6~8月にかけてクラリオンのカーナビのラインナップが、エントリーからハイエンドモデルまで全て一新されています。

クラリオン カーナビ2017~2018年モデル

ここ数年間の流れとして、2016年まではモデルの統合が進みモデル数が減少し続けていましたが、2017年モデルでは一転して増加の傾向となっています。

具体的にはエントリークラスで200mmモデルが、ハイエンドクラスでは9型液晶のモデルが追加となり、4→6モデルのラインナップとなりました。

ハイエンドモデル「MAX777W」「NXV977D」

ここ1~2年のアフターマーケットのカーナビのトレンドは、スマホのカーナビアプリとの競合が考えにくい大画面化がキーワードになっています。

クラリオンはこの流れに乗り遅れていた感がありますが、2017年モデルでは9型液晶の「NXV977D」が発売されています。

この「NXV977D」は機能面ではハイレゾ音源のフルデジタル再生と、液晶画面の4分割表示が目玉のようです。

また、従来はピンチ系の操作が不可でしたが、これらの操作にも対応しています。

クラリオンのカーナビとしては初?のHDMI端子を搭載しているのも改善ポイントかと思います。

なお、「NXV977D」の取付対応車種は以下のページに記載があります。

■ NXV977D 装着可能車種情報

概ね他社が車種別で対応している大画面カーナビと同様で、アルファードやヴェルファイア、ノア・ヴォクシー・エスクァイアなどの人気車種が中心となっています。

 

一方で7.7型の「MAX777W」についてはフルデジタル再生に対応してますが、2016年モデルの「MAX776W」とほぼ同等の機能のようです。

クラリオン2017年モデル
工賃が安いカーナビの持込取り付けが出来るお店の探し方
メーカーサイトMAX777W
NXV977D
発売日17.0617.07
参考価格 18.03.2481,800円143,980円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶7.7型9型
寸法200mm対応車種
フリーワード検索
渋滞回避VICS WIDE
ETC2.0対応車載機
フルセグ地デジ
ハイレゾ
CD録音
DVD/SD/USB
HDMI-
Bluetooth
Wi-Fi
NaviCon
バックカメラ対応バックカメラ
説明書取扱・取付説明書取扱・取付説明書
地図更新最長3年無料最長3年無料
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

エントリー~スタンダードクラス

このクラスでは大きな年次更新はありませんが、従前から搭載されている音声認識や3Dのフルポリゴンマップ、フリーワード検索、VICS WIDEなどがエントリーの「NX617」から搭載されています。

機能面では同価格帯の他車モデルよりも優れている部分も目立ちますが、価格的は他社に劣りますしETC2.0に対応しているのは「NX717」のみとなっていますので、自分が必要な機能をよく考えて選ぶ必要がありますね。

クラリオン2017年モデル
工賃が安いカーナビの持込取り付けが出来るお店の探し方
メーカーサイトNX617
NX617W
NX717
MAX677W
発売日17.06
参考価格 18.03.2462,390円61,229円66,762円70,929円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶7型7型7型7.7型
寸法180mm200mm180mm200mm
フリーワード検索
渋滞回避VICS WIDE
ETC2.0--対応車載機-
フルセグ地デジ
CD録音
DVD/SD/USB
HDMI----
Bluetooth
Wi-Fi---
NaviCon
バックカメラ対応バックカメラ
説明書取扱・取付説明書取扱・取付説明書取扱・取付説明書取扱・取付説明書
地図更新有料有料最長3年無料有料
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

クラリオン カーナビ2016~2017年モデル

クラリオンと言えば廉価カーナビメーカーとて有名ですが、2016年モデルは今までの印象を覆すようなグレードアップを図っています。

2016年4月の時点で発表されたのは、ミドルクラスモデルの「NX616」「MAX676W」、ハイエンドモデルの「NX716」「MAX776W」の4モデルでした。

この後エントリーモデルの発表へと続くのではないかと思いきや、どうやらエントリーモデルは切り捨てるのか発売時期を大幅にずらすのか分かりませんが6月の時点でも発表すらありません。

