こんにちは!ライターのsugiです。

先日、LaBoon!!で紹介したAUKEYのミラー型ドライブレコーダー「DRA2」の実機サンプルを発売元のAUKEYさんから頂きましたので、実際に使った感想や画質・性能などをレビューしていきたいと思います!

ミラー型ドライブレコーダーの購入を検討中の方は是非チェックしてみてください。

ついにAUKEYから「ミラー型」のドライブレコーダーが登場!

同社の2カメラモデルは2017年に「DR02D」、2018年には「DR03」が発売されており、「DR02D」の方はまだまだ人気を維持しているようですが、今回発売された「DRA2」はAUKEYとしては初のミラー型ドライブレコーダーになります。

ミラー型のドライブレコーダーとしては激安の部類になり、品質や性能がやや心配になってきますが、実際に使ってみると価格以上のコスパがあると感じました。はじめての1台として、ミラー型に憧れがある方におすすめしたい製品です。

「DRA2」のスペック

「DRA2」のスペックは以下の表の通りです。

DRA2
AUKEY ルームミラー型 ドライブレコーダー バックミラー型 前後2カメラ ドラレコ 1080PフルHD タッチパネル 6.8インチ 大画面モニター 170度超広角 IP68防塵防水 バックカメラ 多機能対応 駐車監視 駐車アシスト機能 Gセンサー搭載 ループ録画 常時録画 2年安心保証 DRA2 AUKEY ルームミラー型 ドライブレコーダー バックミラー型 前後2カメラ ドラレコ 1080PフルHD タッチパネル 6.8インチ 大画面モニター 170度超広角 IP68防塵防水 バックカメラ 多機能対応 駐車監視 駐車アシスト機能 Gセンサー搭載 ループ録画 常時録画 2年安心保証 DRA2
19.06発売
6.8型液晶
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1280×720/27.5fps
LED信号対応
レンズ視野角
フロント:対角170°
リア:対角160°
リアカメラケーブ?m
microSD付属なし
microSD最大256GB
GPSは非対応
駐車監視モード
動体検知
手動起動
専用ケーブル
なし?
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

「DRA2」のパーツ構成

「DRA2」のパーツ構成の特徴は、最近の3~4千円から1万円未満の廉価ドラレコの定番構成のような組み合わせになっています。フロントカメラのイメージセンサーには「SC2363」、リアは「H65」、チップセットは「MSC8336」が使われていると表記があります。

セット内容とデザイン

本機のセット内容とデザイン面についてご説明します。

パッケージはシンプルなデザイン↓

 

本体がこちら。フレームレスでシンプルなデザインです↓

 

背面はカーボン調のデザインです。見た目や質感に安っぽさはなく、車の内装との相性も良さそうです↓

 

カメラは上下左右に動かせます↓

 

ミラーへの取り付けは付属のゴムバンドを使用します↓

 

本体上の中央部分に配線穴とメモリーカードスロットがあります↓

 

そのほか付属品一覧はこんな感じ↓

 

① 説明書
② 2年間 保証カード
③ リアカメラ 取り付け用 ネジ×2本
④ リアカメラ 取り付け用 両面テープ
⑤ 配線を固定するクリップ×6個
⑥ シガーケーブル
⑦ 取り付けバンド (写真のほか2個が追加で入っていました)
⑧ トリムツール
⑨ リアカメラ (7m)

 

ドライブレコーダーをミラーに固定するゴムバンドは4本付属しています。万一、使用中に切れてしまっても交換できます↓

 

配線を固定するクリップも6個付属しています。足りない場合はAmazonなどで売っているクリップを買っておくと捗ります↓

動画でも「DRA2」をレビューしています!

使用方法や機能の概要については以下のレビュー動画をチェックしてみてください!

BMW 3シリーズ(F30)に取り付け

今回検証した車種は、BMW 3シリーズ(F30)になります。

取り付け時にちょっとした問題があったので、注意点も合わせて紹介します。

ミラー形状が特殊だと取り付けができない場合がある

ミラー形状が特殊な車種では、取り付けができるか確認する必要があります。

BMWの場合、ミラーにETCが内蔵されている関係で上部が湾曲したデザインになっており、奥行きも結構ありますので、今回紹介しているドライブレコーダーだけでなく、ミラー型ドライブレコーダーの殆どは取り付けができないと思います。

 

付属のゴムバンドもサイズが合わなかったため、かなりダサいですが市販の輪ゴムで取り付けました↓

 

取り付け後はこんな感じ↓

見栄えはともかく工夫次第で取り付けできないこともないですが、この辺りは個々の判断にお任せします。

ミラーの奥にある「安全装置」などにも注意

また、安全装置などのセンサー・カメラ類が付いている車種は、カメラ位置が干渉しないか確認しておく必要があります。

位置を確認しないと「右側が録画されない」なんてことになりますので要チェックです↓

リアカメラの取付位置について

リアカメラは「IP68防塵防水」に対応しているため、車外にも取り付けることができます。

BMWは配線を通せる場所がないので、今回は内側に取り付けて検証しました↓

 

角度調整はネジマウントを逆に付け替えれば180°の角度調整ができます↓

 

補足として、若干暗めのスモークフィルムが貼られています。

リアカメラを車外に取り付けた場合はもう少し明るく鮮明に記録できるかと思います↓

電源はシガーソケットから取れる

付属のシガーケーブルを接続して電源を取りました。

駐車監視について後ほど詳しく紹介します。

バックカメラとしての使用感

バックカメラは、ガイド線ありで常に鏡像表示されるようです。こちらは説明書に記載されている通りの動きでした↓

画面が大きく夜間でも明るく見える!

「DRA2」は本体中央に6.8インチのディスプレイが内蔵されています。体感的にはミラーの大部分を液晶ディスプレイが占めているので大きく見えます。

iPhone XRの画面サイズが6.1インチなので、iPhoneよりもやや大きいということになります。

画面の歪みは少なく距離感も適切

使用前に気になっていが画面(映像)の歪みでした。広角で録画していると距離感が分かりにくくなってしまうのではと心配していましたが「DRA2」は歪みが少なく、後続車との距離感もちゃんと把握できました。ただし、これは個人的な感覚なのでミラー位置を正しく調整するなどは自己責任で行ってくださいね。

表示される映像は鮮明!スモークフィルム越しでも明るい

ミラーに表示される映像は昼でも夜でも鮮明に映っていました。

なかでもスモークフィルム越しに撮影した夜の映像は「ここまで明るく映るのか」と関心しました。ハイエンドモデルと比べるとノイズは多めですが、1万円弱のドライブレコーダーとしては予想以上に良いです。

車内取り付けでここまで明るいので、車外に取り付けたらより鮮明な映像も期待できます。

ドライブレコーダーとしての画質の特徴

フロントカメラは「フルHD」、リアカメラは「HD」録画

録画画質はフロントカメラが「フルHD」、リアカメラが「HD」画質となっています。

実際に録画した映像を再生してみた感想として、1万円という値段を考えると非常によく撮れていると思います!ただ、DR02Dと比較するとやや滲みがある印象も受けましたが、いずれもナンバープレートの記録には問題ないレベルの画質です。

リアカメラについては、DR02DはフルHD画質なので鮮明度の違いはすぐに分かります。画質重視であればDR02Dの方が満足度が高くなると思いますが、注目すべきは夜の明るさ。ややノイズが入っており鮮明度はDR02Dほどないものの、スモークフィルム越しに撮った映像にしてはとても明るく撮れていました。

信号待ちで停車中、ミラーに内蔵された液晶パネルには後ろの車のナンバープレートもはっきり映っていました。

録画視野角について

録画視野角は、フロントカメラが170°、リアカメラが160°となっています。

実際の映像を確認してみると、フロントカメラはおよそ120°で録画出来ていると思います。※リアカメラは未計測

フロントカメラは左側を中心に広く撮れており、正しい位置に取り付ければ左右端までしっかり録画できると思います。(今回は車載装置と干渉するため左にズラして取り付けて検証)

白潰れ耐性について

WDR補正機能が搭載されているので、白潰れへの耐性はあります。動画でも紹介していますが、トンネルの出入り口など明るさの変化が著しい場所では、ケンウッドなどのドライブレコーダーと比べて補正がワンテンポ遅いように感じます。

夜間のナンバー認識精度

夜間のナンバープレートの認識精度は、フロントカメラはどちらの機種も白飛びしていて読むことはできませんでした。

一方、リアカメラの映像はどちらも確認することができました。

夜間の明るさ

街灯が少ない場所で、ヘッドライトを点けたり消したりして夜間の明るさを確認してみました。フロントカメラにそこまで大きな差はありませんでしたが、リアカメラはDRA2の方が断然明るく撮れていました。

駐車監視について

「DRA2」の駐車監視は動体検知・タイムラプスとなっています。

駐車監視機能を使用するには、別売のUSBケーブルとモバイルバッテリー等の外部電源を使用して行う形になります。

モバイルバッテリーやマルチバッテリーでの駆動に不具合なし

モバイルバッテリー(2.1A)から電源を供給して30分ほど動かしてみましたが、問題なく動作しました。

地デジに対するノイズ干渉について

地デジのノイズ干渉についても検証をしてみましたが、私の環境ではワンセグ・フルセグともに電波が弱くなったり受信できなくなることもなく、干渉している様子はありませんでした。

「DRA2」のまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「DRA2」の特長や画質を「DR02D」と比較して紹介してみました。AUKEYから発売されたミラー型ドライブレコーダーの新作ということで、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

執筆時点でのAmazon価格は1万円弱となっており、ドライブレコーダーとしては大変お手頃な価格で購入することができます。気になった方はぜひAmazonや製品ページもチェックしてみてください!

予算が1万円弱で実用的に使えて、シンプルなデザインのミラー型ドライブレコーダーをお探しの方にはとくにおすすめです。

画質重視で選びたい方は「DR02D」、さらに高画質を求める場合はコムテックの2カメラドライブレコーダーなどがおすすめです。

ドライブレコーダー選びの参考になれば幸いです。

では!

ライターsugi

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう