こんにちは!Omiです。

2020年7月に発売されているアルパインの2カメラドライブレコーダーうち、最後にご紹介するのが液晶を搭載しないカーナビ連動のWiFiモデルである「DVR-C320R」です。

他の2機種との違いはこちらの通りです。

 DVR-C310RDVR-C370RDVR-C320R
ナビ連動×
解像度前後:1920×1080/29fps
視野角前:対角144°
後:対角140°
前:対角143°
後:対角160°
前:対角144°
後:対角160°
補正WDRWDRHDR
GPS別体付属別体付属内蔵
WiFi×
フォーマット不要
スーパーナイトビジョン×
駐車監視動体検知+衝撃検知動体検知+衝撃検知
タイムラプス+衝撃検知
動体検知+衝撃検知
タイムラプス+衝撃検知

「DVR-C320R」のみがHDR対応と書かれていますので、この3機種のうち最上位モデルは本機であると予測しています。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DVR-C320R」のスペック

「DVR-C320R」のスペックはこちらの表の通りです。

DVR-C320R
20.07発売
フロント:1920×1080/29fps/HDR
リア:1920×1080/29fps/WDR
LED信号対応
視野角
フロント:対角144°
リア:対角160°
microSD付属32GB/最大128GB
フォーマット不要
GPS内蔵
WiFi対応/液晶なし
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知/自動起動
タイムラプス+衝撃検知/自動起動
専用ケーブル付属(3芯)
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

同時に発売されている他の2機種はTHINKWAREのOEM製品で、ベースモデルもほぼ特定できているのですが「DVR-C320R」についてはイメージセンサーのスペックなどが公表されておらず、デザイン的にも似たものが見つけられなかったので全くの未知のモデルです。

一点、コーデックがH.265になっている点に気が付いたのですが、この録画方式は通常では4Kサイズなどの高解像度のデータの圧縮にしか使われない高効率のコーデックで、THINKWARE製品としては「U1000」という4K+2.5Kリアカメラの製品でしか確認出来ていません。

■ 「DVR-C320R」取扱説明書

前後合わせて1200万画素で録画 超絶STARVISドラレコ THINKWARE「U1000」

おそらく…ですが、完全なオリジナルとは考えにくいので、THINKWAREが他国向けに生産しているOEM製品などに同一の仕様に近いベースモデルがあると予測していますが、THINKWAREでは見た事がないHDR補正を採用しています。

充実の安全運転支援機能

「DVR-C320R」には煽り運転対策を含めた後方車間距離のイベントロックを含めて、4つの安全運転支援機能が実装されています。

・前方衝突警報
・後方衝突警報
・車線逸脱警報
・発進遅延警報

このうち、後方衝突警報についてはコムテックやケンウッドの製品と同様に警報と合わせてイベント録画も行います。

まとめ

以上、「DVR-C320R」の特徴について解説しました。

本機に関してはカーナビとの連動が前提の製品ですが、WiFiアプリにも対応していますのでカーナビレスの状態でも使えるかどうか気になりますね。

THINKWAREの未知のモデルなので興味はありますが、カーナビレスでも使用可能であるなら12月~1月頃にテストしてみようと考えています。

※カーナビと連動させないと動作保証できないと言うアルパインサポートからの回答でしたので、テストは諦めます。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!