※2018年10月23日更新~2018~2019年モデルの発表に合わせて全面改訂しました。

最近は自動車メーカー純正品扱いのドライブレコーダーが増えていますが、メーカー純正のドライブレコーダーは輸入車を除いてそのほとんどがケンウッドやイクリプス、パイオニアなどのカーナビメーカーがOEM生産しています。

カーナビ単体での純粋なナビゲーション機能やオーディオ性能などの面では、競合の激しいアフターマーケットのカーナビの方が優れており、価格も安い傾向にありますが、良くも悪くもメーカー純正のカーナビには車種ならではの安全運転支援機能や通信機能が付帯されているケースが増えており、ドライブレコーダーの前にカーナビを純正品にするかどうかが悩みの種になろうかと思います。

■ 自動車メーカー別の純正カーナビの記事一覧

■ 自動車メーカー別の純正ドライブレコーダーの記事一覧

今のところ、ドライブレコーダーに関してはカーナビとは異なり、車両と切り離せないような機能を連動させたモデルはごく一部ですので、カーナビを社外品にしようと考えているのなら、ドライブレコーダーについても社外品にする事をおすすめします。(カーナビもそうですが、ドラレコも純正品はボッタ値なので…)

市販のカーナビ・ドラレコ連動モデルはそれなりに充実している

ここ2~3年の流れではカーナビメーカー各社もドラレコ市場に積極的に参戦しており、自社カーナビにドラレコを連動させているメーカーが増えてきています。

ただし、連動と言ってもカーナビの画面にドラレコの映像を出力するだけのものや、操作系や安全運転支援機能を連動させたもの、バックカメラの映像も含めてドラレコ連動のカーナビに出力させるものなど、その対応は様々です。

ここではカーナビ各社の連動ドライブレコーダーの組み合わせについて、メーカーごとにその種類と特徴をご紹介します。

パイオニア

パイオニアのカーナビにはサイバーナビと楽ナビの2系統が存在しますが、サイバーナビのみ連動するドライブレコーダー、全てのモデルに連動するドライブレコーダーが販売されています。

サイバーナビと楽ナビの連動ドライブレコーダー

最新のパイオニアのカーナビの全てと連動が可能なドライブレコーダーは現行モデルでは「VREC-DS600」のみとなります。(ND-DVR1については、2017年10月までに発売されたカーナビと連動)

VREC-DS600ND-DVR1
18.10発売15.03発売
1920×1080/27.5fps/WDR1920×1080
LED信号対応
録画視野角 水平107°録画視野角 水平120°
microSD 付属16GBmicroSD 付属8GB
microSD 最大32GB
GPSはカーナビより受信
駐車監視モード
衝撃検知
自動起動
専用ケーブル同梱
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

「VREC-DS600」は映像のカーナビへの出力だけではなく、カーナビから操作が可能な液晶なしのカメラセパレートタイプのドライブレコーダーです。

旧モデルに比べて録画視野角が狭くなり、駐車監視は衝撃検知とによるものとなりますので、ドライブレコーダーの単体モデルと比較すると機能面では今一つと感じます。

また、「VREC-DS600」自体が2015年3月モデルの「ND-DVR1」のマイナーチェンジ版なので、機能や性能面でやや古臭さを感じる部分もありますね。

対応カーナビは以下の通りです。(2018年10月)

【サイバーナビ】

AVIC- CL902-M/CW902-M/CZ902-M/CL902/CL902XS/CW902/CZ902/CZ902XS/
CE902SE/CE902AL/CE902VE/CE902VO/CE902NO/CE902ES/CE902ST/
CL901-M/CW901-M/CZ901-M/CL901/CW901/CZ901/CW700II/CZ700II/
CE901SE-M/CE901AL-M/CE901VE-M/CE901VO-M/CE901NO-M/CE901ES-M/CE901ST-M/
CE901SE/CE901AL/CE901VE/CE901VO/CE901NO/CE901ES/CE901ST/
CL900-M/CW900-M/CZ900-M/CL900/CW900/CZ900/CW700/CZ700/
CE900AL-M/CE900VE-M/CE900VO-M/CE900NO-M/CE900ES-M/CE900ST-M/
CE900AL/CE900VE/CE900VO/CE900NO/CE900ES/CE900ST

【楽ナビ】

AVIC- RQ902/RL902/RW902/RZ902/RZ702/RW502/RZ502/RW302/RZ302/RZ102/
RL901/RW901/RZ901/RZ701/ RW501/RZ501/RW301/RZ301/
RL900/RW900/RZ900/RZ700/ RZ500/RW300/RZ300/
RL99/RW99/RZ99/RZ77/RZ06II/ RZ55/RW33/RZ33/RZ22/
RL09/RW09/RZ09/RZ07/RZ06/RL05/RZ05/RW03/RZ03

 

パイオニア カーナビ連動タイプのドライブレコーダー「VREC-DS600」

バックカメラの映像を記録する2カメラドライブレコーダー

こちらはカーナビ連動モデルではないのですが、おそらくカーナビとドラレコの連動モデルを検討させる方は、バックカメラについても同じメーカーの製品で揃えたいかと思います。

以下の「VREC-DH700」、「ND-DVR30」はパイオニアのバックカメラの映像を取り込んで、フロント分と合わせて2カメラ録画を行うドライブレコーダーです。

VREC-DH700ND-DVR30
18.10発売17.09発売
2304×1296/27.5fps/WDR
LED信号対応
水平録画視野角 110°
microSD付属16GB付属8GB
microSD最大32GB
GPS内蔵
偏光フィルターOP
安全運転支援機能
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知
自動起動
内蔵バッテリー50分
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

ドライブレコーダーとカーナビが連動する訳ではありませんので、動画の再生や操作は不可ですが、バックカメラを有効に使って2カメラ録画が可能な点が魅力です。

また、ドライブレコーダーとしての性能についても先の連動モデルである「VREC-DS600」よりもやや上となっています。

パイオニアの2カメラ録画可能なドライブレコーダー「VREC-DH700」

サイバーナビ専用モデル

これは一部の車種専用モデルにおいてのみの機能になりますが、フロントカメラの解像度に関してはHDの「1280×720」、駐車監視は衝撃検知にて実施します。

また、付属の通信モジュールで衝撃・音圧・動体検知を行い、異常時には登録されたメールアドレスに静止画と位置情報、検知情報の告知を行う機能が搭載されています。

現在、2016年モデルでこの機能と搭載したサイバーナビを使用していますが、防犯検知機能はまずまず、ドライブレコーダー機能はイマイチかなと感じています。

サイバーナビ2018~2019年モデルの特徴をまとめて説明

パナソニック

パナソニックからは2018年10月にカーナビ連動型の最新ドライブレコーダー「CA-DR02SD」が発売されています。

機能面ではパイオニアの「VREC-DS600」と同様に1カメラ対応で、カーナビからドライブレコーダーの操作・リアルタイム映像出力・マップ連動再生が可能となっています。

CA-DR02SD
18.10発売
1920×1080/28fps/WDR
全国LED信号対応
水平115°
microSD付属8GB
microSD最大128GB
GPSはカーナビ吸出し
駐車監視モード
衝撃検知
自動起動
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

駐車監視についても「VREC-DS600」と同様に衝撃検知のみですので、本体の形状を除いてはほとんど同じ機能を持ったモデルという印象ですね。

対応カーナビは以下の通りです。(2018年10月)

「CN-F1XVD」「CN-F1DVD」「CN-RX05D/WD」「CN-RA05D/WD」「CN-RE05D/WD」

ケンウッド

ケンウッドからは2017~2018年モデルの彩速ナビの発売に合わせて、カーナビ連動で前後録画タイプのドライブレコーダーが2017年10月に発売されたモデルが最新となります。

DRV-N530DRV-R530
17.10発売
2304×1296/27fps/HDR
LED信号対応
水平117°
microSD付属8GB
microSD最大32GB
GPSはカーナビ吸出し
安全運転支援機能
駐車監視モード
衝撃検知
自動起動
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

「DRV-N530」がフロント用、「DRV-R530」がリア用になりますが、基本性能は同等で水平視野角「117°」、解像度は「2304×1296」、駐車監視については他社モデル同様に衝撃検知による録画となります。

また、他社にない機能としてはドライブレコーダーの安全運転支援機能による警報をカーナビ画面に出力するものが挙げられます。

①前方衝突警報

②車線逸脱警報

③発進遅れ警報

 

問題はこの安全運転支援機能の精度ですが、同社のドライブレコーダー「DRV-610」と同等であればかなり微妙かと思われます。

ドライブレコーダーの安全運転支援機能の比較

また、リアカメラについてはマウントの長さが違うもののフロントと同じ形状ですので、そこそこ目立ちますし価格もかなり高めです。

リアの録画は、あくまでも駐車監視ではなく主に走行中の状況証拠の保存ですので、解像度よりもサイズやデザインの方が重要な気もしますね。(笑)

同社の公式サイトではバックカメラとしての利用も可能と言う紹介がありますが、ドライブレコーダーに求められる映像は広角、バックカメラの場合には狭角ですし、両立は難しくどちらも中途半端になる上に価格だけやたらと高いという印象を受けます。

フロントカメラの「DRV-N530」については解像度、視野角、安全運転支援機能(精度による)の3点で他社に対する優位性もありますし、価格もそれほど高くないので比較的おすすめ出来るモデルであると感じます。

ケンウッド カーナビ連動 前後ドライブレコーダー「DRV-N530」「DRV-R530」発表

対応カーナビは以下の通りです。(2018年10月)

【DRV-N530】

MDV-Z905W/MDV-Z905
MDV-M805L
MDV-M705W/MDV-M705
MDV-L505W/MDV-L505
MDV-L405W/MDV-L405
MDV-D505BTW/MDV-D505BT
MDV-D405BTW/MDV-D405BT
MDV-D305W/MDV-D305/MDV-D305BT
MDV-D205/MDV-D205BT
DPV-7000

MDV-Z904W/MDV-Z904
MDV-Z704W/MDV-Z704
MDV-L504W/MDV-L504
MDV-L404W/MDV-L404
MDV-D504BTW/MDV-D504BT
MDV-D404BTW/MDV-D404BT
MDV-D304W/MDV-D304
MDV-D204/MDV-D204BT

【DRV-R530】

MDV-Z905W/MDV-Z905
MDV-M805L
MDV-M705W/MDV-M705

イクリプス

イクリプスの場合にはカーナビセットモデルとなり、単体での販売ではありません。

特徴としては、別売の同社バックカメラの映像を同時に録画が可能な点が挙げられます。

 

ドライブレコーダーのスペックは以下の通りとなります。

・解像度~記載がないがCMOSセンサーが200万画素の為フルハイビジョン画質と思われる

・水平視野角~117°

・フレームレート~28fps

・駐車監視機能~なし

駐車監視機能がないのがマイナスポイントではありますが、バックカメラと言うどうせ必要になるデバイスを生かして録画を行う方式はなかなか面白いと感じます。

イクリプスのカーナビ 2018~2019年モデルの特徴をまとめて紹介

アルパイン

アルパインの連動モデルは、正確にはドライブレコーダーの映像をカーナビに出力するだけのモデルです。

2017年9月に発売された以下のモデルが該当しますが、他社とは異なり一つの筐体に2つのレンズを搭載したフロントと車内の2カメラ録画に対応したモデルとなっています。

DVR-C01W
17.09発売
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1280×720/15fps
フロント:対角145°
リア:対角160°
LED信号対応
microSD付属32GB
microSD最大64GB
GPS内蔵
安全運転支援
駐車監視モード
動体検知
自動起動
専用ケーブル
付属
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

カメラの性能は不明ですが、駐車監視については動体検知による録画で、カットオフタイマーも搭載していますので動体検知による駐車監視で衝突前後の録画をしたい場合にはアルパインの組み合わせも良さそうですね。

アルパイン2カメラドライブレコーダー「DVR-C01W」発売

カーナビ連動型のドライブレコーダーのまとめ

以上、パイオニア・パナソニック・ケンウッド・イクリプスのカーナビ連動型のドライブレコーダーについて紹介しました。

※クラリオンはこの手のモデルは今のところ未発表かと思います。

カーナビのドライブレコーダーの構成についてはかなり選択肢の幅が広くなってはいますが、連動モデルのネックはやはり駐車監視の面だと思います。(アルパイン以外は衝撃検知)

従って駐車監視を重視する場合にはドラレコ単体モデル、そうでなければカーナビ買い替えの際に連動モデルを入れてみるの良いのではないかと感じますね。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ドライブレコーダー メニュー

■ 最新版 おすすめドライブレコーダーのまとめ

■ ドライブレコーダー人気ランキング

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう