※2020年5月20日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

現在販売されているほとんど全てのドライブレコーダーには、衝撃を検知して上書き不能なファイルを作成する「イベント録画」機能が標準搭載されています。

従ってドライブレコーダーに運転中の事故の際の証拠能力だけしか期待していない場合には、microSDカードに何時間分の録画データを保存する事が出来るか?と言う事を考える必要性は薄いと考えられます。

ただし、ユーザーの中には、①周囲の車の煽りや危険運転の証拠も残しておきたい、②常時録画による長時間の駐車監視を実施したい、③ドライブ中に景色を長時間撮影したい、などの目的からmicroSDカードには出来るだけ長い時間の録画データを残しておきたいと考えている方もいるようです。

そこでこの記事ではフルハイビジョン以上の2カメラドライブレコーダーのうち、大容量のmicroSDカードを扱える製品についていくつかご紹介します。

ドライブレコーダーの1時間当たりのデータサイズは?

録画時間が長いドライブレコーダーをご紹介する前に、まずは録画時間について業界の平均値的な部分に触れておこうと思います。

ドライブレコーダーの録画データのサイズは、解像度・フレームレート・ビットレート(圧縮率)・コーデック(圧縮形式)などに左右されますが、フルハイビジョンのドライブレコーダーであれば1カメラ/1時間当たりのデータサイズは6GB程度が標準的です。

一方でmicroSDカードは表記の容量に対して実際に保存領域として使用できる割合は90%程度ですので、32GBのmicSDカードであれば大体5時間程度の録画が可能な計算です。

2カメラモデルではその半分の2.5時間と言う事になります。

日本の大手メーカーは32GBまでが主流

コムテック・ユピテルの2社はドラレコの画質が上がろうがカメラ数を増やそうが、microSDカードのサポート範囲を32GBから変更しておらす、ほとんど全ての製品が32GB縛りとなっています。

ケンウッドについても2カメラモデルは32GBまで、セルスターは64GBですので日本の主力メーカーのドライブレコーダーは長時間の録画データの保存には向いていない事が分かります。

※サポートしていなくても大容量のカードが使えるの製品もありますが、何かあっても自己責任です。(そもそもサポート範囲内のカードで不具合があっても、メーカーは交換対応くらいしかしませんが)

仮に「一日のドライブ風景を全て録画しておきたい」と考えるのであれば、最低でも8時間程度のキャパは欲しいところですが、業界の標準は2.5時間までとなっていると言う事になりますね。

128GBのカードが使えれば10時間程度の録画データの保存が可能ですので、128GB以上と言うのが一つの大容量の基準になろうかと思います。

128GBまでのmicroSDカードが使えるドライブレコーダー

128GBまでのmicroSDカードが使用出来る主要な2カメラドラレコは次の製品です。

①パイオニア「VREC-DZ700DLC」

~前後フルハイビジョン、データサイズがやや大きく128GBのカードでは7時間20分までしか保存できない

②パパゴ「GoSafe S70GS1」

~前後フルハイビジョン、データサイズはやや小さめで128GBのカードでは13時間30分の保存が可能

256GBまでのmicroSDカードが使えるドライブレコーダー

①VIOFO「A129 Duo」

~前後フルハイビジョン、データサイズがやや大きく256GBのカードでは17時間程度

②VIOFO「A129 Pro Duo」

~フロント4K、リアフルハイビジョン、高解像度なのでデータサイズが非常に大きく256GBのカードでも7時間程度

③VANTRUE「S1」

~前後フルハイビジョン、データサイズはそれほど大きくなく256GBのカードでは23時間程度

④GARMIN「46Z」

~前後フルハイビジョン、前後カメラにそれぞれ128GBのカードが使用可能、データサイズがやや大きく128GB×2では14時間程度

⑤VANTRUE「N4」(3カメラ)

~フロント2.5K、インナーフルハイビジョン、リアフルハイビジョン、3カメラ高解像度の為データサイズが大きく256GBのカードでも15時間程度

512GBまでのmicroSDカードが使えるドライブレコーダー

①MAXWIN「DVR-D022

~フロント2.5K、インナーフルハイビジョン、リアフルハイビジョン、3カメラ高解像度の為データサイズが大きく512GBのカードでも30時間程度

録画時間が最長のドライブレコーダーのまとめ

以上、録画時間が最長のドライブレコーダーについて8つ紹介しました。

それぞれ本体サイズや視野角、液晶の大きさ、デザインなどが全く異なりますので、その他の条件も考え合わせた上で好みのものをお選びください。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!