※12月31日まで割引クーポン配布中です。(記事下)

8月の常磐道煽り&殴り事件から車内録画が出来るドラレコの注目度が一気に高まっており、先日はまさにその煽り事件で被害者の方が使用されていたVANTRUE「N2 Pro」をご紹介したばかりですが、今回はMAXWINの一体型2カメラドラレコ「DVR-D021」についてサンプル提供頂いていますので、先攻の「N2 Pro」とのガチ比較テストを実施しました。

「DVR-D021」は前後に200万画素の夜間特化型STARVIS対応センサー、SONYのIMX307を搭載していますので画質の特徴次第では一気にこのカテゴリーの大本命に駆け上がる可能性を秘めています。

「DVR-D021」のスペック

「DVR-D021」のスペックは以下の表の通りです。

DVR-D021
19.09発売
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
レンズ視野角
フロント:対角150°
リア:対角150°
LED信号対応
microSD付属なし
microSD最大128GB
GPSはOPマウントに内蔵
駐車監視モード
動体検知
手動起動
専用ケーブル
CAB-DVR03
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

一応、フロントカメラについては「2560×1440」の録画モードもありますが、IMX307は207万画素のイメージセンサーですので、フルハイビジョンの録画モードと精細感は変わりません。(検証済み)

ですので、録画モードをは前後フルハイビジョンを選択する事になります。

付属品とデザインについて

「DVR-D021」のレビュー概要は以下の動画でも視聴出来ます。

「DVR-D021」のセット内容は至ってシンプルで以下の通りとなります。

①ドラレコ筐体

②マウント

③miniUSBシガー電源ケーブル

取扱説明書についてはウェブでのダウンロード版になります。

■ 「DVR-D021」取扱説明書

本体のデザイン

本体デザインは横長の長方形。

車内側には右側にサブカメラと4灯の赤外線LED、2.0型液晶が配置されています。

下側には5つの操作ボタンが配置。

左側面には上からminiUSB電源端子、GPS端子、microSDカードスロットが装備されています。

ライバル機のVANTRUE「N2 Pro」と比較するとこのようなサイズ感です。

マウント

マウントは小振りの両面テープタイプが付属しますが、今回は合わせてGPSアンテナ内蔵の吸盤マウントも送って貰いました。

L字のピンを本体側面の端子に挿し込む形です。

シガー電源ケーブル

シガー電源ケーブルはminiUSBタイプで、根元にはUSBポートが装備されていますのでスマホなどの充電が可能です。

microSDカード

microSDカードはOPですが、今回は合わせてMAXWIN純正U3の128GBをご提供頂きました。

「DVR-D021」の取付について

今回は初期型のリーフに「DVR-D021」の取り付けを行いました。

「DVR-D021」のインターフェイスについて

起動時間は2カメラドラレコとしては標準的な12秒程度です。

インターフェイスは中華系のドラレコでは良くあるタイプのメニューのトップツリーが①録画系、②システム系、③静止画系、④再生系の4つに分かれるタイプで、私が苦手なやつです。

メニューに入るにはOKボタンで録画停止、メニューボタン一度押して録画メニュー、二度押しでシステムメニュー、長押しで静止画メニュー、二度長押しで再生メニューと切り替わります。

ボタンが5つあり、下から覗き込まないとボタンが見えず、どれがどのボタンかは分かりにくいので操作性は良くありません。

また設定画面から抜けた後に自動で録画が再開されませんので、設定後は一度電源を切るかボタン操作で録画を開始する必要があります。

中華メーカーに多い仕様ですが、今回も複数台の比較際に本機の設定変更後の録画再開ボタンの押し忘れがあり、撮り直しが必要になりました。

ドラレコを扱いなれていないユーザも押し忘れる可能性大なので、この点は注意が必要です。

※実際の操作は動画で解説しています。

 画質について

「DVR-D021」の画質については、フロントカメラはVANTRUE「N2 Pro」、インナーカメラは以下の3モデルと昼夜の見え方を比較しています。

①VANTRUE「N2 Pro」

②ユピテル「SN-R10」

③コムテック「HDR-352GH」

フロントカメラ

フロントカメラの画質についてはVANTRUE「N2 Pro」と、こちらのポイントを比較しました。

①録画視野角

②ナンバー認識精度

③逆光補正能力

④夜間のナンバー認識精度

⑤夜間の明るさ

録画視野角について

録画視野角についてはドライブレコーダーとしてはまずまず広めの水平117°でした。

ナンバー認識精度について

ナンバーの読み取り精度についてはフルハイビジョンモデルの中では標準+αクラスです。

逆光補正能力について

もともとSTARVISモデル全般的に逆光補正能力は低めですが、一般的な中華ドラレコよりは白飛びに強くなっています。

夜間のナンバー認識精度について

同様に夜間にヘッドライトが強く反射した部分のナンバープレートは真っ白になり、読み取る事が出来ません。

夜間の明るさについて

夜間の見え方は街灯が多い市街地、ヘッドライトのみでの走行時のいずれにおいても非常に明るく、暗視能力に関してもSTARVIS対応モデルらしい明るさとなっています。

インナーカメラ

インナーカメラについては、車内・車外が広い範囲で昼夜を問わずしっかり録画されるのが理想ですが、カメラの宿命として暗い車内と明るい車外を同時に撮影すると、車外が白く潰れてしまうと言う問題があります。

また、「DVR-D021」や「N2 Pro」の場合には夜間は赤外線で明るさを確保していますが、通常のドライブレコーダーの場合には街灯がまばらな場所では真っ暗に映ってしまいます。

※今回は通常のドライブレコーダーは比較に使用してません。どれも暗い場所でもそれなりに明るく映るモデルです。

今回は「DVR-D021」のインナーカメラの見え方を以下の3つの異なる特徴を持った機種と比較しました。

①VANTRUE「N2 Pro」~「DVR-D021」と同じく赤外線対応だがSTARVISではない

②ユピテル「SN-R10」~STARVIS対応の暗視特化の超広角モデル

③コムテック「HDR-352GH」~逆光補正・明るさに優れた超広角のバランスモデル

比較ポイントはこちらの通りです。

①録画視野角

②逆光補正能力

③夜間の明るさ

※「DVR-D021」のインナーカメラの動画は鏡像で保存されますので、編集で他のモデルに合わせて正像に修正しています。

録画視野角について

車内だけを撮影した場合には録画視野角は気にする必要はありませんが、車外も撮影したい場合には視野角が広ければ広いほど状況の確認の面では有利になります。

結果はこちらの通り。

①ユピテル「SN-R10」~水平138°

②コムテック「HDR-352GH」~水平132°

③MAXWIN「DVR-D021」~水平111°

④VANTRUE「N2 Pro」~水平107°

逆光補正能力について

車内だけが映れば良いのであれば、車外の白潰れは気にする必要はありませんが、車外も撮影したいのであれば逆光補正能力は重要です。

この4モデルの中ではやはりコムテックの「HDR-352GH」が抜群に高く、次いでユピテル「SN-R10」、MAXWIN「DVR-D021」、VANTRUE「N2 Pro」の順となります。

「SN-R10」の場合には白飛びを抑える為に明るい部分に露出を合わせていますので、昼間に車内が暗く映る事があります。

「DVR-D021」は白潰れが出るものの、「N2 Pro」よりは若干抑えられています。

夜間の明るさについて

夜の明るさについては、街灯が多い市街地・街灯が少ない場所・車内・車外で状況が変わります。

「DVR-D021」は赤外線LEDを装備しているものの、街灯がほぼない場所でもカーナビなどのモニターの光だけで充分な明るさを確保できていますので、赤外線撮影モードは駐車監視などの限られた場面、またはモニターレスの車で使用する際にONにするとよさそうです。

赤外線モードをONにすると車外が暗くなってしまいますので、基本は赤外線撮影モードをOFFにしたいところです。

【市街地・赤外線OFF】

【暗い場所・赤外線ON】

【暗い場所・赤外線OFF】

西日本LED信号の見え方について

「DVR-D021」の出力フレームレートは30fpsの固定、録画フレームは1秒に2~3コマのダブりがありますの。

おそらく撮影は27~28fps、出力は30fpsで行っているものと考えられますので、西日本エリアでのLED信号は高速点滅するでしょう。

 駐車監視の仕様と運用について

「DVR-D021」の駐車監視は内蔵バッテリーによる衝撃後の録画と、常時電源ケーブルを使用しての動体検知モードの2種類があります。

動体検知モードについては以下の専用の常時電源ケーブルを使用します。

外部電源を使用した駐車監視の運用

ドラレコ用の外部バッテリー「UPS300」を使用しての駐車監視については、動体検知モードで11時間の録画&待機が可能でした。

■ ドライブレコーダー駐車監視用バッテリー 「UPS300」の使い方

その他の外部バッテリーでの駆動時間の予測は以下の通りです。(駆動の可否のみ確認)

型番UPS300
UPS400
UPS500EN6000EN12000
容量28.8Wh115.4Wh76Wh153Wh
駆動時間11時間44時間29時間58時間
満充電180分240分50分100分

■ ドラレコ駐車監視用バッテリーMEDIK「UPS400」「UPS500」

■ ドラレコ駐車監視用 急速充電バッテリー ikeep MIGHTYCELL

動画の再生方法について

動画の再生については以下の4つの方法をテストしました。

①ドラレコ本体での再生

②スマホでの再生

③PC専用ビュワーでの再生

④PC汎用ビュワーでの再生

ドラレコ本体での再生について

ドライブレコーダーでの再生に関しては液晶サイズがやや小さめですので若干動画の視認性が悪い部類に入ります。

※実際の動画の再生の様子については以下の動画で解説しています。

スマホでの再生について

スマホでの再生はメーカーのサポート範囲外ですので自己責任で行います。

iPhone 7での再生については「Tube Reader」と言うガジェットを使用する事で問題なく可能でした。

android端末については、XPlayerでカードリーダー経由での再生が可能でした。

ドライブレコーダーの動画の見方、ソフトや8つの再生方法のまとめ

PC専用ビュワーでの再生について

PCの専用ビュワーはただいま調整中との事で後日テストを行います。

PC汎用ビュワーでの再生について

PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生、Quick Time Playerでの再生も可能でした。

大容量microSDでの録画・再生状況

「DVR-D021」は128GBまでのmicroSDカードが使用可能ですが、以下の200GB以上のカードは全て使用できませんでした。

■ サンディスク200GB Class10

■ サムスン256GB U3

■ 上海問屋256GB U3

1時間当たりのデータ使用量は10.4GB程度ですので、128GBでは11時間、256GBでは22時間程度の録画データの保存が可能です。

偽物に注意!!ドライブレコーダーにおすすめのmicroSDカードは?

地デジへノイズの影響について

地デジへのノイズの影響のテストは、初期型リーフの純正EVナビで行いました。

ギリギリでフルセグが映る場所での電源のON/OFFの操作で、アンテナの数に変化はありませんでした。

※地デジへの影響は車種やカーナビの種類、アンテナの位置で異なる場合があります。

ドライブレコーダーのノイズ、地デジ電波障害の対策

「DVR-D021」の総評

以上、今回は「DVR-D021」を主に「N2 Pro」と比較してみましたが、デザイン的な部分は好みが分かれると思いますが、フロントカメラ・インナーカメラの性能はいずれも概ね「DVR-D021」の方が上回っている事が分かりました。

フロントカメラ

「DVR-D021」の方が視野角が広く、白潰れに強く、夜間も明るい。ナンバー認識精度は同程度。

インナーカメラ

「DVR-D021」の方が視野角が広く、白潰れに強く、夜間も明るい。STARVISセンサーの為、赤外線LEDに頼らずともかなり暗い場所まで対応できる。

特性的には「N2 Pro」の上位互換的な感じになりますので、デザイン面以外で選ぶなら「DVR-D021」の方が良さそうです。

割引クーポンについて

12月31日までの期間で以下サイトで使用できる割引クーポンを配布しています。

割引額は時々変動します。

■「DVR-D021」販売サイト

コード:d021

商品をカートに入れてからクーポンをご使用ください。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 前後が撮影できる2カメラドライブレコーダー11選

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう