※2018年8月15日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

法人向けにはクラウド管理のドライブレコーダーは「サービスと合わせて」という形でかなり普及が進んでします。

一方で個人向けのクラウド対応ドライブレコーターとしては、ユピテルの2014年モデルで「DRY-WiFiV5c」と言う、ちょっと変わったコンセプトのドライブレコーダーがあったのをご存知でしょうか?

まあ、今でも販売は継続されているようですので「あった」と言う表現は正確ではないかも知れませんが、正式なメーカーのラインナップから消えて2年くらい経つかと記憶しています。

このモデルは当時としては車内のスマホから録画中の動画をクラウドサーバーに飛ばし、離れた場所にいる別のスマホアプリからほぼリアルタイムに録画映像を視聴できると言う、なかなか斬新な機能を搭載したモデルでありました。(100%趣味利用です)

まあ、おそらく思ったより売れなかったのとクラウドサーバーの管理などの手間や経費などの面で生産を打ち切っているのかと思います。

なお、「DRY-WiFiV5c」についてはSIMを搭載している訳ではないので通信はスマホのテザリングを利用する仕様でしたが、法人向けのモデルはSIM搭載でリアルタイムで管理センターで各車両の位置や運行状況などを確認するような仕組みとなっています。

個人向けのSIM搭載クラウドドライブレコーダー

個人向けのモデルではSIM搭載のモデルが100%ない訳では無く、パイオニアのサイバーナビなどは(厳密にはSIMを搭載していると言えるかどうかは分かりませんが)、単体で通信機能を持つモジュールが付属していますので、そのモジュールが車両の異常を検知してリアルタイムにメールで静止画をドライバーに送信する機能を搭載しています。

市販のドラレコにもこう言った機能があれば便利であると思うのですが、サイバーナビに関しては別途通信料が掛かりますし、ドラレコにSIMを搭載する事でユーザーの負担も増える割にそれほど高解像度な動画は送れないというデメリットもあり、なかなか個人向けにはこう言ったクラウド対応モデルは発売されないようです。

ただ、ユピテルの「DRY-WiFiV5c」がそれほど売れなかった要因は次の通りだと考えています。

このモデルは動体検知で異常を検知した場合にユーザーにデータを送信する仕様ではなく、100%趣味向けの用途で任意のタイミングで手動で通信を行うモデルだった為、実用性は全くなかった点。

一方でカーセキュリティの分野での市場規模はそこそこある筈であり、プロによる車両盗難や車両荒らしに関しては、現状のドライブレコーダーでの駐車監視や、セキュリティシステムでは100%防衛出来ない事から、このようなクラウド経由の警報システムは非常に有効であると考えてます。

WiFiテザリングやモバイルルーター対応の個人向けクラウドドライブレコーダー

2018年8月現在で、SIMを搭載したスタンドアローン型の個人向けクラウド対応ドライブレコーダーは存在していませんが、スマホやモバイルルーター、その他のWiFiアクセスポイントからクラウドサーバを経由して、動体検知・衝撃検知の告知や、リアルタイム動画・保存動画の視聴が可能な個人向けドライブレコーダーは、韓国のBLACKVUEと言うメーカーからいくつか発売されています。

※用途が防犯なので2カメラモデルのみ紹介

BLACKVUE
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DR750S-2chDR900S-2ch
18.0?発売18.07発売
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/29.5fps
リア:1920×1080/59fps
フロント:3840×2160/29.5fps
リア:1920×1080/59fps
全国LED信号
フロント:水平録画視野角116°
リア:水平録画視野角116°
フロント:水平レンズ視野角136°
リア:水平レンズ視野角116°
付属16~32GB
最大128GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知
自動起動
専用バッテリー
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

これらの2モデルは良くあるIPカメラなどと同様に、アクセスポイント経由でスマホアプリに動体検知や衝撃検知の告知があるだけでなく、遠隔操作や動画のリアルタイム再生、録画ファイルの再生、音声の送信なども可能となっています。

なお、クラウド監視にはドライブレコーダーとテザリング用のスマホ、またはモバイルルーターと、外部電源が必要にはなりますが、通信データの使用量はそれほど多くはありませんでしたので、通常の運用なら月間1GBの格安SIMの契約で何とかなりそうな手応えです。

クラウド対応ドライブレコーダー BLACKVUE「DR750S-2CH」のレビュー・評価

世界一高性能なドライブレコーダーBLACKVUE「DR900S」

個人向けのクラウド対応のドライブレコーダーのまとめ

因みに過去に私が単身赴任していた際に、夜間にランエボ10にカラーコーンを乗せられていたり、醤油を掛けられるというイタズラに悩まされていたことがありました。

こんな感じのイメージで(これが赤だったらシャア専用ザクっぽい!)。

こう言ったイタズラに対してはLED付きのドラレコなども有効ではありますが、当時はそんなモデルが見つかりませんでしたし、普通にサラリーマンをしていたのでじっくり対策を練る事も出来ませんでしたが、このようなケースではクラウド対応のドラレコが非常に有効であると思いますね。(クラウドで現場を押さえたら、即警察に通報です!)

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ドライブレコーダー メニュー

■ 最新版 おすすめドライブレコーダーのまとめ

■ ドライブレコーダー人気ランキング

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう