「CS-1000SM」日本製スマートミラー セルスターから発表!

※2021年3月14日更新~「CS-1000SM」が正式発表されました。

こんにちは!Omiです。

1月のヴァーチャル東京オートサロンで先行情報が出ていたセルスター初の純正ミラー貼り付け型のスマートミラー「CS-1000SM」が正式発表されました。

合わせて「DM-10」と言う下位モデルも発表されていますので、これら2つの製品の特長を見て行きましょう。

「CS-1000SM」のスペックと特徴

「CS-1000SM」のスペックはこちらの表の通りです。

CS-1000DM-10
9.35型液晶
21.04発売
フロント(OP):1920×1080/30fps/HDR
リア:1920×1080/30fps/HDR
全国LED信号対応不明
録画視野角
フロント:水平118°
リア:水平118°
microSD付属64GB/最大64GBmicroSD付属32GB/最大64GB
GPS外付け付属GPS外付けOP
フォーマット不要
駐車監視モード/自動起動
常時録画のみ
常時録画+衝撃検知
動体検知のみ
動体検知+衝撃検知
専用ケーブル
GDO-41
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

液晶サイズはベゼルありの9.35型で3年前からスタンダードになっているベゼルのない中華タイプとは異なります。

基本セットはフロント液晶+リアカメラで、フロントカメラについてはセパレートタイプのカメラがOP扱いの前後セパレートタイプです。

スマートミラーは日本で普及が始まってから3年以上が経過しており、中華系のメーカーは値段と売り方でしか差別化が出来なくなっています。

このような背景から、PORMIDOやJADOなどは嘘のスペック表記で他社と差別化を行ってたので問題として採り上げましたが…。

悲報!PORMIDOよ、お前もか!センサー偽装発覚!
...
JADOのドラレコはやはりイメージセンサーを偽装していた!
...

前後セパレートカメラタイプに関してはまだまだ需要に対する供給はそれほど多くはないと感じていますし、価格は高かったとしてもPORMIDOやJADOなどのクソ中華メーカーに辟易している方々に対してはなかなか良いアプローチの仕方だと思います。

おそらく…ですが、防眩は弱いタイプで単純に画質のみを比較するとクソ中華メーカー未満ではあると考えられます。

しかしながら、特にスマートミラーでは3年保証は充分に魅力的だと思いますので、価格がバカ高くならない事を祈ります(笑)

因みに保守的な傾向が強い韓国製の生産背景では、スマートミラーはあまり作りたがらないのだそうです。

それはスマートミラー型が通常のドラレコと比べると熱を持ちやすく、ガチガチに3年保証とかをやると相当価格を上げないと割に合わないから…と言う理由だそうな。

なので、「CS-1000SM」はバカ高くなっちゃうかも知れません。

「CS-1000SM」の画質について

「CS-1000SM」では前後にIMX307を採用したカメラに対応しており、HDRの仕様などを見ると同社の2カメラとしては最上位グレードである上級STARVIS「IMX327」を採用した「CS-91FH」ではなく、その一つ下のグレードの「CS-51FR」に近い画質と予測します。

同社のSTARVIS機は夜間の明るさの面では高評価なのですが、絞りは弱く白飛びは出やすいのでスマートミラー向きではありません。

日本のドラレコメーカーとしてはこれと対照的なのがコムテックで、強度の高いHDR補正で明るさと防舷を両立しています。

従って現時点の予測では、「CS-1000SM」のスマートミラーとしての画質は明るさ重視で防眩は弱いものと考えられます。

「CS-1000SM」の駐車監視

「CS-1000SM」の駐車監視モードは、従来機と同様にこちらの4つの録画方式となります。

・常時録画のみ
・常時録画+衝撃検知
・動体検知のみ
・動体検知+衝撃検知

消費電力が大きい為、常時電源ケーブルは新設の2A対応「GDO-41」が指定品です。

※なお、本機を含めてセルスターの製品は、駐車監視にモードでは30万画素の低画質モードで視野角も狭くなります。

「CS-1000SM」の付加機能

「CS-1000SM」にはこちらの3つの付加機能があります。

・microSDカードフォーマット不要
・GPSお知らせ機能
・安全運転支援機能

GPSお知らせ機能

GPSポイントのアナウンスは、セルスター製のレーダー探知機と同様に固定オービスや事故ポイント、スクールゾーンなどの走行に注意すべきエリアでお知らせを行う機能です。

レーダー探知機と異なるのは、取締りの受信を行わず、締まりポイントの警報も行わない点となります。

私自身は全ての車で長くGPSレーダー探知機を使っているので、この手の機能にはほとんど興味はないですが、事故ポイントの警報などはレーダー探知機を使わない前提ならドラレコの方にあると安心感は得られるかも知れません。

安全運転支援機能

「CS-1000SM」の安全運転支援機能についても、概ね他機種と同等です。

・前車発車警告~前の車が発車した情報をお知らせします。
・車線逸脱警告~設定した速度以上で走行時、車線を逸脱すると警告します。
・車間距離保持警告~設定した速度以上で走行時、前車との適正距離を保持するよう警告します。
・後車接近警告~走行時、後車が接近すると警告します。イベント録画を行います。
・死角検知機能~後方、左右からの車の接近をおしらせします。警告時はアイコンが表示されます。

「CS-91FH」では後車接近警告以外の実用性は疑問符?と言う印象ですので、あまり期待はしていませんが「死角検知機能」は面白そうですね。

でも期待はしてません(笑)

まとめ

以上、「CS-1000SM」の特徴について解説しました。レビューについてはいずれ実施の予定ですが、早くても5月くらいになりそうです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

  1. おうちめし より:

    こちらの商品、映像の拡大/縮小が出来るようなので、興味があります。
    交換タイプではMDR-A001A/Bですが 後付けミラータイプでこの機能を持っているのは他に無いと思われます。
    (画質が下がるのは致し方ないでしょうが)

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      おうちめし様
      確かに「CS-1000SM」にも拡大縮小と書かれていますね。
      MDR-A001はフルHDの映像を引き延ばして拡大するものなので、これは仕方ないです。
      レビューについては読者の皆さまのアンケート結果を反映させたいと考えていますので、ご希望の製品はこちらからご投票頂けると幸いです。
      https://car-accessory-news.com/review-schedule/

  2. ジェイ より:

    廉価版DM-10の価格が出始めましたね。思ったよりは手頃でしょうか。
    https://sa-246eda.ia-gr.com/cellstar-dm10-246eda-202103/

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      ジェイ様
      ようやく出てきましたね。
      概ね予測通りです。
      拡縮機能と画質次第では結構売れるかも知れないねすね。

タイトルとURLをコピーしました