※2020年3月28日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

ユピテルはドラレコメーカーとしてはコムテック・ケンウッドに続く3番手の人気メーカーです。

もともとの主力製品はレーダー探知機、ポータブルナビ、カーセキュリティなどでしたが、その中でもガチガチの実用性を追求すると言うよりも、その中にも遊び心を加えて「カーライフを楽しくする」と言ったようなコンセプトを掲げていた時期があったように記憶しています。

ドライブレコーダーに関してもドラレコが一般に普及する2014年頃から、WiFiやクラウド対応の高解像度モデルを展開しており、どちらかと言うとマニア向け?の特性が強いメーカーです。(ドラレコ自体が当時はマニア向けガジェットだった)

2020年時点ではドラレコは完全に一般化しており、その中でも2カメラモデルが人気となっていますが、ユピテルからは6つの製品が発売されています。

他社に比べると型番が多く、違いが分かりにくい商品構成となっていますが、今回はユピテルの2カメラドライブレコーダーについて①エントリー・スタンダード、②ハイエンドの2つのグレード別にそれぞれの製品の特徴を解説します。

ユピテルじゃなくても良い箱型~エントリー・スタンダード

ユピテルのドライブレコーダーは、2018年以降は①夜間特化のSTARVIS化、②録画視野角の超広角化、③従来からのWiFi対応によるスタイリッシュ化の3つの方向性を打ち出して他社との差別化を行っています。

箱型エントリーモデルである「DRY-TW7500d」「DRY-TW8500d」の2モデルは、これらのどの条件にも当てはまらない、ユピテルらしさ・・・つまりはこれと言った特徴のない製品です

SN-TW8500dSN-TW7500d
18.12発売19.01発売
フロント:1920×1080/27.5fps/HDR
リア:1920×1080/30fps
フロント:1920×1080/27.5fps/HDR
リア:1280×720/30fps
LED信号対応
録画視野角
フロント:水平128°
リア:水平100°
録画視野角
フロント:水平128°
リア:水平82°
microSD付属16GB/最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知/自動起動
タイムラプス/手動起動
専用ケーブル
OP-VMU01
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

※「DRY-TW7500d」はリアが100万画素のハイビジョン、「DRY-TW8500d」は前後200万画素のフルハイビジョン

DRY-TW7500d

「DRY-TW7500d」はリアが100万画素の2カメラドラレコとしてはエントリーモデルになります。

このモデルは未テストなのですが、動画を見る限り夜間の明るさは前後ともにイマイチな印象です。

ユピテルのドラレコを購入するならもう少しグレードを上げて広角のSTARVIS対応製品を選びたいところです。

ユピテルエントリークラス2カメラドライブレコーダー「DRY-TW7500d」発売!!

DRY-TW8500d

「DRY-TW8500d」は上述の「DRY-TW7500d」のリアフルハイビジョン版です。

フロントは同一ハードウェアの筈なのでおそらくイマイチ、リアはそそこそ明るいような気もしますが、フロントが暗めで価格がそれなりに高いので、ユピテルのドラレコを購入するならもう少しグレードを上げて広角のSTARVIS対応製品を選びたいところです。

ユピテル スタンダード2カメラドライブレコーダー「DRY-TW8500d」発売!!

2018年~明るさ特化の初期STARVISモデル

ハイエンドグレードは2018年モデル・2019年末(実質2020年モデル)、箱型・円筒型が混在して少々分かりにくい事になっていますが、画質の特徴の違いは発売年度で大きく異なる為、年度別に括ってご紹介します。

ユピテルの2018年基準のSTARVIS対応ハイエンドグレードは、「SN-TW80d」と「DRY-TW9100d」のWiFi対応円筒型の2モデルとなります。

SN-TW80dDRY-TW9100d
18.07発売18.10発売
フロント:1920×1080/30fps/HDR
リア:1920×1080/30fps/HDR
西日本LED信号
同期しました
LED信号対応
録画視野角
フロント:水平127°
リア:水平127°
フロント:水平117°
リア:水平127°
microSD付属16GB/最大32GB
GPS内蔵
WiFi
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知/自動起動
タイムラプス/手動起動
専用ケーブル
OP-VMU01
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

これらの2モデルはいずれも液晶なしのフロント筐体を採用しており、フロントカメラのレンズとイメージセンサーが異なるだけで、リアカメラとその他のソフトウェア面ではほとんどが共通しています。

グレード的には指定店舗向けで前後STARVISの「SN-TW80d」がやや上となります。

SN-TW80d

「SN-TW80d」はフロント・リアにSTARVIS対応のイメージセンサーを搭載した前後フルハイビジョンのWiFi対応モデルです。

録画視野角は前後ともに水平127°と、2カメラドライブレコーダーとしては業界最高レベルとなっており、加えて前後にSTARVIS対応のイメージセンサーを搭載する事で夜間の走行中の状況認識能力、駐車監視の中の暗視能力に特化したモデルです。

なお、録画視野角はかなり広いものの、ナンバー認識精度は高いですが、駐車監視については1秒1コマのタイムラプスでの録画となり、利便性も高くはありませんので駐車監視向きではありません。

また、夜間の前後カメラの明るさには特化しているものの、昼間の逆光時の日陰の部分が暗くなる特性があり、昼間の撮影能力は後述の「SN-TW9500dp」などに劣ります。

実機レビュー ユピテル STARVIS対応2カメラドライブレコーダー「SN-TW80d」の評価

DRY-TW9100d

「DRY-TW9100d」は上述の「SN-TW80d」のリアカメラはそのままSTARVIS対応の水平127°、フロントカメラを非STARVISのイメージセンサーに変更した物で、フロントカメラの録画視野角は「SN-TW80d」よりも狭めの水平117°となっています。

フロントカメラは非STARVISではない為、暗視能力はありませんが、夜間はヘッドライトが点灯してる状況下では「SN-TW80d」とほぼ同じ見え方となります。

一方で昼間の白飛び耐性や、夜間の先行車両にヘッドライトが反射した状態では「SN-TW80d」よりも認識精度が高く、夜間の駐車監視を視野に入れないのであれば価格が安い「DRY-TW9100d」を選ぶのも良いでしょう。

また、「SN-TW80d」と同様に夜間の前後カメラの明るさには特化しているものの、昼間の逆光時の日陰の部分が暗くなる特性があり、昼間の撮影能力は後述の「SN-TW9500dp」などに劣ります。

実機レビュー ユピテル2カメラドライブレコーダー「DRY-TW9100d」の評価

2019・2020年~バランス重視の最新STARVISモデル

2020年3月時点でのユピテルの2カメラ最新ドラレコは、いずれも前後カメラがSTARVIS対応の箱型モデル「SN-TW9500dp」、WiFi対応円筒型「SN-TW79d」の2モデルとなります。

SN-TW9500dpSN-TW79d
19.12発売19.12発売
フロント:1920×1080/28fps/HDR
リア:1920×1080/28fps
LED信号対応
録画視野角
フロント:水平136°
リア:水平122°
録画視野角
フロント:水平130°
リア:水平122°
microSD付属16GB/最大32GB
GPS内蔵
-WiFi
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知/自動起動
タイムラプス/手動起動
専用ケーブル
OP-VMU01
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

これらの2モデルはフロントカメラのデザイン、録画視野角に若干の違いはあるものの、おそらく画質的にはほぼ同等のものと予測されます。

スタンダードな箱型モデルである「SN-TW9500dp」については既に実機テストを行っていますが、2018年モデルの「SN-TW80d」「DRY-TW9100d」と比べると録画視野角と昼間の逆光補正能力が上昇した代わりに、夜間の明るさは落ちています。

従って2018年モデルの上位互換のような特性ではなく、完全に別系統のモデルと捉えた方が良さそうです。

昼間はあらゆるシチュエーションで特別見にくくなる事がないような調整が行われており、それと引き換えに夜間の明るさは落ちているものの、全体のバランスでは「SN-TW9500dp」の方が優れていますので、万人におすすめ出来るのは「SN-TW9500dp」となります。

実機レビュー ユピテル 最新STARVIS 2カメラドラレコ「SN-TW9500d」「SN-TW9500dP」の評価

ユピテルWiFi対応の新型2カメラSTARVISドライブレコーダー「SN-TW79d」発表!

まとめ

以上、2020年3月時点で発売されているユピテルの2カメラドライブレコーダー6モデルについてご紹介しました。

最近は2020年基準で各社のドラレコを評価しなおしていますので、こちらの表を見て頂けるとざっくりとした特徴が掴めると思います。

2020年点数視野角ナンバー昼ナンバー夜逆光明るさ暗視
ZDR02522.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 IR Duo22.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
CS-91FH21.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Duo21.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
HDR963GW21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
PDR800FR21.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Plus Duo20.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW8120.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRV-MR850020.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
VREC-DZ700DLC19.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW80d19.5点★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SN-TW9500dp19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR02619.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
DRY-TW9100d19.0点★★★★★★★★★★★★★★★★★
DR750S-2CH18.0点★★★★★★★★★★★★★★★
S117.5点★★★★★★★★★★★★★★★★
46Z17.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
A129 Pro Duo17.0点★★★★★★★★★★★★★★★
GoSafe S70GS117.0点★★★★★★★★★★★★★★★★
ZDR-01515.5点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74514.0点★★★★★★★★★★★
YA-67014.0点★★★★★★★★★★★★
DRV-MR74012.5点★★★★★★★★
CSD-790FHG11.5点★★★★★★★★
=2pt、=1pt、☆=0.5pt

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!