ディーラー向け3カメラドライブレコーダー Jes「DRC-35ST」

こんちには!Omiです。

Jesと言えばディーラー向けのドライブレコーダーをおそらくHPのOEM先で生産しているドラレコーメーカーですが、今夏頃に発売されたと見られる3カメラのドラレコーメーカー「DRC-35ST」の仕様がなかなか素晴らしい事に気が付きました。

特定のディーラーなどでしか販売されていない製品ですが、今後HPからも類似製品が出てくる可能性がありますので「DRC-35ST」の製品概要について見ておきましょう。

DRC35ST 商品紹介動画

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DRC-35ST」スペック

「DRC-35ST」のスペックはこちらの表の通りです。

DRC-35ST
20.??発売
フロント:2560×1440/27.5fps
インナー:1920×1080/25fps
リア:1920×1080/25fps
LED信号対応
録画視野角
水平102°/150°/98°
microSD付属32GB/最大256GB
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知/自動起動
衝撃検知/自動起動
タイムラプス/自動起動
専用ケーブルはOP
説明書

イメージセンサーの型番は公開されていませんが、フロントが400万画素、インナーとリアが200万画素、出力解像度はフロントが「2560×1440」、インナーとリアが「1920×1080」と書かれています。

映像の特徴を見る限り、かなり夜間の撮影能力が高い印象ですので、「IMX335」「IMX307」辺りが使用されているものと推察されます。

また、録画視野角についてはフロントカメラはやや狭い水平102°、リアが水平98°ですが、インナー側がやたらと広く、水平150°で左右のガラスのほぼ全域をカバーしています。

因みに今一番売れているであろう3カメラモデルのVANTRUE「N4」の水平録画視野角は、前:108°、中:128°後:122°となっており、インナー側の視野角がもう少し欲しいと感じる部分がありました。

リアはN4の方が広いですが、このタイプの3カメラの場合、横方向はインナーカメラに映る為、リアカメラはナンバーの認識を重視したいところですので、「DRC-35ST」の水平98°でも何ら問題は無いと言うより、こちらの方が理想的かも知れません。

フロントカメラの視野角が水平108°なので、もう少し広角が望ましいですが、3カメラモデルとしての全体のバランスは非常に良いと言えそうです。

駐車監視モードについて

駐車監視モードについてはこちらの説明書を見る限り、以下の仕様のようです。

駐車監視の仕様にはOPの専用ケーブルが必要であり、エンジンのON/OFFに連動して、予め選択してあるこちらの3つのモードのずれかが起動する。

・常時録画+衝撃検知/自動起動
・衝撃検知/自動起動
・タイムラプス/自動起動

エンジンOFFから10秒以内に操作を行なうと駐車監視をキャンセルして電源が落ちる。

駐車監視モードも比較的扱いやすい仕様かと思います。

まとめ

以上、Jes「DRC-35ST」の特徴について解説しました。

価格は不明ですが、ディーラーで勧められている場合、性能的にはハイレベルだと思いますので、価格があまりにも高いという事でなければ前向きに検討しても良いと思います。

3カメラで価格が引っかかるならVANUREの「N4」がおすすめです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

実機レビュー VANTRUEの3カメラSTARVISドラレコ「N4」の評価
...

コメント

  1. 田中太郎 より:

    このドラレコだけ欲しいですね!
    通販でも買えれる物だったら即買いしますね。

    • 管理人Omi より:

      田中様
      このメーカーは通販規制がかなり厳しい印象なので残念ですね。

タイトルとURLをコピーしました