「ND-BC300」パイオニアから200万画素のHDR対応バックカメラ発売

こんにちは!LaBoon!!編集長の鈴木朝臣です。

ここ何年かの間に、各社カーナビメーカーはディスプレイの解像度の100万画素化を進めて来ましたが、ケンウッドなどの一部のメーカーではカーナビの解像度に合わせて100万画素のバックカメラを4年くらい前から販売しています。

一方でパイオニアは長い事30万画素のバックカメラを自社ナビ用に販売し続けて来ましたが、今回ようやく200万画素モデルの「ND-BC300」を発表しています。(現状ナビ側が100万画素相当)

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥18,109 (2024/07/13 04:04:37時点 Amazon調べ-詳細)

「ND-BC300」のスペックと特徴

「ND-BC300」のカメラとしてのスペックは以下の通りです。

・画素数:200万画素
・カメラ視野角・水平180°/垂直105°
・F値~1.9
・HDR補正あり

因みに私個人の感覚としては、バックカメラとしての用途では100万画素以上の出力とHDR補正、水平180°の視野角はオーバースペックのような気がします…。

垂直105°の映像範囲

バックカメラ兼用のドライブレコーダーの問題点は、バンパーや至近距離の状況と、後方の幅広い状況の両方を撮影する事が苦手で、バックカメラ用途とドライブレコーダー用途の両方にとってベストな向きにカメラを設置する事が困難である点が考えられます。

例えばスンダードな視野角のバックカメラ兼用タイプのドラレコの水平視野角は垂直50~60°になりますが、55°の場合には実際の撮影範囲は以下のようになります。

通常だとドラレコとしての機能を優先する為、カメラは以下のように向るかと思いますので、至近距離が映らない事でバックカメラとしての機能はベストではなくなります。

これが垂直103°の超広角になるとこうなります。

これだけの視野角があれば、2カメラドラレコ、スマートミラー、バックカメラとしての全ての用途を考えてもベストな撮影範囲を得ることが出来そうです。

「ND-BC300」の接続端子の形状

「ND-BC300」の接続端子は楽ナビ・サイバーナビ専用のカプラーとなっています。

2023年2月時点では以下機種にのみ対応との事です。

【対応機種】
楽ナビ(AVIC-RQ920-DC/RF920-DC/RL920-DC/RW920-DC/RZ920-DC/
RQ720/RF720/RL720/RW720/RZ720/RL520/RW520/RZ520/RW120/RZ120)
上記機種以外の楽ナビやサイバーナビでは使用できません。

「ND-BC300」のまとめ

「ND-BC300」はバックカメラのみでの運用を想定しているとすると、200万画素の高解像度は明らかにオーバースペックです。

今後、「ND-BC300」の影像を取り込むドラレコの発売が予定されているのかも知れませんね。

コメント

  1. まーくん より:

    素晴らしい製品ですね!

    調べてみたところ、3月に前後ドラレコで出るそうです。
    リアカメラはバックカメラ、ドライブレコーダーで使用ができると記載がありました!

    • ドライブレコーダー専門家 LaBoon!!編集長 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 LaBoon!!編集長 鈴木朝臣 より:

      まーくん様
      やっぱりそうなんですね。
      パイオニアは前にもそういう発想の製品がありましたね。

タイトルとURLをコピーしました