※2020年3月7日更新~2020年の最新情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

最近の車はカーナビと合わせてバックカメラがセットで付いてくるものが多いですが、社外品のカーナビを付ける前提であったり、中古車を購入する場合には個別にバックカメラを選ばなければならない状況も発生します。

バックカメラはそこまでこだわりが必要ではないもののような気はしますが、最近はHDR対応で視認性が大幅に向上した製品も登場していますので2020年の最新情勢に合わせておすすめのバックカメラをご紹介します。

バックカメラの選び方

バックカメラの性能は実は過去数年間はほとんど進化しない状態が続いており、カーナビの解像度に合わせた30万画素のダイナミックレンジもさして広くない、塩スペックで耐久性だけが重視されたモデルがほとんどでした。

まぁ、かく言う私もこの塩スペックのバックカメラでそれほど不便は感じていないので、大抵の場合はカーナビメーカーごとの推奨品を取り付ければ良いじゃん!と言う考え方が一般的だと思います。

ただし、カーナビを生産していないメーカーからも安価なバックカメラや高機能な汎用製品も販売されており、RCA接続が前提であればカーナビと適合に問題のない製品が多いのも事実です。

そこでこの記事では①カーナビメーカーごとの推奨バックカメラ、②高機能な汎用バックカメラ、③安価な汎用バックカメラの3つのカテゴリーごとにおすすめの製品をご紹介します。

なお、最近ではドライブレコーダーにバックカメラ機能を付加させたような製品も増えていますので興味のある方は以下の記事もどうぞ。

バックカメラと兼用のドライブレコーダー5種

カーナビメーカーごとの推奨バックカメラ

まずはカーナビメーカー各社が主に自社カーナビ向けに販売しているバックカメラのスペックを見ながら、メーカーごとに特徴を解説します。

パイオニアのバックカメラ

パイオニアのバックカメラで現行のパイオニアカーナビ用として販売されているのは2016年に発売された「ND-BC8Ⅱ」となります。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥9,490 (2020/03/29 00:31:49時点 Amazon調べ-詳細)

カメラから出ているケーブルはRCAではなく、パイオニアカーナビ用の形状ですが、付属のRCA変換ケーブルを使用する事で他社カーナビやその他のRCA入力液晶への出力が可能です。

■ 「ND-BC8Ⅱ」取扱説明書

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~31万画素

・視野角 水平129°、垂直105°

因みにアルファードにサイバーナビと合わせて設置した際の映像は以下の通りとなります。

使用感につては、特に可もなく不可もなく、安定感があり無難な選択肢かと思いますが、視野角は他社のモデルと比較すると、やや狭い方に入ります。(その分歪みも少ない)

30系アルファードにバックカメラを取付け

パナソニックのバックカメラ

パナソニックのバックカメラで現行のパナソニックカーナビ用として販売されているのは2019年7月に発売されたHDR対応の「CY-RC100KD」となります。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,899 (2020/03/28 18:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもパイオニアと同様にRCAケーブルが付属していますので他社カーナビへの流用が可能です。

■ 「CY-RC100KD」取扱説明書

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~31万画素

・視野角~水平146°、垂直114°

・CMOS~1/3.7型

・F値~2.0

・HDR対応

本機は最近のスマートミラーでは標準となりつつある、明暗差に強いHDR対応製品となっており、汎用のバックカメラとしては現行最高の画質となります。

ケンウッドのバックカメラ

ケンウッドのバックカメラには、現行モデルととして30万画素の従来品である「CMOS-C230」「CMOS-C320」と、2019年3月に発売されたHDR対応の130万画素モデル「CMOS-C740HD」の3つの製品があります。

「CMOS-C230」はRCA出力ではないのでケンウッドのカーナビ専用品となります。

created by Rinker
ケンウッド(KENWOOD)
¥9,149 (2020/03/29 00:31:50時点 Amazon調べ-詳細)

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~33万画素

・視野角~水平128°、垂直103°

・CMOS~1/3.6型

・F値~2.2

特にこれと言って特徴のない製品ですが、ケンウッドのカーナビと合わせるならとりあえずコレで、と言ったところでしょうか。

 

「CMOS-C320」も同様にケンウッドカーナビの専用品ですが、「ワイドビュー」「ウルトラワイドビュー」「俯瞰ビュー」「コーナービュー」の4つの視点を切り替え可能な多機能モデルです。

created by Rinker
ケンウッド(KENWOOD)
¥16,870 (2020/03/29 00:31:51時点 Amazon調べ-詳細)

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~33万画素

・視野角~水平195°、垂直145°

・CMOS~1/3.6型

・F値~2.0

 

「CMOS-C740HD」は最新のケンウッド100万画素カーナビ専用のHDR対応高解像度モデルです。

created by Rinker
ケンウッド(KENWOOD)
¥16,736 (2020/03/28 18:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニックのHDRモデルと同様にダイナミックレンジが非常に広く、白飛び・黒潰れに強い高性能モデルが、同社100万画素のカーナビしにか適合しません。

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~130万画素

・視野角~水平180°、垂直103°

・CMOS~1/3.8型

・F値~2.0

同社100万画素のカーナビに合わせるなら折角ですのでコレをおすすめします。

イクリプスのバックカメラ

イクリプスのバックカメラにはイクリプスカーナビ専用品の「BEC113」とRAC出力の汎用品「BEC113G」の2つの型番がありますが、スペック的には同様です。

created by Rinker
イクリプス(ECLIPSE)
¥7,980 (2020/03/29 00:31:51時点 Amazon調べ-詳細)

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~31万画素

・視野角~水平135°、垂直110°

・CMOS~1/4型

こちらも特徴の薄いモデルですので、ほとんどイクリプスカーナビ専用となるかと思います。

アルパインのバックカメラ

アルパインのバックカメラはほとんど単体での運用が前提とされておらず、同社のカーナビと合わせる2~4カメラでのマルチビューモデルとなっています。

■ アルパインマルチビューカメラ

従ってバックカメラ単体での後付けには向いていません。

高機能な汎用バックカメラ

ここでは日本のメーカーの製品のうち、機能面でカーナビメーカーの製品とは差別化されている機能特化モデルをいくつかご紹介します。

データシステムの超広角バックカメラ

データシステムは日本のカーエレクトロニクスの専門メーカーで、どちらかと言うとカーセキュリティやセンサー類などのニッチなカテゴリーを専門的に扱っているイメージがありますが、最近ではカメラや液晶類などの品揃えも充実しています。

バックカメラについては専用品が1つと、フロント・バックカメラとして使用できるマルチビューカメラを取り扱っていますが、ここでは特徴がはっきりしているマルチビューカメラの「MVC811」のみをご紹介しまます。

created by Rinker
データシステム
¥11,236 (2020/03/29 00:31:52時点 Amazon調べ-詳細)

「MVC811」はフロント・バックカメラとして使用が可能なマルチビューカメラとなっていますが、付属のコントローラーで6つのビューの切り替えが可能です。

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~97万画素

・視野角~水平180°、垂直120°

・CMOS~1/4型

・F値~2.4

価格的には他の国内メーカーの製品と大きくは変わりませんので、単体での機能性を考えるとコストパフォーマンスは高そうです。

こちらのモデルはテスト済みですので、以下の記事をご参照下さい。

データシステム 水平180°バックカメラ「MVC811」のレビュー、評価

AI警報搭載のHDR対応、Azmee「ACUC-0001」

Azmeeの「ACUC-0001」はAIによる警報を搭載したHDR対応の少し変わったバックカメラです。

■ Azmee公式サイト

フロント・バックカメラである事を考えると、価格設定が通常の国内メーカーのモデルの2.5~3倍くらいになっており、かなりお高めな印象です。

通常のフロント・バックカメラ類と異なる点は、時速5km未満での状況下でイメージセンサーで取り込んだ映像を解析して、AIが危険度を判定した上で警報を発する機能を搭載している点です。

AIが車や自転車、人のいずれかを判別して、その対象に合わせて最適と思しきタイミングで警報を発するシステムのようです。

AzmeeのAI搭載 フロント・バックカメラ「ACUC-0001」が面白い!?

社外品の安価なバックカメラ

社外品の安価なバックカメラは中華メーカーの製品となりますので耐久性に不安がありますが、中には過去に2年以上使用し続けて問題のなかった製品もありますので、ここでは比較的安定性の高そうな製品をいくつかご紹介します。

PORMIDOのバックカメラ

こちらは以前レビュー依頼を頂いた製品で、デザインやスペックが面白そうだったのでレビューをお受けしました。

主なスペックは以下の通りです。

・画素数~34万画素

・視野角~水平180°、垂直132°

・CMD

・F値~1.0

最大のセールスポイントは、取り付け場所を選ばないナンバー面に固定するタイプであると言う点です。

ナンバー共締め「PORMIDO」バックカメラのレビュー、評価

AUTO VOXのバックカメラ

ドライブレコーダーの中国大手メーカーであるAUTO VOXは、従前からバックカメラや液晶関係に特化したメーカーですので、バックカメラついても品質や性能が安定している印象です。

バックカメラは比較的種類が豊富ですので、現在日本で購入が可能なものを紹介します。

スタンダードタイプ

AUTO VOXのバックカメラはかなり種類が多いのですが、スタンダードな人気モデルは次の2つで、おそらくレンズやCMOSセンサーなどの重要部品は共用しているものと思われます。

この2モデルの主なスペックは以下の通りです。

・画素数~34万画素

・視野角~対角170°

・CMOS~1/3型

※視野角についてはレンズなのか映像なのかは不明

ハードウェアのスペックだけ見ると、バックカメラの中では最大級のCMOSセンサーを使用していますね。

バックカメラは全体の状況が掴めれば問題ないので、そこまで高画質なものを選ぶ必要性は感じませんが、価格が国内メーカーよりもかなり安いのが魅力です。

なお、AUTO VOXからは液晶搭載付属で無線によって映像を飛ばすタイプのバックカメラも販売されていますので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

キャンピングトレーラーの後方確認におすすめの無線バックカメラとモニターセットを試してみた!

おすすめバックカメラまとめ

以上、2020年の情勢に合わせておすすめのバックカメラをご紹介しました。

スペックで選ぶなら現状ではHDR対応で汎用性の高いパナソニックの「CY-RC100KD」がおすすめです…と言うか私ならこれを買いますね。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,899 (2020/03/28 18:24:15時点 Amazon調べ-詳細)

なお、バックカメラの取り付けについては以下の記事で説明しています。

バックカメラの取り付け方法について

バックカメラと兼用のドライブレコーダー5種

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!