こんにちは!Omiです。

スマートミラーのリアカメラのフレームレートは25~30fpsがスタンダードです。

このフレームレートは1秒間の撮影コマ数を表す数字ですが、テレビなどの一般的なモニター類のリフレッシュレート(画面の切り替わり速度)は60Hzと、1秒間に60回となっていますので、30fpsという1秒間に30回の撮影コマ数は初見ではカクツキを感じる方が多いと思います。

LaBoon!!でもなるべく肉眼に近いイメージで滑らかに見えるスマートミラーを探していると言う声を聞く機会がありますが、今回はAKEEYOから発売されている、60fpsで撮影が可能なスマートミラー「AKY-X6」について、後日レビューを前提にご紹介します。

「AKY-X6」のスペックと特徴

「AKY-X6」のスペックはこちらの表の通りです。

AKY-X6
11.88型IPS液晶
フロント:1920×1080/60fps
リア:1920×1080/60fps
LED信号対応不明
レンズ視野角
フロント:水平110°
リア:水平115°
リアカメラケーブル10m
microSD付属32GB/最大128GB
GPSは外付け付属
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

ミラー型筐体は右レンズの11.88型、内蔵バッテリーではなくキャパシタタイプとの事です。

リアカメラは最近のAKEEYO製品でよく見られる、リアガラス貼り付けタイプと車外タイプの2種類で、それぞれ型番が異なるようです。

・AKY-X6CN:車内
・AKY-X6CW:車外

フレームレートはフロントが60fps、リアも60fpsとなっています。

※フロントのLED信号の同期対策の55fps化は実現可能か不明

イメージセンサーのなどのハードウェア詳細情報は未確認ですが、おそらくですが直近で発売されている「AKY-X3GTL」の高フレームレート版のような画質の特徴ではないかと予測します。

駐車監視の仕様や専用ケーブルなどの情報に関しては現段階では不明です。

本機の実機レビューに関しては1月20日頃を予定しています。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!