JAFと言えばロードサービスの印象が強い団体ですが、実はドラレコもいくつか販売しています。

今回は、JAFが販売している2017年モデルの2カメラドラレコ「ドラドラ6アルファ」について評価して欲しいと言うご要望がありましたので、調査してみました。

ドラドラ6アルファのスペック

ドラドラ6アルファのスペックは以下の表の通りです。

ドラドラ6アルファ
ADAS搭載 安全運転支援機能付きドライブレコーダー ドラドラ6α ADAS搭載 安全運転支援機能付きドライブレコーダー ドラドラ6α
17.10発売
フロント:1920×1080/27fps
リア:1280×720/30fps
LED信号対応(フロントのみ)
録画視野角
フロント:水平110°
リア:水平90°
microSD付属32GB
microSD最大128GB
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画/自動起動
※最大2時間
専用ケーブル
OP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

JAFはドライブレコーダーが一般に認知される以前からドラレコを販売していますし、「ドラドラ6アルファ」については韓国製との表記がありますので、モノの作りはなかなか良さそうです。

ただし、少し古いモデルと言う事もあり、リアが100万画素ですのでスペック的に最近のドラレコと比較するとちょっとしんどい感じがします。

録画視野角もフロントは水平110°とまずまず広いですが、リアが水平90°と狭くなっています。

駐車監視の仕様について

駐車監視についてはOPの専用ケーブルを使用する事で、エンジンOFF後も常時録画を継続する仕様と書かれています。

特に操作は必要ないパターンですが、最大で2時間までしか監視は継続されないようなので、使い易いものではなさそうです

WiFiにも対応しているそうです

WiFi対応のドライブレコーダーはそれほど珍しくはありませんが、「ドラドラ6アルファ」のWiFi機能は少し変わっているようで、スマホだけでなくWiFi対応のパソコンからも専用ブラウザを使用して動画をダウンロード出来るようです。

まぁ、車内にノートPCを持ち込む人用ですね。

WiFi機能についてはモジュールは内蔵されていないので、付属のドングルをドラレコに挿し込んでWiFi機能にをアクティブにする模様です。

まとめ

以上、JAFの2カメラドラレコ「ドラドラ6アルファ」についてまとめました。

現在の実勢価格が4万円を超えており、スペックも2016年時点であればそこそこ良いモデルではあると思いますが、2019年現在ではかなり厳しいと言う印象です。

前後370万画素のコムテックの「ZDR026」ですら、3万円台前半ですし、このスペックだと2万円未満が適正化と思います。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう