右レンズ360°スマートミラー型ドラレコ TEENTOK「HDR360」

こんにちは!Omiです。

360°タイプのスマートミラーと言えば、AKEEYOの「AKY-V360S」とその後継機である「AKY-V360ST」が先行機種として一定の地位を築いていますが、今回はTEENTOKと言うブランドを持つメーカーさんから、「HDR360」と言う360°+リアカメラのスマートミラーのレビュー依頼を頂きました。

現時点では「AKY-V360ST」の完成度を超える事は難しいだろうと考えているので、レビューしないつもりですが、 TEENTOK「HDR360」の特徴をざっくりと見ておきましょう。

TEENTOK「HDR360」のスペックと特徴

「HDR360」のスペックはこちらの表の通りです。

HDR360
11.88型IPS液晶
フロント:1920×1920/??fps
リア:1920×1080/??fps
LED信号対応不明
レンズ視野角
フロント180°×220°
リア:不明
リアカメラケーブル?m
microSD付属32GB/最大128GB
GPSは外付け付属
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

360°とのフロントカメラ、リアカメラの見た目のスペックはAKEEYOの「AKY-V360ST」の2カメラ部分と同様に、「1920×1920」+「1920×1080」の解像度での出力となっています。

※「AKY-V360S」は2カメラ、「AKY-V360ST」は3カメラ

「AKY-V360ST」と「HDR360」との最大の違いは、360°のフロントカメラ部分の位置です。

「AKY-V360ST」では中央下側にこのような形でレンズが付いています。

一般的な乗用車であればこの位置でも全方向の録画が可能です。(液晶画面に表示可能な範囲は限られる)

ただし、車高や屋根が低い車の場合にはレンズ位置が下の方に下がってしまう関係上、上方向の視野が狭くなってしまう事があります。

360°ドラレコは概ね下半球+αの視野角となっていますので、レンズ位置はなるべく上の方に持って行った方が良いのですが、「HDR360」ではこのように筐体右側に格納された状態から回転させ、筐体の下側面からレンズ部分のみが僅かに飛び出す仕様となっています。

従って垂直方向に220°と、同じレンズ視野角である「V360ST」よりも上方向の視野が広がると言う塩梅です。

従ってスマートミラー型の360°カメラドラレコを付けたいけども、車高が低い車に乗っている場合には「HDR360」がおすすめと言えそうです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

まだ付けてないの?後付けスマートミラー型ドラレコのまとめ
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました