こんにちは!Omiです。

先日NEO TOKYOの3カメラスマートミラー型ドライブレコーダー「ミラーカムPro MRC-PRO1」のクラウドファンディング案件についてご紹介していますが、おそらくこの製品と最も競合するであろうと考えられる3カメラモデル「AKY-X3GTL」がAKEEYOから発表されています。

「AKY-X3GTL」は正式販売の前に公式通販サイトで8月10日から割引を絡めた先行予約販売を行うようです。

■ 【予約】AKY-X3GTL ドライブレコーダー ミラー型

「AKY-X3GTL」のスペックと特徴

NEO TOKYOのミラーカムProの方は、前:200万画素、後:100万画素、インナー:100万画素の3カメラ構成でしたが、「AKY-X3GTL」については以下の通りとやや構成が異なっています。

①前:200万画素

②後:200万画素(車内専用タイプor車内・車外共用タイプの2種類選択式)

③サイドorインナーの2種類選択式:100万画素

※車外・車内汎用カメラの方はまだ販売されていません。発売時期は9月末予定との事。

3つ目のカメラはサイドカメラと言う扱いなのですが、ドア取付けタイプ・サイドミラー型のうちレンズの角度調整が可能なサイドミラー型はインナーカメラとしても使用が可能との事です。

 

という事ですので、NEO TOKYOのミラーカムProが液晶サイズが9.88型、リアカメラが100万画素である点を考えると「AKY-X3GTL」の方がハイスペック機種であると言えそうです。

また、同社の「AKY-X3GR」で実装されたボイスコントロールにも対応てしているとの事。

「モニターオン/モニターオフ」「フロントカメラ/バックカメラ」「録音開始/録音終了」など、定められたコマンドをドラレコに向かって話しかけることで、液晶画面のオン・オフ、ビュー切り替え、音声録音の開始/停止をハンドルから手を離すことなく操作可能になります。

主な仕様はこちらの通りです。

AKY-X3GTL
※正規販売店以外での購入は保証が受けられない事があります
■ 正規販売店 amazon「AKY-X3GTL」
■ 正規販売店 楽天市場「AKY-X3GTL」
■ 正規販売店 Yahoo「AKY-X3GTL」
■正規販売店 ALinks通販「AKY-X3GTL」
11.88型IPS液晶
反射防止フィルムはOP
フロント:1920×1080/27.5fps
サイド/インナー:1280×720/25fps
リア:1920×1080/25fps
LED信号対応
レンズ視野角
フロント:対角135°
インナー:対角125°
リア:対角115°
リアカメラケーブル10m
microSD付属32GB/最大64GB
GPS外付け付属
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

駐車監視については内蔵バッテリーによる衝撃検知後の録画ですが、OPの常時電源ケーブルにも対応しています。(タイムラプスにも対応させる予定との事ですが、初版でどうなっているかは分かりません)

なお、本製品についてはレビュー依頼を頂いていますので、8月下旬までを目標に2種類のリアカメラ、2種類のサイドカメラでのテストを行う予定です。

■ 実機レビュー「AKY-X3GTL」車内リアカメラ+ドアサイドカメラ版の評価

■ AKEEYO「AKY-X3GTL」の2つのサイドカメラを比較テスト、車内に取付けも!

車外カメラ版も後日追加しますが、時期は9月下旬との事です。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 後付けスマートルームミラーのまとめ

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!