こんにちは!Omiです。

THINKWAREはハイエンドクラスの高価格ゾーンドライブレコーダーのみを展開する韓国の最大手のドラレコメーカーです。

現在では日本のセイワの一部の製品のOEM生産などを行っている関係で、最新モデルはTHINKWAREブランドで日本には入って来ないようですが、海外向けの製品でフロント800万画素、リア400万画素の超高解像度の「U1000」と言うモデルがリリースされています。

価格帯を考えるとおそらく日本での展開はないだろうとは思うのですが、スペックがかなりヤバい事になってます。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「U1000」のスペック

「U1000」のスペックは以下の表の通りです。

U1000OPリアカメラ
3840×1920/30fps
2560×1440/30fps
センサー
IMX334/8M/STARVIS
センサー
IMX335/5M/STARVIS
レンズ
対角150°/F??

レンズ
対角156°/F??
microSD最大128GB
GPS内蔵
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知/自動起動
WiFi/クラウド対応
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

フロントカメラには800万画素のSTARVISセンサー「IMX334」、リアカメラには500万画素のSTARVISセンサー「IMX335」を採用し、録画解像度はフロント4K、リア2.5Kの合わせて1200万画素の高解像度録画を行うようです。

リアカメラの「IMX335」については、昨年からちょくちょくドラレコに搭載されているのを見かけるようになりましたが、「IMX334」は初見で現行の4KのSTARVISセンサーには他に「IMX415」と言うものがあります。

ドライブレコーダーに搭載されているSONYのイメージセンサーごとの特徴

IMX334」について調べてみたのですが、スペック的には「IMX415」とそれほど大きな差はないようですが、1世代前の大型のセンサーのようで1/1.8サイズとなっています。

最低照度は0.59lxと記載されていますので、額面通り捉えると「IMX335」と同程度の明るさで、STARVISセンサーとしてはそれほど明るさに特化したものではないようです。

ただし、過去の同社のモデルを2~3世代に渡って使用してきた感じでは、STARVIS以前のモデルでも現行のSTARVIS機に近い明るさ、他社と同様の2Mの「IMX291」を使用したモデルでは、同センサーを使用した製品の中でもNo.1の明るさを誇っていましたので、本機に関してもかなりの暗視能力が期待できるような気がします。

日本には入って来ないかも

以前からTHINKWAREの国内代理店はCOWONジャパンなどとなっていましたが、2018年にTHINKWAREがセイワのOEM生産を初めてからはTHINKWAREブランドの新モデルは入らなくなっているようです。

また、セイワのブランドで「U1000」が入ってくるかどうかも微妙です。(特殊なモデルの為にそこまで数が売れないと思うので)

並行輸入品は技適未認証かと思いますし、バカ高いのでなかなか手が出しにくい事になってますね。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!