※2018年12月1日更新~最新モデルとの比較を踏まえて内容を全面的に見直しました。

「HDR-351H」「HDR-352GH」「HDR-352GHP」の3モデルはコムテックの2017年モデルですが、2018年末現在でも同社・他社のハイエンドモデルと比較した場合、ある部分においては全く引けを取らない性能を維持しています。

2018年2月には「HDR-751G」と言う後継モデル的なドライブレコーダーも発売されていますが、マウントの形状や設置の際の液晶角度が微妙に異なり、デザインでは「HDR-351/2系」の方を好む方もいるかも知れませんし、まだまだ型落ちモデルとは言えない人気を誇っています。

また、2018年11月に発売された超高解像度・超広角の「HDR852G」と比較しても、HDRモードでは「HDR-351/2系」の方が実用性が高く、「HDR852G」が全ての面で「HDR-351/2系」を超えているという訳でもありません。

■ コムテック 2018年モデルドライブレコーダー「HDR-751G」のレビュー、評価

■ コムテック超広角・超高解像度ドライブレコーダー「HDR852G」のレビュー、評価

「HDR-351H」「HDR-352GH」「HDR-352GHP」のスペック

これらの3モデルの違いは、「HDR-351H」がGPS非対応(レーダー探知機吸出しは可)、「HDR-352GH」はGPS内蔵、「HDR-352GHP」は駐車監視用の専用ケーブル「HDROP-05」がセットになったモデルですが、機能や画質の部分では共通となります。

HDR-351H 352GH 352GHP
17.01発売
1920×1080/29fps/HDR/WDR
LED信号対応
録画視野角 水平130~132°
microSD付属8GB
microSD最大32GB
GPSなし/内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃録画
自動起動/手動起動
専用ケーブル
HDROP-05
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

デザインについて

「HDR-351/2系」は単体モデルのドライブレコーダーとしてはかなり大き目で、2018年最新モデルの「HDR852G」とほぼ同じサイズ、デザインです。(マウントは旧タイプの為、「HDR-351/2系」の方が大きい)

セット内容については、8GBのmicroSD、シガー電源ケーブル、マウント、その他取り付け部品等になり、「HDR852G」と同様にマウントは上下・左右に向きを変える事が出来ます。

※以下「HDR852G」の事例ですが、「HDR-351/2系」も同様です。

なお、電源ケーブルは12VのDCプラグですので、USBなどの5V電源はそのままでは使用出来ません。

各種ボタンやスロット配置は以下の通りです。

筐体上部は電源ポートのみ。

運転席から見て向かって右側はmicroSDスロットと「かんたんスイッチ」

この「かんたんスイッチ」の機能割り当てを駐車監視とする事で、自動・手動での駐車監視の出入りが可能になります。

向かって右側にはDR-LINKポートとリセットボタン

このDR-LINKポートは、レーダー探知機との連動時やモニターなどへの映像出力時に使用します。

画質について

画質については2017年12月1日公開のファームウェアで再テストを行っており、初期版に比べるとHDRモードでのノイズの軽減され、夜間の明るさはやや下がった印象を受けます。

■ ファームウェアダウンロード

録画視野角について

録画視野角については「HDR-751G 」とほぼ同等で、水平132°程度は出ているかと思われます。(録画視野角、画質の面では全く同じ)

2018年11月末現在の超広角モデルの録画視野角ランキングは以下の通りとなりますので、現時点でもまだまだ飛び抜けた録画視野角を誇っていると言っても過言ではありません。

 

①「HDR852G」WDRモード~水平146°

②「HDR-351/2系」~水平132°

③「HDR-751G」~水平132°

④「DRV-830」~水平132°

⑤「SN-SV70c」~水平132°

精細感について

「HDR-351/2系」はフルハイビジョンで超広角モデルですので、ナンバー読み取り精度の面ではやや不利になる部分もありますが、「2560×1440」の「DRV-830」には及ばないものの、コントラストが強く出る画質の為、「SN-SV70c」や「HDR852G」のフルハイビジョンHDRモードよりもナンバーの認識精度は高いです。

白潰れ耐性について

トンネル出口などでの白潰れ耐性については、「HDR-351/2系」は「HDR-751G」と並び最新モデルと比較しても一つ頭が抜けている印象ですね。

夜間の明るさについて

夜間の明るさについては、ほとんどのドラレコはある程度以上の光源がある場所、暗い場所での特性が異なりますが、「HDR-351/2系」はSTARVIS対応モデルと比べると明るさは一格落ちますが、①明るい場所、②ヘッドライトのみが点灯している状況下、③暗い場所の全てにおいて未だにトップクラスの実力に近いかと思います。


西日本LED信号の見え方について

西日本エリアでは未テストですが、本機は他のコムテックのモデルと同様、29.1fps機なので以下のよう見え方になるかと思います。

駐車監視の仕様と運用方法について

コムテックのドライブレコーダーは機種によって駐車監視の仕様が微妙に異なり、非常に分かりにくいのですが、「HDR-351/352系」については以下の通りとなっています。

①使用する常時電源ケーブルはDC12Vプラグの3芯ケーブル「HDROP-05

②駐車監視の各種設定は衝撃感度のみドラレコメニュー、タイマー・カットオフ電圧は「HDROP-05」のディップスイッチで行う

③駐車監視モードは「常時録画+衝撃録画」

④衝撃感度は駐車監視モード専用に低・中・高

⑤駐車監視からの復帰時にイベント告知はなし、衝撃検知のキャンセルタイマーは降車時のみ「2分」の固定

⑥カットオフ電圧の設定はディップスイッチで「11.8V/12.2V/23.6V/24.4V」

⑦タイマー設定「4/8/12時間」(常時オンはなし)

 

駐車監視の運用手順はやや面倒ですが、以下の通りです。

①ドラレコの駐車監視は「ON」設定(簡単スイッチを「駐車監視」に設定する事でONになる)

②エンジンオフの際は操作なしで駐車監視モード起動

③エンジンオンで自動で常時録画に戻る

④自宅駐車場ではかんたんスイッチを「駐車監視」以外に設定する

⑤エンジンオフでドラレコの電源が落ちる

※かんたんスイッチの設定は「駐車監視」固定で、電源プラグを抜く方法もあり

 

「HDR-351/2系」は駐車監視の運用が面倒なので、使用頻度が高いのであれば画質が全く同じ「HDR-751G」の方をおすすめします。

コムテック 2018年モデルドライブレコーダー「HDR-751G」のレビュー、評価

外部電源を使用しての駐車監視について

ドラレコ用外部電源の「UPS300」を使用しての駐車監視については、およそ9時間の録画が可能でした。

ドライブレコーダー駐車監視用バッテリー 「UPS300」の使い方

接続方法は専用の常時電源ケーブル、エーモンのシガープラグを使用し、以下の写真の通りとなります。

①黄色(常時)をバックアップポートに挿した「スイッチ付きプラグ」の+に接続

②赤(ACC)をパススルーポートに挿した「スイッチなしのプラグ」の+に接続

③黒のアースケーブルはどちらかの-に接続(アースは常時内部で繋がっているので、車両のボディアースに落とすのも可)

 

なお、今回改めて諸々のテストを̪して気が付いたのですが、専用ケーブルの「HDROP-05」がなくても外部電源を使用すれば「かんたんスイッチ」を押して手動で駐車監視の出入りを行う事は可能です。

microSDカードのテスト状況

「HDR-352GH」は標準では32GBまでのmicroSDカードの使用が可能となっていますが、以下の64GB・128GB・200GBのmicroSDカードがドライブレコーダー本体のフォーマット機能によるフォーマットで使用出来ました。

1時間の録画再生では問題は見られませんでした。

※以下のカードについても読者の方からドラレコでのフォーマットで使用可能との報告アリ。

地デジへのノイズの影響について

地デジへのノイズの影響はギリギリフルセグが映る場所でも確認出来ませんでした。

※車種やカーナビの種類、アンテナの位置により結果は変わる可能性があります。

ファイルの録画形式と再生方法について

録画ファイルの拡張子はMOV、映像のコーデックはH.264、音声コーデックはPCM signed 16-bit(圧縮なし?)となっています。

専用ビュワーでの再生

PCの専用ビュワーは「HDRviewer3」が該当します。

再生機能については、0.5/2/4倍速、デジタルズーム、Google Map上への走行軌跡の表示などが可能です。

動画部分をダブルクリックで動画のフルスクリーン表示も可能でした。

OBDⅡ接続したレーダー探知機と連動させる事で、水温・スロットル開度・エンジン回転数・インマニ圧などのメーター類を表示させる事も出来ます。

※「HDR-751G」「HDR852G」とは異なるビュワーで、この2モデルはハンドル舵角、ウィンカー、ブレーキ等の表示項目もあり。

PC汎用ビュワーでの再生

Window 7→10にアップグレードしたPCではメディアプレイヤー12での映像・音声の再生が可能でした。

スマホでの再生

iPhoneでの再生に関しては以下のカードリーター機能付きのモバイルバッテリーを使用して、iPhone 7での再生が可能でした。

ドライブレコーダーの動画をスマホで再生 Remax RePower 10000mAh

android端末ではカードリーダー経由で「XPlayer」での再生が可能でしたが、カードスロットがある場合にはそちらでも問題ないでしょう。

「HDR-351H」「HDR-352GH」「HDR-352GHP」の総評

2018年の各社のモデルの登場で影が薄くなった感はありますが、「351/2系」は未だに他社のモデルと比べると以下の3つのポイントで飛びぬけているのは確かです。

  • 録画視野角の広さ
  • 夜間の明るさ
  • 逆光補正の強さ

HDRモードの逆光補正の強さに関しては昼夜ともに「HDR-852G」「SN-SV70c」「DRV-830」よりも明らかに上ですので、これらの3モデルよりも優れている部分もあります。

特に夜間の走行中に前方の車にヘッドライトを当てた状態では「HDR系」のナンバー認識精度の高さ目立ちました。

「HDR-751G」とどちらを選ぶか迷っている場合には、駐車監視の利便性を考えると「HDR-751G」になりますが、ドラレコをミラー裏に隠さないような運用方法で駐車監視を行わないという事であれば、「351/2系」の方が若干価格が安いので検討してみる価値はあるかと思いますね。

(編集長:Omi)

「HDR-351/352系」と競合するモデルはこちらです。

■ 高画質なドライブレコーダー5選

■ 夜間が明るいドライブレコーダー14選

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう