実機レビュー「HDR801」の評価 過去最高画質のフルハイビジョン2カメラドラレコ

※2022年10月15日更新:実機レビューを追記しました。

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

コムテックからHDRの型番を冠する、過去の製品とは全く異なる技術を採用した2カメラドライブレコーダー「HDR801」が発表されています。

「HDR801」は久々のハイエンド高画質モデルらしい

2カメラドライブレコーダーはフルハイビジョンクラスの製品が市場のシェアが最も高いカテゴリーになりますが、このクラスでは最近発売されたケンウッドの「DRV-MR570」が、最もバランスに優れた高画質となっています。

実機レビュー 「DRV-MR570/575C」ケンウッドの人気2カメラドラレコの評価
...

コムテックの製品としては、スタンダードグレードの「ZDR035」がまずまずの高画質であり、万人向けの定番商品的な位置付けになっています。

その一方で上のグレードであるはずの「HDR965GW」に関しては、ディーラー向け製品のベースモデルとなっている事から、画質を落とした品質重視の特性でしたので、画質面では本来下のグレードである筈の「ZDR」>ハイエンドの「HDR」と言うような状況が長く続いてきました。

これは過去数年間変わらない状況でしたので、今後もこの体制で行くかと思いきや、今回発表された「HDR801」では、従来の製品とは全く異なるマクセルの技術を使った「Recolize」と言う方式が採用されているようです。(イメージセンサーなどのハードウェアではなく、ソフトウェア補正だと思います)

確かに上の画像を見ると夜間がかなり明るく映っていますね。

ぱっと見の明るさや見え方は、セルスターのSTARVISモデルに近い感じですが、HDR補正もしっかり効いていて、ヘッドライトが反射したナンバーもそれなりに読み取れそうな印象を受けました。

イメージセンサーはOmnivison製ですが、最近では同社のセンサーもSONYと同様に低照度下での撮影に特化した製品も出て来ているようです。(PureCel®Plus-Sと言うらしい)

私の過去の経験から、センサーの能力を100%引き出せる前提であれば、SONYセンサーが一番だと感じていますが、そういう製品はぼぼありません。

なので、例えばOmnivisonの能力を80%まで引き出す前提なら、SONYセンサーの能力を70%までしか引き出せていない製品よりも高画質になると言えそうです。

※センサーの能力はドラレコの画質を決める一つの要素であって、それを活かすも殺すも、企画者とエンジニアの腕次第です。

「HDR801」の動画を見る限り、そこいらのSTARVIS機よりもずっと高画質の様に感じます。

「HDR801」のスペック

「HDR801」のスペックはこちらの通りです。

HDR801
22.07発売
フロント:1920×1080/27.5fps/HDR
リア:1920×1080/27.5fps/HDR
レンズ視野角
フロント:水平130°
リア:水平130°
LED信号対応
microSD付属32GB/最大128GB
フォーマット不要
GPS内蔵
駐車監視モード
衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
自動起動
専用ケーブル
CDOP-01P
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

録画視野角は前後ともに水平130°程度と、2カメラドラレコとしては必要充分なレベルです。

駐車監視の仕様は、「HDR963GW」などと同じ、クイック衝撃録画なしの「常時録画+衝撃検知」、タイムラプスモードの選択式となります。

安全運転支援機能は外された、ピュアな画質追求モデルですが、そのうち「HDR901」などの型番でこれらがサポートされた上位機種も出て来るかも知れませんね。

セット内容とデザイン

「HDR801」の実機を購入しましたのでレビューを追記します。

セット内容についてはこちらの通りとなります。

・フロントカメラ筐体
・リアカメラ
・カメラ接続ケーブル(アナログ9m)
・3PINシガー電源ケーブル
・32GBのmicroSD
・取扱説明書
・取付部品

フロント筐体

フロント筐体のデザインは同社の旧製品である「HDR700系」の流れを汲む平型ステータイプで、サイズは最近の2カメラドラレコとしては大き目です。

液晶はドラレコとしてはスタンダードな2.4型、液晶の下には4つの操作ボタン

筐体の左側面には2つの操作ボタン

右側面にはmicroSDカードスロット

上側面にはAV出力端子、3PIN電源端子、リアカメラ接続端子が装備されています。

リアカメラ

リアカメラはコンパクトな長方形タイプとなります。

カメラ接続ケーブルはコムテック定番の9mのアナログ4極タイプです。

電源ケーブル

付属の電源ケーブルはシガープラグタイプとなります。

駐車監視の運用には別途専用の3芯常時電源ケーブルが必要です。(シガープラグや2芯の直結ケーブルだと駐車監視モードが起動しません)

created by Rinker
コムテック(COMTEC)
¥3,000 (2022/11/26 15:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

インターフェイスについて

電源ONから録画開始までの起動時間は20秒程度と2カメラドライブレコーダーとしては非常に遅めです。

メニューツリーは一本化されており、ボタンの役割が液晶下にプリントされていますが、ディスプレイがフロントガラスとほぼ平行になる為に下から覗きこむ必要があります。

車内への取付けについて

今回は初期型のアクアに「HDR801」の取り付けを行いました。

ミラー裏に簡単に隠せますが、なるべくレンズが車の真ん中近くになるように設置したいところです。

リアカメラケーブルは長めの9mですので、ミニバンなどでもケーブルをマット下などに這わせる事が出来るでしょう。

一般的な2カメラドライブレコーダーの取り付け手順はこちらの記事で解説しています。

【保存版】自分で前後2カメラドライブレコーダーを取り付ける方法について解説
...

ドライブレコーダーとしての画質について

画質についてはケンウッドの「DRV-MR570」と前後の映像を比較しました。

比較ポイントはこちらの通りです。

・録画視野角
・逆光補正能力
・ナンバー認識精度
・夜間の明るさ

なお、リアカメラの明るさ設定はこちらの通り。

・コムテック「HDR801」~明るさ設定標準
・ケンウッド「DRV-MR570」~明るさ設定最高

Recolize補正は最高のLV3としました。

録画視野角について

フロントカメラの録画視野角は仕様表の表記通り、水平130°程度でした。

リアカメラも同様の水平130°程度です。

「HDR801」は、現行2カメラドラレコとしては2番目に録画視野角が広いグループに入ります。

逆光補正能力について

「HDR801」は前後カメラとも強烈なHDR補正が掛かっており、トンネル内での白飛びには抜群の強さとなっています。

【フロント】

リアカメラはやや黒潰れが出易くなっています。

【リア】

ナンバー読み取り精度について

「HDR801」はフロント・リアともに録画視野角が非常に広めです。

従ってナンバー認識精度では不利になり、フルハイビジョンモデルとしては最も低い部類となります。

【フロント】

【リア】

また、これはフルハイビジョンクラスのHDRモデル全般に言える事ですが、逆光下ではブロックノイズの多発から、ナンバー認識精度が落ちる事があります。(特に対向車のナンバー読み取りは厳しい)

【フロント】

【リア】

夜のヘッドライトが強く反射した状態のナンバープレートの読み取り精度は、強いHDR補正の恩恵で高めとなっています。

【フロント】

【リア】

夜間の明るさについて

夜間の明るさがこの製品の最大の特徴です。

「HDR801」では、VANTRUEのPC用ビュワーやVLCなどの無料のPC用ビュワーで調整が可能な明るさや色味をドラレコ本体で調整しています。

これにより、出力される映像は従来のドラレコを比べると劇的な明るさとなっています。(ただし、PCでこれ以上明るく調整する事は出来ない)

【フロント】

【リア】

街灯が少ない場所での暗視能力も非常に高めです。

【フロント】

【リア】

画質面で気になった点

「HDR801」では、従来のコムテック製品と比べると高いビットレートで録画を行ってはいるものの、HDR補正とRecolize補正の負荷が大きいようで、このようなモザイク状のブロックノイズが発生します。

フレームレートとLED信号の映り方について

「HDR801」のフレームレートは前後とも28.1fpsとなっていますので、日本全国でLED信号が高速点滅して映るでしょう。

ドライブレコーダーのLED信号対策のまとめ
...

駐車監視について

「HDR801」の駐車監視については内容が濃いので別途専用ベージを作り、こちらで解説しています。

■「HDR801」の駐車監視の仕組みと使い方について解説

「HDR801」の駐車監視の仕組みと使い方について解説
...

動画ファイルの再生方法について

動画の再生については以下の3つの方法をテストしました。

・ドラレコ本体での再生
・PC専用ビュワーでの再生
・PC汎用ビュワーでの再生

ドラレコ液晶での再生について

ドラレコ本体での動画の再生は、液晶サイズがスタンダードな2.4型ですが、ディスプレイがフロントガラスと平行になる為に下から覗き込む必要があります。

PC専用ビュワーでの再生について

PCの専用ビュワーは以下のページからダウンロード可能です。

■「HDR801」専用ビュワー

機能的には以下のようにドラレコのビュワーとしては充実しています。

・前後同期再生~〇
・映像の拡大縮小~〇
・地図への走行軌跡の表示~〇
・速度の表示~〇
・方位計の表示~×
・Gセンサーグラフの表示~〇
・再生速度調整~〇
・明るさの調整~×
・上下左右の反転~〇

PC汎用ビュワーでの再生について

PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生も可能でした。

microSDでの録画時間について

「HDR801」の録画データサイズは以下の通りです。

・常時録画~1分当たりフロント90MB+リア90MB=180MB、一時間当たり10.8GB

microSDカードの容量は128GBまでサポートされていますが、以下の256GBのカードでは1時間の録画・再生で問題は見られませんでした。

以下の256GBのカードでは正常に起動出来ませんでした。

偽物に注意!!ドライブレコーダーにおすすめのmicroSDカードは?
...

 地デジへのノイズの影響について

「HDR801」の単体使用では、アルファード+サイバーナビの組み合わせで影響は確認出来ませんでした。

ラジオへのノイズの影響も確認出来ませんでしたが、車種やカーナビの種類、アンテナの位置で状況は変わる事がありますので結果は参考程度に捉えて下さい。

ドライブレコーダーのノイズ対策と、ノイズが少ないであろうドライブレコーダー
...

「HDR801」の総評

「HDR801」の各比較項目の評価をまとめるとこちらの通りとなります。

 点数視野角ナンバー昼ナンバー夜逆光明るさ暗視
X4S29.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
HDR80128.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Y-4K25.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRV-MR57025.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
47Z24.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
CS-92WQH24.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR03523.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Y-300R22.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR02522.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 IR Duo22.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
CS-91FH21.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Duo21.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Y-400di21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
HDR963GW21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
PDR800FR21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Plus Duo20.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW8120.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRV-MR850020.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
P420.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW80d19.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
VREC-DH300D19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW9500dp19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRY-TW9100d19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
VREC-DZ700DLC18.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR02618.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
DR750X Plus18.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
VREC-DZ800DC18.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Pro Duo18.0点★★★★★★★★★★★★★★
DR750S-2CH18.0点★★★★★★★★★★★★★★★
S117.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
46Z17.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
GoSafe S70GS117.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
DRV-MR76016.0点★★★★★★★★★★★★★★
ZDR-01515.5点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74515.0点★★★★★★★★★★★★
YA-67014.0点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74013.5点★★★★★★★★★
CSD-790FHG11.5点★★★★★★★★
=2pt、=1pt、☆=0.5pt
・録画視野角:2カメラモデルとしては上から2番目のクラスの水平130°+130°
・逆光補正:強烈なHDR補正により、ドラレコ全体で最高クラス
・昼間のナンバー認識精度:フロント・リアともにフルハイビジョンとしては極めて低い
・夜間のナンバー認識精度:強烈なHDR補正がヘッドライトの反射に非常に強い
・夜間の明るさ:フロント・リアともに極めて明るい
・暗視能力:フロント・リアともに極めて明るい

画質面での総合評価は、従来機種よりも夜間撮影能力が向上した事からフルハイビジョンの2カメラドラレコとしては従来のNo.1機種であった「DRV-MR570」に2.5ポイント差をつけての単独1位となり、万人に最もおすすめの2カメラドラレコと言えそうです。

駐車監視の利便性も高いのですが、広い視野角と強烈なHDR補正、マシンパワー、ビットレートのトータルバランスが駐車監視向けではなく、逆光時などのシビアコンディションではナンバーの読み取りが困難になる事があります。

従って駐車監視目的であればその他の機種をおすすめします。

駐車監視機能が優秀なおすすめドライブレコーダー
...

コメント

  1. HCR32 より:

    こんにちは。
    限られた映像ですが、画質に関してはかなり期待できそうですね。
    レビューを期待していますが、ケンウッドのDRV-MR570や
    ユピテルのY-4Kとの比較に興味があります。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      HCR32様
      おそらく素の動画では「HDR801」が一番でしょうね。
      VANTUREのPCビュワーでの処理をドラレコ側で行っているようなものと予測しています。

タイトルとURLをコピーしました