが代理店だったらなあなんて無駄な想像めぐらせていました笑

    気になるのでomi様の続報お待ちしてます。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      ロブ様
      MAXWINさんのサポートに関してはちょくちょく同様のコメントを頂いて来たので、私が迷いなく全力でおすすめする為には、サポートまでバックアップするしかないと思ったのが今回の企画を起こしたの最大の理由ですね。

      製品としては他社と明確に差別化されており、機能や性能面ではNO.1だと思ってますので。

  8. mono より:

    ご無沙汰しております。
    MDR-A001Bを発売直後から使ってますが、A002はA001の不満点が全部ではないもののかなり解消されているようで期待いが持てますね。
    A001で苦労した配線がそのまま流用出来そうですし、昨年飛石でガラス交換してA001Bを綺麗に再取付&再配線をして純正以上に純正ぽく仕上がっているので、ポン付けできますね。

    omiさんから発売させるとのこと、いつ頃になりますからね。以後アナウンスを楽しみに待っております。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      mono様
      販売そのものはMAXWINの自社通販モール内で行う予定です。
      http://www.katsunoki.com/

      点検や不具合パーツの交換はLaBoon!!、本体の修理・交換はLaBoon!!からMAXWINに依頼する形になると思います。
      A002については、事前に仕様と不具合の基準を明記したいので、シビアコンディションでのテストを行う予定です。

  9. ほうり より:

    いよいよMDR−A001の後継(上位互換?)モデルのリリースですね。
    サポート、保証期間の延長と輝度が良い点は魅力的です。
    アングルに制約事項のあるオープンカーで使えるのか?
    ビュワーがMacの場合、cross overと言ったwine エミュレータ経由で動作するのか?
    60fpsで夜間の画質に悪影響がないか?
    気になります。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      ほうり様
      今日からテストしてますが、輝度は微妙ですね。
      一般な他社のスマートミラーよりも明るいですが、MDR-A001よりもカメラの昼間の露出を絞っている関係で、最大輝度が活かされるカメラ映像が出力されてない感じです。
      MDR-A001より若干下です。

      ※上がMDR-A002
      https://youtu.be/FjflkwYOXHc

      白飛びを抑える意味でのバランスはMDR-A002の方が良いのですが、輝度は残念ですね。
      それでも他社品に比べると充分明るいのですが、昼間のオープンカーでは厳しいと思います。

      >cross overと言ったwine エミュレータ経由で動作するのか?
      メーカーは全てのWin機での動作を保証している訳ではないので、個別マシンで試すしかないと思います。

      そのうち素の動画を配布しますので、ご自身でお試し下さい。

      他にもちょこちょこファームウェアいじる必要がある点がありますよ。

タイトルとURLをコピーしました