※2019年2月28日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

アルパインはトヨタ車を中心とした人気車種に絞った大画面の車種専用のカーナビに特化したカーナビメーカーです。

もともとアフターパーツのカーナビ市場での構成はそれほど高くはないものの、海外向けのOEM生産の構成がかなり大きく、ここ数年間のカーナビのアフターパーツ市場の縮小の影響はそれほど受けていないように思われましたが、最近3年くらいの間に他社が大画面カーナビの開発に力を入れ出した事で苦戦を強いられているように見えます。

2019年1月には親会社であるアルプス電気と経営統合され、「アルプスアルパイン」として再スタートしていますが、これはおそらくOEM事業の強化が主な目的であり、著しく縮小し続けているアフターパーツの市場を見据えてのものではないように思います。

アルパインのカーナビの特徴

アルパインのカーナビは良くも悪くも他社のカーナビとは一線を画しており、カーナビの基本機能よりも純正ダッシュパネルやインテリアとの一体感を重視したコンセプトとなっており、オープニング画面の演出や、バックカメラのガイド線、駐車場の高さ制限、音響面での設定などを車種別に最適化しているのが特徴です。

ただし、現在では売上の90%程度が海外向けとなっており、今一つ日本のユーザーに対してのローカライズ(日本のメーカーにこの言葉を使うのも変ですが)出来ていない印象があります。

例えばカーナビ本来の性能に大きく関わる測位や音声案内のタイミングのレベルが低いであるとか、あるいはゴチャゴチャしたボタンの配置などのデザイン面が気に入らないなど、昔からユーザーの評価は今一つ芳しくないようです。

※最近のモデルは随分改善されている模様です。

また、大きな特徴の一つとして、ほぼ車種限定のモデルのみのラインナップである点、最近のトレンドである大画面ナビ「BIG Xシリーズ」を他社に先駆けて展開している点が挙げられます。

車種限定モデルとする事で、大画面ナビでも周辺のデザインを損なわないというメリットがありますが、ボタンの配置等がスッキリしないなど、マイナスイメージを持っているユーザーも多いようです。

カーナビの性能は今一つ、音質は良い、デザイン面では賛否両論、このような特徴のメーカーですが、いち早く大画面化を進めて来た事で、「BIG Xシリーズ」を中心にカーナビとしての基本性能である、案内精度という部分を多少犠牲にしてでも大画面ナビが良いと考えるユーザーには絶大な人気を誇っていたようです。

ただし、2016年以降はサイバーナビの10インチ、パナソニックのフローティング9インチ、2019年にはケンウッドも9インチの大画面ナビを発売していますので、もはや大画面であるだけでは他社に対する優位性はありませんので、なかなか厳しい状況になっているのはないかと推察されます。

アルパインカーナビ 2018~9年モデル

アルパインのカーナビは基本車種専用設計なので、ラインナップが非常に分かりにくい事になっていますが、ざっくり括ると以下のシリーズの中にサイズ別の車種別モデルが存在する形になります。

①ビッグX~8・9・10インチ

②ビッグX11~11インチ

③フローティングビッグX11~11インチ

 

各シリーズの対応車種は以下の通りです。

■ アルパイン車種専用カーナビ

機能面では以下の通り、他社カーナビのハイエンド~アッパーミドルクラス以上のメディア対応や拡張性を備えており、基本は全部アリの高級路線となっています。(価格も他社以上に高級路線!)

アルパイン2018~2019年モデル
渋滞回避VICS WIDE
ETC2.0対応車載機
フルセグ地デジ
CD録音
DVD/SD/USB
Bluetooth
Wi-Fi
HDMI
ピンチ系の操作
NaviCon
連携ドラレコDVR-C01W
連携カメラ類車種別適合表
セーフティカメラ車種別適合表
地図更新料金不明
工賃が安い「カーナビの持込取り付け」が出来るお店の探し方

なお、各シリーズともに基本機能はほぼ同一ですが、特定のモデルに関してはフロントカメラ・サイドカメラの装着が可能となっており、純正ナビライクな特性が強いですがここまでやるならアラウンドビューにしたら良いのに、と感じますね。

後付け可能なアラウンドビュー的な全方位モニターのまとめ

アルパインのカーナビのまとめ

アルパインのカーナビは全てのシリーズが他社ハイエンドクラスの機能を備えており、店頭や展示会で試した限りは操作性や地図操作のレスポンスも悪くありませんでした。

全部アリの高級路線で純正インテリアとのマッチングもバッチリですが、価格はアホみたいに高いのでどうなんでしょう?って感じですね。(笑)

機能とコストのバランスを考えると他社9インチモデルを選んだ方が良いように思います。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ カーナビおすすめ最新モデルの比較

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう