こんにちは!Omiです。

アルパインから7月に2020年モデルの2カメラドライブレコーダーが3機種発売されていますが、今回は2.7型液晶を搭載したカーナビ連動ドライブレコーダー、「DVR-C370R」について解説します。

同時発売されている2機種との違いはこちらの通りです。

 DVR-C310RDVR-C370RDVR-C320R
ナビ連動×
解像度前後:1920×1080/29fps
視野角前:対角144°
後:対角140°
前:対角143°
後:対角160°
前:対角144°
後:対角160°
補正WDRWDRHDR
GPS別体付属別体付属内蔵
WiFi×
フォーマット不要
スーパーナイトビジョン×
駐車監視動体検知+衝撃検知動体検知+衝撃検知
タイムラプス+衝撃検知
動体検知+衝撃検知
タイムラプス+衝撃検知

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DVR-C370R」のスペック

「DVR-C370R」のスペックはこちらの表の通りです。

DVR-C370R
20.07発売
フロント:1920×1080/29fps/WDR
リア:1920×1080/29fps/WDR
LED信号対応
視野角
フロント:対角143°
リア:対角160°
microSD付属32GB/最大128GB
フォーマット不要
GPS別体付属
駐車監視モード
タイムラプス/自動起動
専用ケーブル付属(3芯)
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

スタンドアローン型の「DVR-C310R」と同様にこちらも韓国のドラレコ最大手「THINKWARE」のOEM製品であると考えられますが、カーナビ連動と言う特殊仕様なのでベースモデルが分かりにくくなっています。

デザインとレンズスペックなどから推察するに、おそらくベースは「X700」と言う製品ではないかと考えられます。

まぁ、双子の兄弟を見てるようにクリソツですね…。

【THINKWARE X700】

【DVR-C370R】

イメージセンサーの仕様なども「X700」と共通しています。

THINKWAREはイメージセンサーの型番などを積極的に公開しないメーカーですが、上位の「F800 PRO」にはIMX291(STARVIS)と明記されていますので、どうかと思ったのですが、こちらの英語版の説明書にはフロントはIMX291と書かれています。

ただし、リアカメラは画素数がIMX291を含めてSONYの200万画素のどのセンサーとも一致しない2.12Mピクセルとなっている事から、SONY以外のSamsung製のセンサーを使っているものと推察されます。

ハードウェア構成ではTHINKWAREの前後STARVISのF800系(日本ではセイワのPDR800FR)の下位と言う位置付けですので、こちらもやはり微妙かなぁ~と言う印象です。

セイワ 前後STARVIS搭載 2カメラドライブレコーダー「PDR800FR」のレビュー、評価

駐車監視について

駐車監視については他のTHINKWARE製品と同様に、安定の動体検知+衝撃検知、タイムラプス+衝撃検知となっており使い勝手の良い仕様です。

カットオフ電圧は11.6~12.3V、タイマーは3/6/12/24/48時間となっています。

まとめ

カーナビと連動する点が本機の最大のセールスポイントですので、スタンドアローン型と比べてどうか?と言うのは条件が厳しくなり過ぎてしまうかも知れません。

カーナビか側からドラレコを操作、カーナビでドラレコ映像を再生が可能、と言う部分が本機の最大のセールスポイントで、ドラレコ機能も悪くはなくTHINKWAREの「F770」とセイワの「PDR800FR」の中間の性能となっていますので、アルパインのカーナビ連動ありきで考えるなら悪い選択ではないと思います。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

前後2カメラ SUPER NIGHT VISION対応 THINKWARE「F770」のレビュー、評価

セイワ 前後STARVIS搭載 2カメラドライブレコーダー「PDR800FR」のレビュー、評価

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!