2017年後半から2018年に掛けて、ユピテルのドライブレコーダーのモデル更新の頻度が上がっているように感じるのですが、今回はおそらく「DRY-V2」の後継的な位置付けであろう、円筒型のコンパクトモデル「DRY-SV1050c」が発表されています。

価格帯的には1.4万円程度のデビューとなっていますが、おそらくここから1~2千円程度の変動がありそうですので、特にリアウィンドウに設置するモデルとして注目しています。

「DRY-SV1050c」でバージョンアップされているポイント

先代の「DRY-V2」は2016年の8月に発売されたモデルですが、ユピテルは2017年からCMOSセンサーやチップセットを大幅に新しいものに入れ替えており、「DRY-V2」については1世代前の基本設計という印象が強いモデルでした。

■ ユピテル エントリークラスドライブレコーダー「DRY-V2」のレビュー、評価

※HDR補正などを絡めたダイナミックレンジの広さや、精細感、録画視野角の面で2017年以降のモデルには及ばなかった。

今回発表されいる「DRY-SV1050c」では、表面上のスペックでは録画視野角が水平110°と10%アップし、動体検知モードが追加されています。

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRY-SV1050c
18.05?発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/27.5fps
LED信号対応
録画視野角 水平110°
HDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS非対応
駐車監視モード
動体検知
専用ケーブル
OP-E1060
OP-VMU01
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

見えない部分の改善点として、ダイナミックレンジの広さや、精細感が2017年以降のモデルに準拠していると考えられます。

競合モデルはAUTO・VOX「D6 PRO」辺り

現状、ネット通販で最も人気のある円筒タイプのエントリーモデルは、1.1~2万円のAUTO・VOXの「D6 PRO」辺りになろうかと思います。

■ 「AUTO・VOX」WiFi対応ドライブレコーダー「D6 PRO」のレビュー、評価

AUTO・VOXの「D6 PRO」はWiFi搭載のモデルである為、付加価値の面ではやや異なる部分もあるのですが、録画視野角が水平110°と「DRY-SV1050c」とほぼ同じと似たような特性と価格帯になっています。

とは言え、デザイン的な部分ではDの方が横幅が短い為、こちらの方が好みと言うユーザーもいると思いますし、日本のメーカーの製品に魅力を感じるケースもあろうかと思います。

AUTO・VOXの「D6 PRO」は説明書が簡素ですし、液晶なしのWiFi通信が前提のモデルですので、ガジェット系が苦手な方には取っ付きにくい面もあるでしょう。

従って、円筒タイプのコンパクトモデルで、ユーザーを選ばないベースモデルは「DRY-SV1050c」の方になるかと思います。

おそらく、GPS内蔵でWiFi対応の上位モデルもじきに発表されるでしょう。(あくまでも予測)

円筒タイプで高解像度モデルの需要もある筈なので、FHDでWiFi対応のGPS内蔵モデルと「2560×1440」の高解像度モデルも商品構成の一環として良いのではないかと思います。

「2560×1440」のWiFi対応高解像度モデルとしては、指定店舗モデルの「DRY-SV8100d」がありますのでこのモデルのネット通販版となるでしょうか?

少し様子を見て「DRY-SV1050c」の上位モデルが出そうなのかを見極めてからテストを検討したいと思います。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダー メニュー

■ 最新版 おすすめドライブレコーダーのまとめ

■ ドライブレコーダー人気ランキング

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう