こんにちは!Omiです。

ここ数年のドライブレコーダーのカメラ性能の進化は目を見張るものがあり、3年前の製品と比べると圧倒的に画質が向上しているものが増えていますが、一方で同じくカメラを使用したカーエレクトロニクスのバックカメラは過去数年間で各社ともほとんど開発リソースを投入していない事から、画質は一昔前の塩スペックのカメラが継続販売されていました。

ところが、2019年に入り突如としてこの流れに変化が見られ、ケンウッドやパナソニックなどの大手カーナビメーカーはドライブレコーダーで主流になっているHDR補正に対応したバックカメラを市場に投入し始めています。

パナソニックがHDR対応のバックカメラ「CY-RC100KD」を発表!

ケンウッドの製品は自社カーナビ専用の100万画素、パナソニックは汎用の30万画素モデルですので、いずれパナソニック製品のレビューを…と考えていたのですが、今回はちょうど良くMAXWINから発売されているHDR対応の200万画素の汎用バックカメラ「CAM21」のレビューの依頼を頂いています。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「CAM21」のスペック

「CAM21」のカメラスペックは以下の通りです。

・画素数~207万画素(SONY IMX307 STARVIS対応センサー

・視野角~水平140°

・CMOS~1/3.7型

・F値~不明

・HDR対応

バックカメラとしての視野角は標準的な水平140°、イメージセンサーにはSONYの200万画素のSTARVIS対応センサーが採用されています。

STARVISセンサーのHDR補正画像は最近のスマートミラー型ドラレコの主流となっており、昼夜の良好な視界の確保が期待出来ます。

動体検知による近接警報

「CAM21」にはHDR対応以外にも「動体検知による歩行者などの近接警報」を行うと言う大きな特徴があります。

※バック時に時速5km以下で身長80cm以上の人間を検知可能との事

精度に関しては実機を試してみないと分かりませんが、コーナーセンサーとは異なり、動体のみを検知して警報を発する仕組みのようです。

本機のレビューについては4月上旬を予定しています。

ちゃんと進化してる?おすすめバックカメラ【2020年版】

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!