コムテックの指定店舗用2カメラドラレコ「DC-DR651」についてご質問を頂きましたので、ざっくりと特徴をご説明します。

なお、「DC-DR651」はディーラーや専門店向けの限定モデルですので、通販サイトなどでは今のところ出回っていません。(一時的に出回っても規制があるので削除されるでしょう)

「DC-DR651」のスペックと特徴

「DC-DR651」のスペックは以下の表の通りです。

同社の2カメラモデルは、目下人気No.1の「ZDR-015」と異色のモデル「HDR-951GW」が存在していますので、この2モデルとの違いを中心に見て行きます。

DC-DR651HDR-951GWZDR-015
18.0?発売18.04発売17.08発売
フロント:1920×1080/29fps
リア:1280×720/29fps
フロント:1920×1080/29fps
リア:1920×1080/29fps
LED信号対応
視野角フロント:水平120°(レンズ)
視野角リア:水平108°(レンズ)
視野角フロント:水平116°(録画)
視野角リア:水平119°(録画)
HDR/WDR
microSD付属16GB
microSD最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
衝撃検知/常時録画+衝撃検知/タイムラプス
自動起動
専用ケーブル
付属
専用ケーブル
HDROP-014
専用ケーブル
HDROP-09
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

ベースは同社の一般モデル「HDR-951GW」となっていますが、「HDR-951GW」はサブカメラが赤外線搭載でフロントガラスに設置する業務用色の強いモデルであるのに対して、「DC-DR651」は個人向けに最適化されています。

具体的にはサブカメラのケーブルが長くなった事で、リアガラスに設置する仕様となってる他、赤外線LEDも廃止されているようです。

※リアカメラケーブルは5mですが、OPで+3mの延長ケーブルを選ぶ事も可能です。おそらくディーラーでの購入&取り付けを前提としてる為、価格よりも車種別の最適化を重視しているからでしょう。

解像度についてはフロントは200万画素のフルハイビジョンですが、リアは100万画素となっており、最近の2カメラドライブレコーダーの主流は前後フルハイビジョンになっている事を考えると、やや厳しいスペックです。

因みに「ZDR-015」は韓国製で1年保証ですが、「DC-DR651」「HDR-951GW」は日本製の為、3年保証です。

まぁ、スペック的には「ZDR-015」の方が上ですし、価格も「ZDR-015」の方が安かったりしますので「HDR-951GW」はあんまりおすすめはしませんね。

※「ZDR-015」は品薄なのか、最近価格が上昇傾向にあります。

行きつけのディーラーで勧められたなど、地元のディーラーとのお付き合いを大事するなら「DC-DR651」も良いかなと思いますが、取り付け込みだと4~5万くらい掛かるんじゃないですかね?

コムテックがディーラーモデルと指定店モデルの型番を分けているのは、価格を安易に比較されないようにする為ですので。(笑)

「DC-DR651」の画質について

「DC-DR651」の画質についてはコムテックの公式動画がアップされていますが、リアは明らかに粗いですし夜間の明るさも「ZDR-015」の方が上のような印象です。

「DC-DR651」の駐車監視の仕様について

「DC-DR651」の駐車監視の仕様は、「ZDR-015」「HDR-951GW」と全く同じかと思います。

駐車監視の録画方式

駐車監視の録画方式は以下の3つからの選択式となります。

①衝撃検知録画~衝撃前後の10~20秒を録画

②衝撃検知録画+常時録画~合わせて常時録画も行う

③タイムラプス~1fps(1秒に1コマ)の録画を行う

 

録画方式については、コムテックのある程度完成された仕様ですので悪くはないです。

駐車監視の起動・終了の方法

「DC-DR651」には最初から駐車監視用の3芯ケーブルが付属しますので、駐車監視の設定をONにしておくと、エンジンに連動して駐車監視の起動・終了を行います。

監視中に衝撃録画があった場合には、イベントアナウンスを行い、降車・乗車時の録画キャンセル設定は1分/3分からの選択式です。

また、ワンタイム駐車監視モード機能も付帯されていますので、駐車監視設定がOFFの場合にもボタン操作で駐車監視を起動させられますし、逆に駐車監視設定がONの場合にもボタン操作で駐車監視をキャンセルし、電源を落とす事が出来ます。

まぁ、この辺りの仕様については現状発売されているドラレコの中では全部アリに近いです。

中にはGPSデータを付け合わせて、登録ポイントのみで駐車監視を行ったりキャンセルしたりするモデルもありますが、それはコムテックの「HDR852G」やユピテルの「DRY-ST6000d」や「S20」などごく一部のモデルに限られます。

コムテック超広角・超高解像度ドライブレコーダー「HDR852G」のレビュー、評価

ユピテル「DRY-ST6000d」のレビュー、評価

ユピテル 防犯特化型の全天球ドライブレコーダー「S20」発売!!

駐車監視のタイマーとカットオフ電圧設定

駐車監視のタイマーとカットオフ電圧の設定は、「DC-DR651」のメニュー画面から行い、以下の範囲で選択が可能です。

①タイマー設定~30分/1時間~12時間の間で1時間ごと/常にON

②カットオフ電圧~11.7V~12.2V/23.4V~24.4V

 

※コムテックのドラレコは平均的なモデルに比べると消費電力が大きい為、バッテリーへの負荷は高めです。

「DC-DR651」の安全運転支援機能

「DC-DR651」には以下の4つの安全運転支援機能が搭載されています。

①先行車接近お知らせ

②車線逸脱お知らせ

③ドライブサポート

④車速アラーム

 

最近のコムテックのモデルでは「HDR852G」でこれらの機能をテストしています。

コムテック超広角・超高解像度ドライブレコーダー「HDR852G」のレビュー、評価

microSDの容量と録画時間

「DC-DR651」のmicroSDカードの容量ごとの記録時間は以下の通りとなります。

他のコムテックのドライブレコーダーでのテスト結果を考えると、おそらく64GB以上のmicroSDカードも使えると思いますが…。

「DC-DR651」のまとめ

最終的には選ぶ方の考え方次第ですが、単純な性能・機能を比較すると「DC-DR651」よりも「ZDR-015」の方が上になります。

視野角も「DC-DR651」が前後で水平228°以下のところ、「ZDR-015」は235°ありますし、「DC-DR651」はリアの画質が粗く、夜間はあまり明るくない印象です。

…、という訳ですので、コスパを考えるなら「ZDR-015」がおすすめですね。

コムテック 2カメラドライブレコーダー「ZDR-015」のレビュー、評価

まぁ、ドラレコをディーラーで購入&設置するメリットもあるにはありますので、気になる方はこちらの記事もどうぞ!

ドライブレコーダーをディーラーで取り付けるメリットとデメリット

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう