コムテックの「DC-DR531」は指定店舗向けの超広角フルハイビジョンモデルです。

同社の似たようなモデルがいくつかある為に非常にややこしいのですが、このモデルについてご質問を頂いたので、ざっくりと特徴をご説明します。

「DC-DR531」の特徴

コムテックは指定店舗、量販店、通販サイト向けにベースとなるモデルの仕様を若干いじくって販売していますが、このモデルに関しては通販モデルで言えば「HDR-751GP」とほぼ同等品となります。

DC-DR531
18.0?発売
1920×1080/29fps
全国LED信号対応
水平130~132°
HDR/WDR
付属16GB
最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
同梱
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

基幹になる型番は「HDR-751G」であり、「HDR-751GP」はこのモデルに駐車監視用の専用ケーブルがセットになったモデルとなります。

また、量販店モデルでもソックリな「HDR-75GA」と言うモデルがありますが、「DC-DR531」も含めてこれらのモデルは全て微妙な仕様が異なり、ガチでの価格競争が起きないような配慮がなされています。

調べれば分かる事なのですが、ユーザーにとっては面倒臭い違いだと感じますね…個人的には。

各モデルの違い

類似モデルの「HDR-751GP」、「HDR-751G」、「HDR-751GP」、「HDR-75GA」の4つの違いを一覧にまとめると以下の表の通りとなります。

 DC-DR531HDR-75GAHDR-751GHDR-751GP
付属ケーブル駐車監視用3芯シガーケーブルシガーケーブル駐車監視用3芯
レー探連動--
逆走警報--
事故ポイント--
ヒヤリハット--
オービス警報-

最もメジャーな「HDR-751GP」と比べると、「DC-DR531」はレーダー探知機との連動機能がない代わりに①逆走警報、②ヒヤリハットポイント、③事故ポイントなどのGPSアナウンスが充実している点となります。

ドラレコとしての性能、利便性は極めて高い

「DC-DR531」はベースが「HDR-751GP」となっていますので、録画視野角は水平132°程度、白潰れ耐性は業界最高レベル、ナンバー認識精度もフルハイビジョンモデルの中では上位に位置します。

また、駐車監視に関しても利便性が非常に高く、ほぼ全機能ありの仕様となっています。

コミコミ価格がどれくらいになるかがポイント

ベースモデルにはなく、「DC-DR531」にある機能は、①逆走警報、②ヒヤリハットポイント警報、③事故ポイント警報の3つとなります。

個人的には差別化の為に申し訳程度の仕様変更のレベルかと思いますので、ポイントはやはり取り付け工賃込みでの価格になりますね。

ベースモデルの通販価格を考えると、工賃込みで2.5万円ならかなり安い、3万円なら普通、3.5万円だと高い、と言う感覚です。

「DC-DR531」のまとめ

ディーラーOPやメーカー純正のドラレコは価格だけ高く、性能が微妙なモデルが多いですが、「DC-DR531」は競合の激しい通販での人気も非常に高い「HDR-751GP」がベースとなっている為、性能・機能面では申し分ないと思います。

なお、11月に「HDR-751」系統の上位である最新モデル「HDR852G」が発売されていますので、「DC-DR531」が気になっている方はこちらも検討してみては如何でしょうか?

コムテック超広角・超高解像度ドライブレコーダー「HDR852G」のレビュー、評価

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう