セルスターから初の2カメラドライブレコーダー「CSD-790FHG」が発表されています。

6月はパパゴの2カメラモデル、「GoSafe S36GS1」が発表されたばかりですが、7月のボーナス商戦に向けて各社ともに気合を入れてきているところなのでしょうか。(笑)

最近のセルスターのドライブレコーダーは、夜間特化型の裏面照射型のSTRAVIS対応のCMOSセンサーを搭載したモデルが増えていますが、予想通り「CSD-790FHG」もSTRAVISモデルのようです。(フロントのみ)

「CSD-790FHG」のスペック

「CSD-790FHG」のスペックは以下の表の通りです。

セルスター
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-790FHG
セルスタードライブレコーダー CSD-790FHG 日本製 3年保証 2カメラ前方後方同時録画 GPSお知らせ機能 駐車監視 microSDメンテナンス不要 セルスタードライブレコーダー CSD-790FHG 日本製 3年保証 2カメラ前方後方同時録画 GPSお知らせ機能 駐車監視 microSDメンテナンス不要
18.06発売
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/30fps
リア:1280×720/30fps
全国LED信号(フロントのみ)
フロント:水平116°(レンズ)
リア:水平107°(レンズ)
HDR
付属32GB
最大128GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画のみ
常時録画+衝撃検知
動体検知+衝撃検知
自動起動
専用ケーブル
GDO-10
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

フロントカメラはフルハイビジョンでSTRAVIS対応の200万画素CMOSセンサー(おそらくIMX290か291)、リアカメラは100万画素という事なので出力解像度はHDかと思います。

なお、リアカメラのCMOSセンサーはPIXEL PLUS社の「HD CMOS」と書かれていますね。

初めて耳にするブランドですが、どうやら韓国の会社のようです。

CMOSセンサーの型番までは分かりませんが、Youtubeで同社のCMOSセンサーの動画を探した限り、なかなか画質が良さそうな感触です。

フロントカメラは「CSD-750FHG」がベース

「CSD-790FHG」のフロントカメラ筐体は、先に発売されている「CSD-750FHG」がベースになっているようで、見た目はほとんど区別がつきません。

レンズもCMOSセンサーも同様かと思いますし、細かい機能の面でも2カメラ対応である点以外は違いが見つけられません。

取締り情報や事故多発ポイントGPSデータの搭載や、動体検知+衝撃検知による駐車監視の仕様も同様ですね。

■  「CSD-750FHG」取扱説明書

駐車監視中の解像度も30万画素に落ちる部分も共通ですので、純粋に「CSD-750FHG」の2カメラバージョンと見て良いでしょう。

リアカメラは小型で角度の調整も幅広い

この点に関しては現状はともかく、将来的には可能性を感じる部分ではありますが、リアカメラの取り付け位置と角度の調整範囲が広い為、既に取り付けてあるドライブレコーダーを活かしての3カメラ構成などが組み易くなっています。

物凄く極端な組み合わせだと、「CSD-790FHG」を2セット購入してフロント筐体を前後のガラスに設置し、リアカメラを左右のクオーターガラスに設置する方法なども考えられますね。

ただし、リアカメラのダイナミックレンジが広くないと白つぶれすると思いますが、場合によっては夜間特化型の4カメラ構成が最安値で組める可能性もあります。

■ 全天球ドライブレコーダーとマルチカメラはどちらが良いのか?

他社の2カメラモデルとの差別化ポイントは3つ

最近は市場に2カメラドラレコが続々と出て来ていますが、「CSD-790FHG」の他社モデルとの差別化ポイントは以下の3点かと思います。

  • フロントのみだが夜間特化型のCMOSセンサー搭載
  • タッチパネル液晶で簡単操作が可能
  • microSDカードのメンテナンスフリーで運用が楽チン

主要な競合モデルは、スマートレコ「WHSR-510」、コムテック「ZDR-015」、パパゴ「GoSafe S36GS1」辺りになって来るでしょう。

この4モデルは似ているようで意外と特性が異なるので、走行中の証拠能力・駐車監視の利便性・駐車監視の証拠能力・全体的な運用面での親切さなど、何を優先したいのかを良く考えてから購入した方が良さそうです。

「CSD-790FHG」のまとめ

「CSD-790FHG」は全体的には意外と他社モデルとの差別化は出来ている感触です。

駐車監視を優先するなら外した方が良いのではないかと思うのですが、走行中の証拠能力と運用面での利便性の2点では最もバランスが良いモデルと言えそうですね。

後は価格面でそこそこアッパーな感じですので、お財布と相談しましょう。

出来れば・・・、ですが7月上旬ぐらいを目途にテストをしたい、と考えてはいます。(笑)

(編集長 Omi)

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう