ケンウッドの一般向け2カメラドライブレコーダーは2018年10月に前後フルハイビジョンの「DRV-MR740」が発売されていますが、2019年11月にはこの上位モデルの「DRV-MR745」が発売されるようです。

■ 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR745」を発売

ベースは下位グレードの「DRV-MR740」であるようですが、キャッチコピーは「スモークシースルーのリアレコ」のようなのでリアカメラの撮影能力が強化された模様です。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DRV-MR745」のスペック

「DRV-MR745」のスペックは以下の表の通りです。

DRV-MR745
ケンウッド(Kenwood) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745 200万画素 GPS 広角レンズ スモークガラス対応 32GB MicroSD 駐車録画関し DRV MR 745 ケンウッド(Kenwood) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745 200万画素 GPS 広角レンズ スモークガラス対応 32GB MicroSD 駐車録画関し DRV MR 745
19.11発売
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1920×1080/27.5fps
LED信号対応
フロント録画視野角:水平122°
リア録画視野角:水平100°
HDR
付属32GB
最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知
自動起動
専用ケーブル
CA-DR150
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

ベースはあくまでも「DRV-MR740」ですので、録画方式や駐車監視などの仕様は共通となります。

おそらく、フロント・リアともにイメージセンサーが異なり、フロントはレンズも広角なものに変更されているようですが、夜間特化型のSTARVISセンサーを採用しているのかどうかは不明であり、「スモークスルー」をどのように実現しているのかも分かりません。

駐車監視の仕様について

駐車監視の仕様については従来機と同様に動体検知+衝撃検知となっており、動体検知の割り当ては32GBのmicroSDカード、前後フルハイビジョンの解像度で最大10分、または10ファイルまでとなります。

専用の常時電源ケーブルは「CA-DR150」、またはモデルチェンジ版の「CA-DR350」となっています。

まとめ

以上、「DRV-MR745」の概要についてご説明しました。テスト予定に関してはスケジュール上の問題で12月~1月以降となります。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 前後が撮影できる2カメラドライブレコーダー11選

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう