「CS-361FHT」騙された、金返せ!と言いたい人が出そうなセルスターの360°+リアカメラドラレコ発表

こんにちは!Omiです。

バーチャルオートサロンでセルスターからいくつか面白い製品が発表されていますが、今回は日本メーカーの360°ドラレコとしては最も高い評価をしていた「CS-360FH」の後継機と見られる360°+リアカメラドラレコの実質3カメラ構成のモデル、「CS-361FHT」についてご紹介します。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「CS-361FHT」の特徴

現時点での「CS-361FHT」に関する情報はこちらの画像のみとなっています。

イメージセンサーは「IMX307」とのみ記載がありますが、おそらく「CS-360FH」と同様に360°部分にこのセンサーが2枚使われており、リアカメラは同社が一部モデル用に扱っているOPリアカメラの「GDO-28」相当品ではないかと予測されます。

created by Rinker
セルスター(CELLSTAR)
¥9,609 (2021/05/15 11:04:46時点 Amazon調べ-詳細)

360°部分の画質は評価の高かった「CS-360FH」と同等と考えられ、この製品の弱点であった後方視界はリアカメラで別途録画する形になりますので、走行中のドラレコ機能だけを考えるとVANTRUEの3カメラモデル「N4」のフロント全方位録画バージョンのような特性と考えられ、単独で最強の状況証拠能力を持つ製品になりそうです。

駐車監視について

本機は駐車監視もサポートするようですが、もともと360°ドラレコゆえのナンバー認識能力の低さと合わせて、同社のドラレコは駐車監視時にわずか30万画素の低画質に落とされる仕様ですので、当て逃げ対策としての駐車監視には向いてないと言えそうです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

  1. あら より:

    題名の騙された、金返せと言われそう、とはどういう点でのことか教えて下さい。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      あら様
      日本メーカーの360°ドラレコとしては最も高い評価をしていた「CS-360FH」を買ってしまった人はそう思うでしょうと言う事です(笑)
      発表からすでに数か月たってしまっていますが、発表当初は「CS-360FH」発売からそれほど経っていないタイミングでしたので。

タイトルとURLをコピーしました