※2018年3月15日~最新の状況に合わせて内容を見直しました。

ユピテルはレーダー探知機、ポータブルナビ、ドライブレコーダーなどのカーエレクトロニクスの総合メーカーです。

車好きな方やカーエレクトロニクスに興味がある方にとっては知らない人はいないくらいに有名なメーカーですが、ドライブレコーダーに関しては2014年頃まではおそらく国内でトップシェアのメーカーあったと思われます。

2014年後半にケンウッドのドライブレコーダー市場への参入した事、2015年には各社が西日本LED信号対応モデルを発売する中でユピテルは対応が遅れていた事、同様に駐車監視対応モデルについても本格的な対応が2016年半ばにずれ込んだ事により、ドライブレコーダーのシェアを落としていたように見受けられます。

 

2017年には「DRY-FH200」のバッテリー破裂事故に対するリコール報道でマイナスイメージが強くなってしまった方もいるかと思いますが、おそらく西日本LED信号・駐車監視への対応が遅れたのはこの「DRY-FH200」の問題が根本にあったのではないかと推察されます。

あくまでも「推察される」だけであって、真相はユピテルさんには聞いていませんし、聞いてしまったら逆にこのような事は書けなくなりますね。

 

ただし、この件を以てユピテルのドライブレコーダーは買わない方が良いと考えるのは自由ですが、今度同様の事故が発生した場合にはとてつもなく大きな企業のイメージダウンに繋がる事は想像に難くないですし、2度と同様の事故が起きないようにする為にどうすれば良いか…と言う事を考えて大幅に方向を転換した為に、2015~2016年のモデルの諸々の機能面での見直しが遅れてしまったのであろう…と私は考えています。

現行モデルでは「DRY-FH200」で破裂したリチウム電池ではなく、キャパシタを使用しているように見受けられますし(使用用にはキャパシタともバッテリーとも書いていないが、過去のバッテリー搭載モデルはバッテリーと書いてあったかと思います)、駐車監視用のマルチバッテリーにも発火・破裂しにくいニッケル水素電池が用いられています。

従って私はユピテルのドライブレコーダーは買わない方が良いとは思いません。

2017年半ば以降は私自身が管理しているデータ以外にも業界内の話としてユピテルのドライブレコーダーが売れているという評判も多いですし、最近の商品構成を見ていても2018年に関してはシェアNo.1のメーカーになりそうな予感がしています。

ユピテルのドライブレコーダーはとにかく種類が多い

前振りが長くなってしまいましたが、ユピテルのドライブレコーダーは一般店・量販店向けモデル、その他カスタムショップ向けの指定店舗モデルがかなり多いです。

全体的な傾向として現行モデルの全型番が他社の中では「コンパクトサイズ」に該当するのが特徴となります。

メーカーとしての基本スタンスは、ケンウッドなどのようにモデルを絞って同じものを大量販売すると言う方向性と180°異なり、細かいユーザーの需要を拾って多品種を少ないロットで販売していくという様なもののように見受けらます。

私の見る限り「このグレードのこの商品は上と下の商品を売る為の見せ球に使われている」と言うようなものもありますので、ここでは一般店・量販店向けのモデルで見せ球以外の人気商品について紹介します。

それでも数がかなり多いので、大きく括り分けて「円筒型モデル」、「箱型モデル」の2つに分けてご紹介します。

円筒型のドライブレコーダー

国内のメーカーではほぼこの手の円筒型のドライブレコダーは販売していませんが、円筒型の主なメリットは本体が目立たない点、レンズがフロントガラスに近くなるために映り込みが軽減される点の2つです。

この手の形状のドライブレコーダーは、基盤やケースの大きさが制約される上に、中にはGPSやWiFiモジュールを搭載しているものも多く、なかなか高性能化が難しい部分があります。

ある程度以上のスペックの物になると他社が容易にマネが出来ない為、このカテゴリー自体はほぼ国内ではユピテルが独占している状況です。(エントリー~スタンダードグレードまでは海外メーカーの製品もある)

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRY-WiFiV3cDRY-V2SN-SV70c
16.03発売16.08発売18.03発売
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/30fps
全国LED信号
録画視野角 水平100°録画視野角 水平132°
HDR
付属16GB付属16GB
最大64GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵GPS非対応GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知
自動起動
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
最大12時間
専用ケーブル
OP-E1060
OP-VMU01
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「SN-SV70c」

2018年3月に発売された「SN-SV70c」は、円筒型のコンパクトWiFiモデルでは難しいと考えられていた、他社の最上位モデルに対する対抗馬です。

 

夜間の撮影に特化したSTARVIS対応の裏面照射型SONY Exmor Rを搭載し、超広角レンズで水平録画視野角132°を確保している事から、2018年最上位ドライブレコーダーのコムテック「HDR-751G」、ケンウッド「DRV-830」と激戦を繰り広げる事になろうかと思います。(勝負の行方は私にも全く予測がつきません)

これらのモデルとの比較は以下のページで実施しています。

■ 高画質なドライブレコーダー5選 2018年版

■ ユピテル WiFi対応 スーパーナイトビジョンドラレコ「SN-SV70c」のレビュー、評価

「DRY-WiFiV3c」

2016年モデルの「DRY-WiFiV3c」は、スタンダードはフルハイビジョンでWiFi対応・GPS内蔵・駐車監視に対応しているモデルです。

※駐車監視には別途専用ケーブルかマルチバッテリーが必要

 

2018年現在でも円筒型のWiFiモデルのスタンダードの位置付けですが、録画視野角や画質が大幅に改善された、同社の2017年以降の「箱型」モデルよりも視野角・画質は劣ります。

円筒型で省スペース+WiFi対応の2点がセールスポイントのモデルですね。

■ ユピテルWiFi対応ドライブレコーダー DRY-WiFiV3c発売

「DRY-V2」

「DRY-V2」は前述の「DRY-WiFiV3c」からWiFi通信機能・GPSを外したモデルで、クラス的にはエントリーとなります。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-V2 200万画素 HDR/衝撃記録機能搭載 スマートビューモデル 東西LED式信号機対応 8GB microSD付属
ユピテル(YUPITERU) (2016-07-30)
売り上げランキング: 112

 

視野角・画質的には同社の2017年モデルには劣りますが、デザイン的な部分では他社の代替品が少なく、リアにも設置しやすいモデルかと思います。

■ ユピテル エントリークラスドライブレコーダー「DRY-V2」のレビュー、評価

スタンダードな箱型のドライブレコーダー

ユピテルは2016年モデルでは西日本LED・駐車監視対応モデルを試験的に販売していたように見受けられますが、それで準備が整ったのか2017年初頭から続々と新モデルを発売しています。

エントリー・スタンダードクラス

ここではGPSなしをエントリー、GPS内蔵をスタンダードとして紹介します。

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRY-ST1500c
DRY-ST3000c
DRY-ST3000p
DRY-ST5000c
17.04発売17.03発売不明17.11?発売
参考価格 17.10.31
15,200円15,200円10,980円19,400円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
30fps
水平108°
HDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS非対応GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画or動体検知
手動
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

上記の4つのモデルに関してはGPSの有無以外はハードウェア的には同等品です。

価格帯的に上のグレードのものが安くなっていますので今の段階では「DRY-ST1500c」は外して考えましょう。

「DRY-ST3000c」と「DRY-ST3000p」は説明書が紙のものが付属するか、ネットで閲覧・ダウンロードするかの違いです。

■ ユピテル お得なWEB限定商品のまとめ

なお、「DRY-ST5000c」は「DRY-ST3000c/p」にワンタッチフォーマット機能を付けたものなのでほぼ同等品とみて良いでしょう。

ファームウェアのバージョン違い程度の差しかありませんので、今後他のモデルでも対応して欲しいところです。

従ってユピテルの箱型エントリースタンダードクラスは「DRY-ST3000p」一択で良いと思います。

 

2017年モデルでユピテルは全クラスの画質が大幅に向上しており、「DRY-ST3000p」の特徴は水平視野角が108°と比較的広めで景色の撮影や逆光補正についても格段にレベルアップしています。

価格帯的にも1万円を少し超えるくらいですので、GPS内蔵のスタンダードモデルとしてはおそらく現行品で最もコストパフォーマンスが高いのではないかと感じます。

■ ユピテル「DRY-ST3000c/3000p」のレビュー、評価

ハイエンドモデル

ユピテルドライブレコーダーのハイエンドモデルは、高精細のナンパー認識特化型「DRY-ST7000c」、SONY Exmorイメージセンサー搭載で駐車監視の利便性に特化した「DRY-6000d」の2系統に分かれています。

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRY-ST7000c

DRY-ST6000d
17.01発売17.01発売
参考価格 17.01.05
17,200円26,200円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2560×1440
1920×1080
1920×1080
全国LED信号
30fps
水平120°
HDR
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
安全運転支援-
駐車監視モード
動体検知常時録画
衝撃録画
手動起動自動起動
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
専用ケーブル
OP-CB5R
マルチバッテリー
OP-MB4000
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「DRY-ST7000c」

「DRY-ST7000c」は国内メーカーとしては初の「2560×1440」の高解像度に対応した超高精細モデルです。

 

水平視野角も120°とかなり広めで、精細感も飛びぬけて高く、更に本体がコンパクトなのが特徴です。

駐車監視については手動で動体検知を作動させますが(駐車中の衝撃検知はなし)、別途専用ケーブル、またはマルチバッテリーが必要です。

※色目は後述の「DRY-6000d」の方が全然綺麗です。

■ ユピテル「DRY-ST7000c」のレビュー、評価

「DRY-ST6000d」

「DRY-ST6000d」は解像度はフルハイビジョンですが、SONYのExmorイメージセンサーを搭載しており、景色の撮影もかなり綺麗ですが、最大のセールスポイントは駐車監視の利便性を極限まで追求している点です。

 

 

 

同じ2017年モデルと比べても色の表現が格別に良いですね。

また、駐車監視については専用のマルチバッテリーと合わせて運用する事で、GPSで登録したポイントでは自動的に駐車監視モードをキャンセルしますので(GPSが受信できる場所)、自宅などでの駐車監視の手動キャンセルの作業が不要になります。

家族で共用する車での装着におすすめのモデルですね。

■ ユピテル「DRY-ST6000d」のレビュー、評価

ユピテルのドライブレコーダーのまとめ

ユピテルのドライブレコーダーは非常に種類が多いですが、ここで紹介しているモデルが主要モデルとなります。

逆にここで紹介していないモデルに関しては視野角が狭かったり、コストパフォーマンスの点で微妙ですので他は考えなくても良いと思います。

各カテゴリーともに一芸に秀でたモデルが多いので、自分に合うモデルが見つけやすいのではないでしょうか?

なお、レーダー探知機とのセットモデルは指定店舗専用品として「Z810DR」と言うモデルも発売されていますので、レーダー探知機も合わせて設置・入れ替えを検討している方には以下の記事もおすすめです。

■ ユピテル ドラレコ+レーダー探知機2017年セットモデル「Z810DR」のレビュー、評価

ユピテルの各ドライブレコーダーの駐車監視の仕様や運用面の違いについては以下の記事でまとめています。

■ ユピテルのドライブレコーダーの駐車監視の仕様について解説!!

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ドライブレコーダー メニュー

■ 最新版 おすすめドライブレコーダーのまとめ

■ ドライブレコーダー人気ランキング

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう