こんにちは!Omiです。

ベロフジャパンから新型ナイトビジョンシステム「NVS201」が発表されています。

created by Rinker
ベロフ(Bellof)
¥63,800 (2020/12/04 17:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

この手のナイトビジョンシステムは2年くらい前からamazonやクラウドファンディングなどで目にするようになりましたが、私はまだ使った事がありません。

全く興味がなかった訳ではないのですが、特にメーカーさんから依頼もありませんでしたし、世の中の興味はまだまだスマートミラーに集中していた上に、そもそも時間もありませんでしたのでサンプルを購入してまでテストする気が起きなかったなかった…と言うのが本音です(笑)

…が、スマートミラーの装着率も上がり、こらから爆発的ではないにしてもこのようなガジェットも普及して行きそうな気がしますので今後はぼちぼちとテストして行こうかと考えていた矢先のベロフジャパンの製品の発表でしたので興味を惹かれた次第です。

ベロフジャパンとは?

今回、「NVS201」の製品発表があるまで私はこのメーカーを知りませんでしたが、会社の沿革には1995年に日本のアフターマーケットで初めて車用のH.I.Dライトを投入したとあります。

その後もヘッドライト関連の事業を展開してきたようですが、最近はLED化が進み、中国生産のライトを販売するメーカーが増えてこちらの事業が先細っているからなのかは分かりませんが、今まで展開していなかった車載ガジェット類の販売も開始したようです。

主な売り先はイエローハットやオートバックス、トヨタ系のタクティ(ジェームス)などが挙げられますので社会的な信用は大きなメーカーかと思います。

ただし、本業ではないガジェットの開発能力は未知数ですし、今回ご紹介する「NVS201」は自社企画の製品であるような気はしませんが(笑)

「NVS201」の特徴

「NVS201」の主な特徴はこちらの通りです。

・肉眼での視認が困難な夜間や豪雨、濃霧などの状況下での前方の視界を確保する

・ロービーム60m、ハイビーム80mの最大照射距離を超える300m先の状況を肉眼を超える明るさ、見やすさで運転をサポートする

こちらの動画はあまり良いカメラを使っていないようなので白飛びが強く出ていますが、どこまでの暗視能力を発揮できるのかが一番気になるところです。

リアカメラも付属しているようですが、こちらをモニターに映すと前方・後方の2分割になり、どちらも見にくくなってしまいますので後方映像の常時出力はしない方が良さそうです。

2カメラのドラレコ機能が付帯する、と言う面では好印象ではありますが、フロントカメラの視野角は72°しかありませので360°ドラレコとの併用がベストと考えられます。

暗視系のカメラの市販品は進歩が速い…と思う

私知っている限りの最強の暗視ガジェットと言えば、アメリカの軍事用または趣味としての本格的なミリタリーグッズなどを開発しているアメリカのSierra Pacific Innovations(SPI)社の「X27」と言うスコープ用カメラです。

流石にこれは価格帯が違い過ぎるので現実的ではないですが、少なくともコストさえかければ4年前の時点でもこの様な映像を出力させる事が可能だった訳です。

夜なのに昼間みたいに明るく撮影できるドラレコは実現可能?

ただし、後付けの車載ガジェットとしてはそこまでコストを掛けられませんので汎用のパーツ類を組み合わせて作って行くしかありません。

SPI社の「X27」がリリースされた4年前にはドラレコの暗視機能はほぼゼロでしたが、防犯カメラだけでなくドラレコ用途も意識したSONYのSTARVIS対応イメージセンサーが一般化した事でドラレコの暗視能力は飛躍的に高まっています。

ナイトビジョンシステムにも同様の事が言える筈で、2年前に発売されている製品よりも最新の製品の方が性能が飛躍的に高まっていると予測します。

この手のナイトビジョンシステムはレンズ・イメージセンサーの基本性能だけでなく、CPUによる映像の補正・合成処理に頼るところが大きく、ソフトウェアの完成度にも映像が左右されそうです。

イメージセンサーは2年に一度くらいのペースで新しい物が出てきていますし、CPUの性能も上がっている筈ですので、普通に考えれば最新のベロフジャパンの「NVS201」が最高性能という事になります。

因みに2年前に発売されているLanmodoの製品とベロフジャパンの旧製品はおそらく同じ仕様と考えられ…

created by Rinker
ベロフ(Bellof)
¥37,400 (2020/12/03 22:29:36時点 Amazon調べ-詳細)

・SONYオリジナルMCCD感光チップを採用

一方で最新の「NVS201」には

・SONY MCCD 感光チップアップグレード版

と書かれていますので、このチップに含まれているパーツが何なのかは分からないものの、重要な基幹パーツが変更されていると考えられます。

ただし、「NVS201」の最小輝度は0.0001Lux、Lanmodoの製品も0.0001Luxですので、仕様上の暗視限界は同一ですので、明るさ自体は変わらない可能性もゼロではないですね。

今の段階では価格がかなり高いので、安定的に流通してそこそこの実売価格に落ち着いたらレビューしたいと考えています。

※「NVS201」はどうやら「Lanmodo NVS Vast Pro」と同じもののようです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!