個人的にはジャイロセンサーも搭載していないようなNX505はともかく、ワンセグでCD録音不可のNX515のような廉価カーナビは絶対に需要があるので残しておいて欲しかったところです。

車でテレビも見なければCD録音もしない人は沢山いると思いますので…。

モデル数が絞られて分かり易くなったのは良いですが、肝心なものが一つ抜けてしまった印象です。

クラリオンカーナビ 2016~2017年モデルの新機能

クラリオン2016年モデル
》》》工賃が安い「カーナビの持込取り付け」が出来るお店の探し方
メーカーサイトNX616
NX716
MAX676W
MAX776W
発売日16.0616.0616.0616.06
参考価格
17.03.29
57,000円80,297円75,828円93,187円
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶7型7型7.7型7.7型
寸法2DIN(180mm)2DIN(180mm)200mm200mm
フリーワード検索
渋滞回避VICS FM多重
VICS WIDE
ETC2.0-対応車載機-対応車載機
フルセグ地デジ
CD録音
DVD
SDカード
iPhone/iPod
USB
HDMI----
Bluetooth
Wi-Fi--
NaviCon
バックカメラRC15D
地図更新有料3年無料有料3年無料
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

今回発表されている4モデル共通で新たに追加されているのが、3Dマップ上でオブジェクトをポリゴン化して表示させる機能です。

2016y04m28d_165758283

案内画面が実際に走行しながら見えている景色と近くなりますので、曲がる交差点を間違う確率が下がるのではないかと思います。

また、サウンド面では圧縮で失われてた高周波数帯の音声を再生成する「サウンドリストアラー」、きめ細かい音質・音量・音場設定やボーカルの定位を任意の位置に設定出来る「ボーカルイメージコントロール」などが搭載されています。

更に最上位モデルの「MAX776」には、対応する同社のフルデジタルスピーカー(Z7)やサウンドプロセッサー(Z3)、フルデジタルウーファー(Z25W)などとデジタル接続が可能で、ハイレゾ音源を一切劣化させる事無く車内で再生させることが出来る、業界初のモデルとなっています。

事実上、カーナビ業界でNo.1の音楽再生スペックを備えていると言っても良いと思います。

一方でマイナスポイントとしては、クラリオンではミドルクラスの位置付けである「NX616」「MAX676」が、地図の更新が出来なくなっている点が挙げられます。

こちらの地図更新ページに何も記載がないところを見ると、更新が有料になるのではなく、更新自体が出来ないもののように思えます。

■ クラリオン地図データ更新案内

他社のこのグレードのモデルは1年の無料更新期間が有ったり、有料での更新が可能ですし、2015年モデルまでは「NX615」などは1年の無料更新期間がありましたので、ここは残念な部分です。

個人的にはクラリオンに対するユーザーの期待は、エントリーからミドルクラスが中心だと感じますので、この変更点はかなりよろしくないかと思います。

低価格帯はスマホと競合するので、あまり売れなくなって来ているのかも知れませんが、スマホじゃ嫌だけど高性能なカーナビは要らないという人も一定数いる筈です。

最低価格帯のカーナビが6~7万円なんて、ちょっと悲しいじゃないですか。

セカンドカーにも安いカーナビを付けたい人だっているでしょうし、スマホの小さい画面でのナビは生理的に受け付けない人もいます。

2016年モデルのまとめ

クラリオンのカーナビと言えば、音質は結構良い・カーナビ性能は必要最低限・価格が他社より1回り安いという特徴が強かったのですが、昨年来「VICS WIDE」に対応してきたり、今年は地図のポリゴン化を行ったりと基本性能の部分が確実にレベルアップしています。

その間、他社メーカーは基本性能の見直しをほとんど行っていないように感じますので、相対的にクラリオンのカーナビの価値観が上がってきている印象です。

その代わりに価格面が上昇しているような気がしなくもありませんので、発売からしばらく時間が経ってから価格の変動を見ながら他社モデルと比較したいところです。

 

(編集長 Omi)

■ クラリオンナビ以外のモデルの比較はこちら

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう