サンコーからスマートミラー型2カメラドライブレコーダー「MIRDRV72」が発売されています。

現時点までにこの手のスマートミラー型のドラレコは6モデルほどテストしていますが、1万円台のものは明らかに画質が悪く、2万円を超えるものでもハズレを引いた事があります。

価格帯だけを考えると「MIRDRV72」はギリギリボーダーライン上にあるような感じになりますが、その実力は如何ほどのものでしょう?

「MIRDRV72」のスペック

「MIRDRV72」のスペックは以下の表の通りです。

MIRDRV72
19.02発売
液晶解像度不明
フロント:1920×1080/30fps
リア:1280×720/30fps
LED信号対応(と書かれているが不明)
レンズ視野角
フロント:対角140°
リア:対角125°
リアカメラケーブル6m
microSD付属なし
microSD最大128GB
GPS非対応
駐車監視モード
衝撃検知
自動起動
内蔵バッテリー
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

スペック表だけ見るとAUTO VOX「X1/X2」、MAXWIN「MDR-C002」などと似たような感じで、GPSには非対応と言う部分だけが異なるように見えます。

インターフェイスがあのモデルとソックリ

「MIRDRV72」のインターフェイスの画像を見ていて気が付いたのですが、実は2万円超えなのにダメダメだった液晶王国の「QD-M301」と同系列のものと分かりました。

以下、液晶王国の「QD-M301」のインターフェイスです。

まぁ、「MIRDRV72」をテストした訳ではないので正確なところは分かりませんが、実はこの系統のタッチパネル操作はAUTO VOXやMAXWINとは似て非なるもので、フリックやドラッグ操作には対応していない可能性が高いです。

以下の説明を見ると出来そうな気がするんですが…

確かに上下に映像範囲を調整できるものの、フリックやドラッグではなく、段付きで表示エリアが切り替わる仕様でした。(液晶王国の「QD-M301」)

「MIRDRV72」の画質について

「MIRDRV72」の画質については公式サイトにサンプル動画が上がっています。

フロントカメラに関してはトンネル内などの負荷の掛かるシチュエーションの動画ではなく、曇りの日の当たり障りのない状況下ですので評価不能ですが、リアはかなり白潰れに弱そうな印象です。

夜間の動画を見てもダイナミックレンジは狭そうですね。

「MIRDRV72」のまとめ

「MIRDRV72」を実際に使用した訳じゃなないですが、見た感じ液晶王国の「QD-M301」と同じ工場の別提案のように感じます。

あんまり大きな声で言いたくはないですが、液晶王国の「QD-M301」については正直な感想を言うと、「よくこんなもん、この値段で売るなぁ…」と言ったところでした…。

1万円台前半~1.5万円くらいが適正価格のように思いますね。粗利を深く取ってるんでしょうけど。

そもそもサンコーさんも中国系商品の何でも輸入屋さんなので、構造的に良いドラレコが出てきにくい背景になってると感じますし、公式サイトの製品説明も翻訳機かなんか使った?と感じるような説明文です。(片手間でやってるような?)

多分、amazonなどで1万円台前半~1.5万円くらいで出ている中華系の良く分からないメーカーの製品度同等の性能かな…と予測します。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう