コムテックから「2560×1440」の超高解像度の録画に対応した超広角ドライブレコーダー「HDR852G」が発表されています。

レンズ視野角は水平129°となっていますが、過去のコムテックのドラレコを見ている限り、おそらく132°くらいあるのではないか?と予測しています。

「HDR852G」は型番的には「HDR系」でレーダー探知機連動の箱型モデルとなりますので、「HDR-351/2」系統の直系の後継上位モデルと言えそうです。

「HDR852G」のスペックと特徴

「HDR852G」のスペックは以下の表の通りです。

コムテック
HDR852G
18.??発売
2560×1440/29fps/WDR
2304×1296/29fps/WDR
1920×1080/29fps/HDR
全国LED信号
水平129°(HDR/レンズ)
水平144°(WDR/レンズ)
付属16GB
最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
HDROP-014
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

気になるポイントはやはりナンバー認識精度の高さかと思います。

「HDR852G」では、解像度を「HDR-351/2」系統の「1920×1080」から「2560×1440」に上げて来ており、この解像度にコムテックの強烈なHDR補正をガッツリ掛けると、チップセットにかなり負荷がかかり、データ容量も大きくなりそうです。

データを圧縮し過ぎて画質を落としてしまっては本末転倒だと思いますので、高解像度なのに精細感が高くない…と言う悲しい状況は避けたいところですが、この辺りは実際に使用してみなければ分かりませんね。

なお、microSDカードは32GBまでがサポート範囲内で最高画質では177分までの録画が可能となっています。

「HDR-351/2」の約半分の録画時間ですので、精細感の部分では期待しても良いかも知れません。

少なくとも、ほぼ同じ録画視野角である「HDR-351/2」系からは大幅な改善を期待しますし、ケンウッドの高解像度だけど精細感が高くない「DRV-830」の精細感は超えてくれないと困ります。

精細感が期待通りなら、単体ドラレコとしては走行時・駐車監視時ともに最強に近い究極系のモデルになるかも知れませんね。

■ 「HDR852G」取扱説明書

※どうやらフルハイビジョンを超える解像度だとHDRは使えずWDRになってしまう模様です。

駐車監視の仕様について

コムテックのドライブレコーダーは機種によって駐車監視の仕様が微妙に異なり、非常に分かりにくいのですが、「HDR852G」については以下の通りとなっています。

①使用する常時電源ケーブルは3PINカプラーの「HDROP-014

②駐車監視の各種設定はドラレコのメニューから行う

③駐車監視モードは「衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス」のいずれか(衝撃は5秒前から録画)

④衝撃感度は駐車監視モード専用に低・中・高

⑤駐車監視からの復帰時に告知あり、キャンセルタイマーは乗車降車時それぞれ「1分/3分」から選択

⑥ナイトビジョンの設定「オン/オフ」

⑦カットオフ電圧の設定「11.7~12.2Vで0.1V刻み、23.4~24.4Vで0.2V刻み」

⑧タイマー設定「0.5/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/常時オン」

⑨衝撃録画停止設定「オン/オフ」(駐車監視中に衝撃録画を行った場合、上書き防止の為に5分後に録画停止)

 

基本的には便利機能全部ありのパターンですが、衝撃感度の最高値がどれくらいの数値なのかが気になりますね。

なお、「HDR852G」には「HDROP-014」と合わせて使用する事で駐車監視モードをオンにしていても一時的にキャンセルする「駐車監視モードパス機能」、駐車監視モードをオフにしていても一時的に駐車監視を行う「ワンタイム駐車監視機能」が搭載されており、駐車監視の運用面では最も利便性の高い構成となっています。

また、駐車監視ナイトビジョンの設定項目もありますので、このモードの出来が気になるところではあるのですが、①広視野角、②高精細、③強補正、④高暗視能力、⑤優利便性の全てが揃う可能性があります。

レーダー探知機との連動機能

当機は液晶ありのモデルの為、同社のレーダー探知との連動は必須ではありませんが、レーダー探知機と連動させる事でミラー裏などに設置した際に操作が容易になります。

■ ドラレコ・レーダー探知機接続対応表

※OPの相互通信ケーブル「ZR-13」「ZR-14」が必要

レーダー探知機と連動させた状態では走行時はレーダー探知機側から電源が供給されますが、駐車監視については別途「HDROP-014」が必要になります。

なお、「HDR852G」の専用PCビューワーは「HDRviewer5」となっており、レーダー探知機をOBDⅡ接続している場合には「ブレーキ・ハンドル舵角・ウィンカー」などの項目をビュワー上に表示させる事が可能です。

その他オマケ機能

その他のオマケ機能として「HDR852G」には以下の機能が搭載されています。

①ドライブサポート(急発進、急減速、急ハンドル警報、長時間運転警報)

②オービス警報

③高速道路での逆走警報

④都市高速出口アナウンス

⑤事故ポイント・ヒヤリハットポイントアナウンス

⑥先行車発進アナウンス

⑦先行車接近アナウンス(時速60km以上)

⑧車線逸脱アナウンス(時速60km以上)

 

これらの機能は精度の問題もあり、必ずしも実用的とは言えませんが使えると感じたもののみオンにしておくと良いでしょう。

「HDR852G」のまとめ

以上、「HDR852G」の特徴と見るべきポイントについてざっくりと説明しました。

コムテックのドラレコのハイエンドクラスは、逆光補正が強烈で夜間もそれなりに明るく、録画視野角も広く、駐車監視の利便性も高い為、現状では国内で人気No.1のメーカーとなっています。

ただ1点物足りなく感じるのは、フルハイビジョンを超える高精細モデルが発売されていなかった点でした。

ドライブレコーダーとしての基本的な仕様が熟成されているだけに、「HDR852G」の文字認識精度は非常に気になるところですし、出来が良ければ特にユピテルやケンウッドの最上位モデルを喰って行きそうな予感がします。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう