実機レビュースマートミラーのタコ足改善「MDR-C010」の評価

※2021年5月22日更新~実機レビューを追記しました。

こんにちは!Omiです。

MAXWINから久々にスマートミラー型ドラレコが発売されています。

どうやらこの製品は先日ご紹介したAUTOVOXの「X6」と一部仕様を共有しているようですが、よく見ると共有しているのはフロントカメラ部分のみのような気もしますし、全く違った特性の製品である可能性もありますが、取り急ぎ今回は「MDR-C010」の製品概要について解説します。

「MDR-C010」のスペックと特徴

「MDR-C010」のスペックはこちらの表の通りです。

MDR-C010A3/B3
11.88型IPS液晶
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1920×1080/25fpsps
LED信号対応
レンズ視野角
フロント:対角124°
リア:対角124°
リアカメラケーブル0.5m+5.5m+2.5m
microSD付属??/最大128GB
GPSフロントカメラ内蔵
駐車監視モード
衝撃検知/タイムラプス
専用ケーブルは付属
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

「MDR-C010」は12型の貼付型ディスプレイ筐体に、GPSを内蔵するフロントカメラと、一般的なスマートミラーと同様のリアカメラを組み合わせた3ピースセパレートモデルです。

型番の末尾がA3・B3の種類ありますが、A3が車内・車外兼用のリアカメラ、B3には車内専用のリアカメラが付属する模様です。

ポイントはリアカメラをフロントカメラに一旦接続して、フロントカメラからミラー筐体へは1本のケーブルで映像データを送信する形になっている点で、これにより今まで忌避されていたタコ足配線を回避可能となっています。

C010は車内設置のリアカメラは「IMX307」ですが、車内・車外兼用は「IMX307」ではなく、「307DX 9250」と言うセンサーです。(おそらく中華メーカーによる「IMX307」のコピーセンサーと思われる)

「MDR-C010」の付属品とデザイン

今回はMAXWINさんから「MDR-C010」車外・車内兼用リアカメラバージョンのサンプルをご提供頂きましたのでレビューを追記します。

レビュー概要や操作方法等については以下のレビュー動画でも解説しています。

セット内容はこちらの通りです。(microSDカードは付属なし、販売店のセットに依存?)

・11.88型ミラー液晶
・リアカメラ(車内・車外兼用)+ステー2種
・セパレートフロントカメラ
・リアカメラ接続ケーブル(5.5m)
・フロントカメラ接続Type Cケーブル(0.5m)
・3芯直結電源ケーブル
・ゴムバンド
・ふき取りクロス
・ドラレコマグネットステッカー
・取付取扱い説明書

フロント筐体のデザイン

フロント筐体は最近定番化している11.88型の大型液晶です。

本体上部にはスタンダードな1ボタン、このボタンで液晶表示のON/OFFを行います。

左側にはフロントカメラと接続するType Cポート、microSDカードスロットがありますが、従来機と比べると非常にスッキリしています。

フロントカメラのデザイン

フロントカメラはGPS内蔵の平型筐体でレンズは上下のみの可動

背面には電源ボタンとミラー筐体との接続ポートがあり、リアカメラと電源ケーブルは一体化している背面ケーブルと接続します。

ミラー筐体との接続には50cmのType Cケーブルを使います。

リアカメラのデザイン

リアカメラはスマートミラーとしてはスタンダードな車内・車外取付が可能な共用タイプで取り付け位置に合わせた2種類のステーが付属します。

5.5mのリアカメラの接続ケーブルは前後4PINタイプとなっており、リバース信号用の赤い入力線が出ています。

電源ケーブル

電源ケーブルはこちらのミニ平型のヒューズが付いた3芯ケーブルですが、ヒューズの容量が記載されていませんが、おそらく5Aかと思いますので、これをこのまま使う事は避けた方が良い様に思います。

※MAXWINさんに確認したところ10Aだそうです。

※このケーブルにはリアカメラ中継用の2.5mケーブルが一体化していますので、リアカメラからフロントカメラまでのケーブル総長は0.5m+5.5m+2.5mの8.5mとなります。

「MDR-C010」の取付について

今回はアクアに「MDR-C010」の取り付けを行いました。

※今回はMAXWINの純正交換式スマートミラー「MDR-A001B」に被せています。

普通に取り付けると配線はミラー筐体から1本、フロントカメラから2本が露出した状態になりますが、フロントカメラとミラー筐体を繋ぐケーブルをこのようにルーフに上げずにミラーの付け根に巻き付けるなどすれば

このように露出するケーブルを減らす事が出来ます。

リアカメラはリアスポ下に取付けました。

リアカメラ接続ケーブルは0.5m+5.5m+2.5mの総長8.5mですので、ミニバンなどの場合にも配線は無理なくフロントまで届かくかと思います。

赤いバック信号線をバックランプの+線に割り込ませる事でバックギアに連動して映像範囲を切り替える事が出来ます。

一般的な2カメラドライブレコーダーの取り付け手順はこちらの記事で解説しています。

【保存版】自分で前後2カメラドライブレコーダーを取り付ける方法について解説
...

「MDR-C010」のインターフェイスについて

「MDR-C010」の電源ONから録画開始までの起動時間は6~7秒程度で、2カメラドラレコとしては速い部類に含まれます。

インターフェイスは過去の製品とは若干異なるものですが操作性は良好です。

走行画面への表事項目はこちらの通り。

・液晶の明るさの自動調整項目~なし
・GPSの方角表示~他の表示に置き換え可能
・日時表示~表示のON/OFFなし

「MDR-C010」のバックカメラとしての使い勝手

「C010」のバックカメラ機能は、スマートミラーとしてはスタンダードでリアカメラ中継ケーブルの赤線を後退灯などに接続する事でバックギアに連動して画面が切り替わります。

映像の位置とガイド線の調整はドラッグ操作で行う事が可能となっています。

なお、スマートミラーのバックカメラ機能全般には人によっては使いにくいと感じるような問題点もありますので、バックカメラ機能について詳しく知りたいと考えている方はこちらの記事にも目を通しておいた方が良いと思います。

スマートミラーのバックカメラ機能はどこまで使えるものなのか?
...

「MDR-C010」のスマートミラーとしての見え方

スマートミラーとしての見え方ついては、AKEEYOのバランス型スマートミラー「AKY-X2GR」と比較しました。

比較ポイントは次の4つの項目です。

・視野角と後続車両との距離感
・昼間の逆光補正
・夜間の明るさ
・後続車両のヘッドライトの見え方

視野角と後続車両との距離感

「MDR-C010」のスマートミラーとしての視野角は、スマートミラーとして広めの部類に入る水平120°程度です。

広範囲の状況は認識できるものの、その分距離感はつかみにくくなります。

距離感重視の方には、映像の拡大・縮小が可能な「MDR-A001」がおすすめです。

ついに拡縮可能なスマートミラーが登場! MAXWINセパレート2カメラドラレコ「MDR-A001A」「MDR-A001B」
...

昼間の逆光補正

C010の車内・車外兼用は「IMX307」ではなく、「307DX 9250」と言うセンサーで、おそらく中華メーカーによる「IMX307」のコピーセンサーと思いますが、性能も本家SONYと見分けがつかないレベルの高さでコピーされています。

カーエレクトロニクス業界全体の半導体不足により、SONYセンサーの供給が追い付いていない状況が続いており、その為の代替えパーツのようなセンサーですが「IMX307」との性能差は全く感じませんでした。(品質や耐久性は落ちるかも知れないですね)

カメラの逆光補正能力はセンサーだけでなく、ハードウェア全体とソフトウェアのチューニングによって大きく左右されますが、「IMX307」を使用している「AKY-X2GR」との比較では同等上の画質でした。

※今後「307DX 9250」を「IMX307」と偽装して販売する中華メーカーが大量に出てくると予測されます。この場合、型番まで似ている為に分解しても本家との見分けがつかない恐れもあり、中華生産システムの用意周到さに恐れ入ります(笑)

夜間の明るさ

夜間の明るさについては、市街地では「AKY-X2GR」と比べても遜色ないくらいの充分な明るさです。

どちららもHDR補正の恩恵で明る過ぎる部分の光が良く抑えられている印象です。

暗視能力については「AKY-X2GR」よりも若干上と言う結果でした。

 

後続車両のヘッドライトの見え方

後続車両のヘッドライトの防眩能力は、スマートミラーとして最も重視したいポイントです。

ミラーを撮影した映像は白飛びが強いので、ドラレコの映像を見てみましょう。

ベンチマーク基準となる「X2GR」はやや防眩強めのバランス型ですが、ほとんど同じ見え方でセンサーの違いは感じられません。

スマートミラーとしての見え方のまとめ

本機は「IMX307」の代替えセンサーの「307DX 9250」が採用された製品としては初めてテストした製品ですが、イメージセンサーの性能差は感じられず、チューニングバランスなどを合わせたスマートミラーとしての総合評価は、暗視能力が若干優れている点で「IMX307」を採用した「AKY-X2GR」よりも若干上となりました。

その他のスマートミラーとしての一般的な評価はこちらの通りです。

・リアカメラのフレームレート:一般的な25fpsだが慣れるとカクツキは感じない
・ミラーへの車内の映り込みの程度:一般的なレベル、反射を避ける為には画面をオフにした状態で着座位置からリアガラスが見えるような角度には設置すると良い

内装が光を反射し易い淡色系の車は映り込みがきつくなりがちですが、反射防止フィルムを使用すると映り込みが軽減されます。

スマートミラーの反射防止フィルムの効果を4つ比較テスト
...

「MDR-010」のドライブレコーダーの画質と機能・性能について

ドライブレコーダー画質は、次のポイントについてケンウッド「DRV-350」とフロントカメラの比較を行い、リアカメラは「AKY-X2GR」と比較しています。

・録画視野角
・逆光補正
・ナンバー読み取り精度
・夜間の明るさ

フロントカメラの画質

フロントカメラの画質はケンウッド「DRV-350」との比較を行っています。

録画視野角について

視野角については、レンズ視野角が対角124°と記載されていますが、録画視野角の実測値はドラレコとしては標準的な水平107°程度でした。

トンネル出口での逆光補正について

「MDR-C010」は前後カメラともHDR対応と書かれていますが、トンネル出口などでの逆光補正能力はSTARVISセンサーとしてはなかなか高いレベルです。

ナンバー読み取り精度について

フロントカメラのイメージセンサーはSONYの「IMX307」との事ですが、視野角がそれほど広くない為、精細感はフルハイビジョンクラスの最上位レベルにあります。

同様に先行車にヘッドライトの光が強く反射した状態でのナンバーの読み取り能力は、STARVISモデルとしては高い方ですが、ケンウッドのこの世代のドラレコはかなり強めのHDR補正が入っていますので、そちらに比べると白飛びが強く出ています。

夜間の明るさについて

夜の市街地ではSTARVISらしくない明るさで、最近のドラレコ全体の中でもやや暗めと言う印象を受けます。

街灯が少ない場所でのヘッドライトのみでの走行時には標準レベルの明るさとなっており

暗視能力はSTARVISモデルとしては控え目ですが、ドライブレコーダー全体の中ではやや明るめとなっています。

リアカメラの画質

リアカメラの画質はAKEEYOのバランス型スマートミラー「AKY-X2GR」との比較を行いました。

録画視野角について

「MDR-C010」のリアカメラの録画視野角は、「X2GR」より広く、ドライブレコーダーとしてはやや広めの水平115°程度です。

逆光補正について

トンネル内などの逆光補正については、「X2GR」と同等で十分なものとなっています。

ナンバー認識について

昼夜のナンバー認識も「X2GR」と同等以上で、フルハイビジョンクラスとしては最高レベルです。

夜間の明るさについて

夜間の明るさに関してはスマートミラー機能で説明した内容と被りますが、市街地・暗い場所のいずれにおいても最近のドラレコとしてもまずまずの明るさです。

「MDR-C010」のフレームレートとLED信号の映り方について

「MDR-C010」のフロントカメラのフレームレートは27.5fpsですので、西日本・東日本の何れにおいても高速点滅して映るでしょう。

ドライブレコーダーで信号は点滅して映った方が良い?
...

動画の再生方法について

「MDR-C010」の動画の再生については、ミラー液晶、PCの専用ビュワー、PCの汎用ビュワーでのテストを行いました。

ミラー液晶での再生

ミラー液晶での再生に関しては、他社モデルと同様に操作性は良好です。

ほとんど全画面での再生が可能ですので視認性にも優れていますが、映像の範囲を調整する事は出来ません。

PC専用ビュワーでの再生

PCの専用ビュワーはこちらのページの右側、サポートタブからダウンロード出来ます。

■ 「MDR-C010A3」公式


こちらのビュワー必要最低限の機能しかなく、前後カメラの同期再生は出来ません。

※前後と別々にフォルダを開くので、前→後と動画を送る事も出来ません。フロントカメラの次にリアカメラの映像を再生したい場合には、リアカメラのフォルダのファイルを開き直す必要があります。

主な機能はこちらの通りです。

・前後同期再生~×
・前後個別再生~〇
・映像の拡大縮小~×
・地図への走行軌跡の表示~〇
・速度の表示~〇
・方位計の表示~×
・Gセンサーグラフの表示~×(アクティブにならない)
・再生速度調整~×
・明るさの調整~×

PC汎用ビュワーでの再生

PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生も可能でした。

駐車監視について

「MDR-C010」の駐車監視はこちらの2種類のモードをサポートしています。

・衝撃検知
・タイムラプス

付属の電源ケーブルをこのように接続する事で、エンジンのON/OFFに連動して駐車監視モードが起動・終了します。

・赤:アクセサリーヒューズ
・黄:常時電源ヒューズ
・黒:車体アース
ドライブレコーダーの駐車監視用3芯直結ケーブルの接続方法のまとめ
...

なお、本機は駐車中も車両の常時電源ヒューズからの電力で、駐車監視や各種設定の保持を行いますが、キャパシタを搭載しているようですので常時電源からの給電が途切れてもすぐさま設定が飛ぶような事はありません。

駐車監視に関する設定はこちらの通り。

・駐車監視モード:ON/OFF
・タイムラプス:2/1/0.5fps
・タイムラプスタイマー:8/12/24時間/常時
・カットオフ電圧:11.8/12.0/12.4V

駐車監視モードをON、タイムラプスモードをOFFに設定すると衝撃検知のみでの駐車監視モードに入りますが、駐車監視モードに入る際には電子音やメッセージは一切表示されず、画面が消えるだけですのでドラレコの状態が全く把握できません。

ドアの開閉の衝撃を検知してから4秒後にイベント録画が開始されていますが、検知音やインジケーターの点滅はないものの、常時録画モードに戻した際にこのようなメッセージが表示されます。

これを入れるならむしろ駐車監視モードに入るメッセージの方が有難いのですが…。

タイムラプスモードでも同様にインジケーターの点滅や電子音、アナウンスが一切ありませんので、本当に駐車監視モードに入っているのか分からずに不安になる方が多いでしょう。

外部電源を使用した駐車監視の運用について

外部電源を使用した駐車監視のテストは、「UPS400」「MIGHTYCEL」で行い、正常な動作を確認しました。

駐車監視の駆動時間の計測は2fpsのタイムラプスモードで「UPS400」のみで実施しましたが、それぞれのバッテリーでの駆動時間の予測はこちらの表の通りとなります。

※こちらのテストでは「UPS300」での本製品の駆動に問題は出ていませんが、「UPS300/400/500」の出力は12V/1A/12Wまでとなっており、スマートミラー型での運用は電力不足で不具合が出る可能性があります。

従ってMEDIK「UPS300/400/500」では不具合が出る可能性がありますので、「本機」と合わせて使用する場合には24W~36Wと出力に余裕があるMIGHTYCELL、iCELLをおすすめします。

型番UPS300
UPS400
UPS500EN6000/B6AEN12000/B12AiCELL
容量28.8Wh115.4Wh76Wh153Wh422Wh
駆動時間4時間16時間10.5時間21時間52時間
満充電180分240分50分100分150分

ikeep「iCELL B6A/B12A」

ikeep「iCELL B40A」

ikeep MIGHTYCELL

なお、駐車監視モードがONの設定のまま自宅駐車場などで電源を落としたい場合には、電源ボタン長押しで強制シャットダウンが可能ですが、この操作を忘れてしまう、または面倒だと感じる方にはLaBoon!!企画の駐車監視キャンセルガジェット、「iZONE」との併用がおすすめです。

駐車監視の面倒な操作から開放されるLaBoon!!企画の「iZONE」
...

使用可能なmicroSDカードの最大容量

「MDR-C010」のmicroSDカードのサポート範囲は128GBまでとなっていますが、以下の256GB以上のカードでの1時間の録画・再生に異常は見られませんでした。(1時間当たりの録画容量は前後合わせて9~10GB)

偽物に注意!!ドライブレコーダーにおすすめのmicroSDカードは?
...

 地デジへのノイズ干渉について

地デジ・ラジオへのノイズ干渉については「C010」の単体使用では、アルファード+サイバーナビの組み合わせで影響は確認出来ませんでしたが、車種やカーナビの種類、アンテナの位置などで状況は変わる事がありますので結果は参考として捉えて下さい。

ドライブレコーダーのノイズ、地デジ電波障害の対策
...

「MDR-C010」の総評

「MDR-C010」の評価をまとめるとこちらの通りとなります。

取り付け状況について

本機の最大のセールスポイントは、スマートミラー全般で問題になりがちなタコ足配線の改善です。

この点に関しては大きな改善が見られました。

スマートルームミラーとしての評価

「MDR-C010」のスマートミラー機能は一般的な12型モデルと良く似たものではありますが、各項目の評価をまとめるとこちらの表の通りになります。

 明るさ防眩視野角距離感精細感
9型リア200万画素の前後セパレートカメラ
MDR-A001A★★★★★★★★★~★★★★★★~★★★★★~★★★★
MDR-A001B★★★★★★★★★★~★★★★★★★★★★~★★★★★★~★★★★
12型3カメラリア200万画素
AKY-X3GTL 車内カメラ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-X3GTL 車外カメラ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MRC-PRO1G★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
12型リア200万画素の中央レンズ/フロント360° 500万画素
AKY-V360ST車外カメラ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-V360S車内カメラ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
12型リア200万画素のセパレート中央レンズ
MDR-C010★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C009★★★★★★★★★★★★★★★★★★
PR998★★★★★★★★★★★★★★★★★★
10型リア200万画素のセパレート中央レンズ
X6★★★★★★★★★★★★★★★★
HYM-GS350★★★★★★★★★★★★★★★
12型リア200万画素の右レンズ
H612R★★★★★★★★★★★★★★★★★
PR996★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
G850★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C007B2★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-X2GR★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-X3GR★★★★★★★★★★★★★★★★
12型リア200万画素の左レンズ
MDR-G002★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C006A2★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-X2★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AKY-X3G★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
G840S改★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
G840S★★★★★★★★★★★★★★
10型リア200万画素の右レンズ
MDR-C003A1X★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
V5
V5 Pro
★★★★★★★★★★★★★★★★★
PR992★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
10型リア200万画素の左レンズ
YA-350★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C004B3★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C004
MDR-C005B
★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-C005A★★★★★★★★★★★★★★★★
MDR-D001★★★★★★★★★★★★★
MDR-E003★★★★★★★★★★★★★★
MDR-H001★★★★★★★★★★
MR-A001★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SMDR-B001★★★★★★★★★★★★★★★★★
10型リア100万画素の左レンズ
MDR-C002
MDR-C003
★★★★★★★★★★★★★★★
X1/X2★★★★★★★★★★★★
X1 Pro★★★★★★★★★★★★★★★
SMDR-A001★★★★★★★★★★★★★★★★★★
は2pt、☆は0.5pt

 

防眩能力・明るさとも上から2番目のクラスとなっていますので画質のバランスはなかなか良い具合に仕上がっている印象です。

 

「MDR-C010」のスマートミラーとしての視野角は、広めの部類に入る水平120°程度です。

広範囲の状況は認識できるものの、その分距離感はつかみにくくなります。

距離感重視の方には、映像の拡大・縮小が可能な「MDR-A001」がおすすめです。

ついに拡縮可能なスマートミラーが登場! MAXWINセパレート2カメラドラレコ「MDR-A001A」「MDR-A001B」
...

ドライブレコーダーとしての評価

ドライブレコーダーとしては、夜間の市街地でフロントカメラがやや暗い、と言った印象ではあるものの、前後カメラとも逆光には強くダイナミックレンジも広めですので全体的なバランスは悪くはありません。

その他気になるポイントはこちらの1点です。

・駐車監視に入る際に何のアナウンスもなく、ドラレコの状態が掴めない。

この点はファームアップデートなどで改善してもらいたいところです。

「MDR-C010」はタコ足改善が最大のセールスポイントの製品ですし、その他の機能も及第点ですので、見た目のスッキリ感を重視される方は買いで良いと思います。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

ついに拡縮可能なスマートミラーが登場! MAXWINセパレート2カメラドラレコ「MDR-A001A」「MDR-A001B」
...

コメント

  1. アーセナル より:

    記事作成お疲れ様でした。画質は安定のMAXWINさんですので期待出来そうです。
    知り合いの車(5%フィルム付き)にC009Bを取付した際「もう人に勧めるのは全部これでいいんじゃないかな」と思いましたから(笑)

  2. z4z4z4 より:

    こちらのモデルはC009Aのモデルになるのでしょうか?

    現在ドラレコの装着を検討していましてアドバイスいただければありがたいです。

    本当はMDR-A001Aがサイズ的にもスマートにつけれていいなと思っていましたが対応車種ではなく、加工して取り付けることはできるみたいですがそのうち別モデルに変更の際、加工したところのパーツのみディーラで購入することができないみたいで丸ごと交換で10万以上するので泣く泣く諦めました・・・

    そこでMDR-C009AまたはこのC010A3を考えています。
    それに別途360°を付けたいのですがおすすめの組み合わせがありましたら教えてください。
    ミラー型も他でおすすめがありましたら教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      z4z4z4様
      C010A3とMDR-C009Aは全く別物ですが、C010A3の方が新しいのでC010A3の方が良と思いますよ。
      なお、360°ドラレコと組み合わせる前提なら、AKEEYOから360+前後のスマートミラーが出る予定らしいのでしばらく待つのも良いのではないでしょうか?
      ※発売日などは全く不明ですが、これの前後+360°バージョンだそう。
      https://car-accessory-news.com/aky-v360st/

  3. ske より:

    デジタルミラー購入を検討しており、貴サイトは非常に参考になっています。
    MAXWINのMDR-C010B3が今のところ本命で、発売されれば…と思っていました。

    イエローハットに別件で行ったところ「Regeo」の「SZR-1220」という商品がとても似ているのではないかと思い書き込ませて頂きます。
    ビュワーがMAXWINとRegeoと全く同じ(ハッシュ値一致)でしたので製造元は同じだと思います。
    販売元が「(株)イノベイティブ販売」というところで輸入代理店のようなものなのかわかりませんが…

    21/01/27発売で21/05/10現在\38,000程で販売されていました。
    電源取り出しがシガーソケットに、32GBのmicroSDが付属になっているようです。
    SZR-1220のHPで仕様や取扱説明書等公開されているので参考になるかと思います。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      ske様
      確かにそっくりですね。
      イノベイティブ販売の製品は生産背景がMAXWINと被ってるものもあります。
      あんまり多くは語れない事情がありますが(笑)

      • ske より:

        個別ページまで作って解説ありがとうございます。

        タイプミスで「SRZ-1220」が正式型番ですね。
        大人の事情はさておき、ユーザーとしては選択肢が増えることは好ましいですね。

        実機が置いてあり操作した感じでは非常にサクサク動作し、画面の切り替えも非常にスムーズでした。

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          ske様
          MDR-C010も今テストしてますが、悪くないですね。
          駐車監視は扱いにくそうなイメージですけど。

  4. ミャミュミョ より:

    メーカーHPやpdfには「内蔵バッテリー:無」と書かれていますので、たぶんキャパシタは搭載されてないんじゃないでしょうか。
    「※内蔵バッテリーの電圧が低くなった場合作動しません。」とも書かれていますが、こちらはおそらく車載バッテリーのことだと思います。

  5. 本田 より:

    いつも動画、記事参考にさせてもらってます。
    私はマックスWIN MDR-C010の社内取付タイプを購入しました。
    安定化電源で動作確認をして、Fカメラとミラー接続のType-Cケーブルが
    太く取り回しに不便かと、市販のType-Cケーブルを接続したら、
    電源は入っているがミラーに映像が映ってなかったです。
    純正の配線は正常に機能しています。
    Type-Cでも何か種類が違うのでしょうか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      本田様
      ドラレコのケーブルは見た目は同じでも機種固有の仕様になっている事が多いので基本は使えないと思った方が良いですよ。
      電源ケーブルは市販品が使える事もありますが、これも機種によりけりです。

      • katz より:

        こちらの記事とYoutube動画を10回くらい視聴してこの製品を購入しました。

        純正ミラーは残し、本体はダッシュボード上に置いて視線移動が少なく済むような状態で運用しようと考えていたのですが、本田さんと同様市販のTypeCケーブルでは映像が映りませんでした。(無駄に市販ケーブル3本も試した)
        ダッシュボード上に置くには純正の0.5mケーブルでは足りないので、1.5m~2.0mケーブルが必要でした。

        メーカーサポートに問い合わせたところ、TypeC形状ながら中身は独自仕様とのことで、0.5mの純正品以外は用意がないとのことでした。
        多分、標準のUSB信号線に加えて、映像用の信号線が付加されているのだと思われます。

        特注で2mケーブルを製作してもらえないかも聞いてみたのですが、1,000本単位で買い切り前提じゃないと見積もできないと断られてしまいました。

        Omi様、他社のドラレコやデジタルインナーミラー製品で、同じようなTypeC-TypeCケーブルを使っている製品メーカーなどご存知でしたら教えて頂けるとありがたいです。

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          katz様
          電源ケーブルにType Cを使っている製品はたまに見かけますが、カメラケーブルは見ないですね。
          MAXWINさんが「1,000本単位で買い切り前提じゃないと見積もできない」と言うからには、おそらく他の工場でも扱ってないのではないかと考えられます。

  6. 山崎  より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    デジタルインナーミラーを取り付けようと、評判を探しているうちにこちらにたどり着きました。
    こちらではレビューされていないメーカーについて、質問させてください。
    それは、DreamMakerのDMDR-27という機種です。
    これはオートバックスに相談に行ったときに進められた機種です。
    YouTubeで探したのですが、この会社の公式ビデオはかなり出ていたのですが、実際のインナーミラーの写り具合はあまり出ていませんでした。
    この会社の製品についておわかりでしたらば、お教えください。
    よろしくお願いいたします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      山崎様
      このメーカーの製品はMAXWINと同じところで作ってると思いますよ。
      https://car-accessory-news.com/dmdr-27/

      • 山崎 より:

        管理人様

        早速調査頂き、ありがとうございました。
        業界の中では、いろいろあるのですね。
        推薦頂いた、AUTO-VOX「X6],若しくはMAXWIN「MDR-C010」のどちらかにしようと思いますが、X6はシガーソケットよりの電源取得となっていて、直付けの電源コードはどこを探しても見つかりませんでした。
        MDR-C010は、付属ケーブルが直付けとなっており、さらに防眩性能に優れている様なので、第1候補はMDR-C010としたいと思います。というよりも、ほぼ決定です。
        駐車監視機能はあまり重要視しませんが、シガーソケットからは取りたくありません。

        いろいろと役立つ資料を頂き、ありがとうございました。

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          山崎様
          1年位前ならMDR-C010クラスの製品なら2万円台前半で買えていたのですが、最近は半導体不足でどこも高いですね…。

          • 山崎 茂 より:

            管理人様

            いざ購入しようと思いましたが、社内用と社内外兼用の2種類があるとのことです。
            私は車内取り付けなので、DMR-C010B3の社内用の方が良いのでしょうか。SONY製の方が良さそうに思えますが、在庫次第でどちらでも良いのでしょうか。
            度重なる質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

          • 管理人Omi 管理人Omi より:

            山崎 茂様
            こちらでは車外カメラしかテストしていませんので、車内向けカメラと車外向けカメラの違いは分かりません。
            ただし、こちらの記事で書いている通り、

            車外向けカメラは「307DX 9250」と言うセンサーで、おそらく中華メーカーによる「IMX307」のコピーセンサーと思いますが、性能も本家SONYと見分けがつかないレベルの高さでコピーされています。
            https://car-accessory-news.com/mdr-c010/#toc12

  7. 山崎 茂 より:

    管理人様

    ご回答有り難うございます。
    車内に取り付けることを考えておりますので、SONY製の耐久性を考慮し、B3型を購入したいと思います。

  8. sukebo- より:

    商品比較など参考にさせてもらっています。今回DMR-C010B3の購入を検討していますが、純正のミラーがとても分厚いので悩んでいます。ゴムバンドでの固定はどれぐらいの厚さのミラーまで対応できそうですか?

  9. 山崎 より:

    管理人様

    以前この機種のご相談させて頂いた、山崎と申します。
    ようやく新型アクアが納車され、本機種(車内取り付け型)をディーラーにて取り付けました。
    しかしながら1点若干の問題が出てしまいました。その問題とは、バックカメラの見え方ですが、夜間は非常にクリアで、後車のヘッドライトも補正が効いてまぶしいことはないのですが、昼間の晴れているときでは逆行補正が効きすぎるのか、少し暗すぎてしまいます。曇っているときはそうでもないのですが、直射日光が当たるような際は、かなり暗くなってしまいます。
    この見え方は当たり前なのでしょうか。それとも異常でメーカーに問い合わせたほうが良いのでしょうか。
    お忙しいところ恐縮ですが、お知恵を拝借いたしたく、お願い申し上げます。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      山崎様
      おそらく異常ではないと思います。
      ガチの逆光になると明るさが絞られる機種は多いです。
      液晶の明るさが足りなくて見えにくい場合には、液晶の向きを変えてみるか、明るさ調整で改善する事もあります。

  10. 山崎 より:

    管理人様

    異常では無く、そういったものなのですか。
    前車でトヨタの純正インナーミラーを使用しており、そのようなことは無かったので質問させて頂きました。
    ありがとうございました。夜間の見え方は素晴らしいですが、少々がっかりしました。
    このまま使用していきたいと思います。
    又何かありましたら、お知恵を拝借させてください。よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました