※2020年11月10日~実機レビューを追記しました。なお、このレビューは2020年夏にほとんど終わっていましたが、不具合の修正報告が遅かったので公開も大幅に遅れました。現状では発見された不具合は改善されています。

こんにちは!Omiです。

YAZACOから車内も撮影できる2カメラドライブレコーダー「X2 Pro」が発売されています。

同社は既に3カメラの「P3 pro」と言うハイエンドな製品を販売していますので、クラス的にはその下のスタンダードとなりそうです。

「X2 Pro」のスペック

「X2 Pro」のスペックはこちらの表の通りです。

X2 Pro
2カメラ ドライブレコーダー どらいぶれこーだー YAZACO X2 Pro 令和最新版 前後カメラ 車内外同時撮影 SONY STARVISセンサー 2K 500万画素 超強暗視機能 1080P スーパーコンデンサ内蔵 ACC駐車監視 超広視野角 WDR 赤外線搭載 動体検知 衝撃録画 ループ録画 GPS機能 2.0インチ 小型 ドラレコ 18ヶ月保証期間 日本語説明書付き
YAZACO
20.06?発売
フロント:1920×1080/28fps
インナー:1920×1080/28fps
LED信号対応
フロントレンズ視野角:対角155°
リアレンズ視野角:対角165°
microSD付属なし/最大256GB
GPS内蔵
駐車監視モード
タイムラプス/自動起動
動体検知(前のみ)/手動起動
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

デザインは180°回転可能なフロントカメラと4灯の赤外線LEDを装備したインナーカメラを搭載するスタイリッシュな円筒型で板型マウントを採用しています。

イメージセンサーはフロントが500万画素のIMX335、リアは200万画素のIMX307のいずれも夜間特化型のSTARVIS対応センサーで2カメラ撮影の出力解像度は前後「1920×1080」のフルハイビジョンになります。

ハードウェアスペック的には、AUTO VOXのAurora辺りに近い感じかと思います。

※Auroraは前後IMX307ですが、両方ともフルハイビジョン出力ならIMX307の方がIMX335よりも有利な気がします。

付属品とデザインについて

「X2 Pro」のレビュー概要は以下の動画でも視聴出来ます。

 

「X2 Pro」のセット内容はこちらの通りです。

①ドラレコ筐体
②板状マウント×2セット
③miniUSBシガー電源ケーブル
④miniUSBケーブル
⑤取扱説明書
⑥ドラレコマグネットステッカー

本体のデザイン

本体デザインはマウントの高さがないカプセルタイプで、中央の液晶サイズは2インチでドラレコとしてはやや小さめとなっています。

表面素材ドライブレコーダーにはよく使われているマットブラックのブラスチックですが、特に高級感はないものの安っぽさも感じません。

ボタン類は液晶下部に5つとなっています。

上側面にはminiUSB電源端子、microSDカードスロットが装備されています。

シガー電源ケーブル

シガー電源ケーブルはスタンダードなmicroUSBタイプです。

「X2 Pro」の取付について

今回はランエボ10に「X2 Pro」の取り付けを行いました。

マウントが板状ですのでもっと上の方にも取り付けが可能でしたが、今回は液晶部分より右をルームミラーから出す形にしています。

なお、液晶部分をミラー裏に隠してしまうと、助手機側がインナーレンズの死角になってしまいます。

他社製品と比べるとインナーレンズの可動範囲が広く、左右のサイドガラスを均等に映しやすいと言うメリットがあります。

「X2 Pro」のインターフェイスについて

起動時間は2カメラドラレコとしては標準的な11秒程度です。

インターフェイスは中華系のドラレコでは良くあるタイプのメニューのトップツリーが①録画系、②システム系、③静止画系、④再生系の4つに分かれるタイプで、私が苦手なやつです。

メニューに入るにはOKボタンで録画停止、メニューボタン一度押して録画メニュー、二度押しでシステムメニュー、長押しで静止画メニュー、二度長押しで再生メニューと切り替わります。

ボタンが5つあり、どれがどの役割かが分かりにくいので操作性は良くありません。

なお、メニューに入るには録画ボタンで録画停止し、メニューから出た後には再度録画ボタンを押さなければ録画が再開されませんので注意が必要です。

ファームウェアでメニュー離脱後は自動で録画再開されるように変更されています。

画質について

「X2 Pro」の画質については、フロントカメラ・インナーカメラのいずれもVANTRUE「N2 Pro」、AUTO VOX「Aurora」と昼夜の見え方を比較しています。

主な比較ポイントはこちらの通りです。

①録画視野角
②ナンバー認識精度
③逆光補正能力
④夜間のナンバー認識精度
⑤夜間の明るさ
⑥暗視能力

録画視野角について

フロントカメラの録画視野角はドライブレコーダーとしては広めの水平114°、インナーカメラはこの手の車内向けカメラとしてはかなり広めのの水平122°程度でした。

「N2 Pro」では前席のサイドガラスがほとんど映っていませんが、「X2 Pro」では両側の窓がそこそこ広く映せています。

ナンバー認識精度について

「X2 Pro」はフロントカメラのにじみが強く出ており、ナンバーの読み取り精度についてはフルハイビジョンモデルの中では低いと言う結果でした。

逆光補正能力について

「X2 Pro」に使われているSTARVISセンサーは全般的に逆光補正能力が低めですが、フロントカメラは明るさが絞られていますので逆光時の白飛びには強めではあるものの、光の周りの黒つぶれは出やすくなっています。

インナーカメラは「Aurora」と比べるとやや白飛びが出易いと言う特徴があります。(N2 Proよりはマシ)

夜間のナンバー認識精度について

「X2 Pro」は「Aurora」、「N2 Pro」よりも明るさの絞りを強くしていますが、夜間にヘッドライトが強く反射した部分のナンバープレートは真っ白になり、読み取る事が出来ません。

夜間の明るさについて

「X2 Pro」のフロントカメラは明るさの絞りを強くしている為、夜間の市街地では「Aurora」「N2 Pro」よりも暗く映ります。

一方でインナーカメラについてはレンズのセンター付近と外側で明るさが変わっており、車内の端っこが暗く映ると言う特徴がありますが、車外の視認性は「Aurora」と同じく良好です。

街灯が少ない場所をヘッドライトの光のみで走行時にはドラレコとしてはまずまずの明るさです。

インナーカメラは「Aurora」が最も車内外の認識能力が高いと言う結果でした。

暗視能力について

「X2 Pro」のフロントカメラには暗視能力はほとんどありませんでした。

※気になったポイントとしては前後カメラのファイルの間ギャップが0.5~0.7秒程度確認された点が挙げられます。通常は0.1秒以下ですので修正を提案しています。(直らないという事になるとおすすめは出来なくなります)

※2020年11月の時点の最新ファームウェアではギャップは修正されています。

西日本LED信号の見え方について

「X2 Pro」の出力フレームレートは28fpsとなっていますので、西日本エリアでのLED信号は高速点滅して映るでしょう。

ドライブレコーダーのLED信号対策のまとめ

動画の再生方法について

動画の再生については次の4つの方法をテストしました。

①ドラレコ本体での再生
②PC専用ビュワーでの再生
③PC汎用ビュワーでの再生

ドラレコ本体での再生について

ドライブレコーダーでの再生に関しては液晶サイズがやや小さめで若干動画の視認性が悪く、操作系も分かりにくいのでやや難ありといったところです。

PC専用ビュワーでの再生について

PCの専用ビュワーはこちらからダウンロード出来ます。

■ 「X2 Pro」ビュワー

機能的には非常に充実しており、以下の操作と表示が可能です。

①2カメラ同期再生
②映像の拡大縮小
③地図への走行軌跡の表示
④速度の表示
⑤方位計の表示
⑥Gセンサーグラフの表示

PC汎用ビュワーでの再生について

PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生も可能でした。

駐車監視の仕様と運用について

「X2 Pro」の駐車監視には次の2つのモードがあります。

・手動切替の動体検知モード:インナーカメラでは検知は行わない為、このモードの運用はおすすめしません。

・タイムラプスモード:専用の常時電源ケーブルと合わせて使用することで、エンジンOFFで自動で開始されます。OFF設定はないので終了する際には電源ボタン長押しで電源を落とす必要があります。

外部電源を使用した駐車監視の運用

ドラレコ用の外部バッテリー「UPS300」を使用しての駐車監視については、専用ケーブルを使用せず付属のシガーケーブルとエーモンのソケットを使用して走行中の録画モードを継続という形で行いました。

それぞれの外部バッテリーでの駆動時間の予測はこちらの表の通りです。(駆動の可否のみ確認)

型番UPS300
UPS400
UPS500EN6000EN12000
容量28.8Wh115.4Wh76Wh153Wh
駆動時間6.5時間26時間17時間34時間
満充電180分240分50分100分

ドラレコ駐車監視用 急速充電バッテリー ikeep MIGHTYCELL「EN6000」「EN12000」

大容量microSDでの録画・再生状況

「X2 Pro」は256GBまでのmicroSDカードがサポート範囲となっていますが、以下の512GBのカードは使用不可でした。

■ サムスン512GB U3

※1時間当たりのデータ使用量は11GB程度です。

偽物に注意!!ドライブレコーダーにおすすめのmicroSDカードは?

地デジへノイズの影響について

地デジへのノイズの影響のテストは、初期型リーフの純正EVナビで行いました。

ギリギリでフルセグが映る場所での電源のON/OFFの操作で、アンテナの数に変化はありませんでした。

ラジオへのノイズ干渉も確認出来ませんでした。

※なお、電磁波ノイズの影響は車種やカーナビの種類、アンテナの位置で異なる場合がありますので、結果は参考程度に捉えてください。

ドライブレコーダーのノイズ、地デジ電波障害の対策

「X2 Pro」の総評

最後に「X2 Pro」の総評です。

ドラレコとしての視野角や画質面ではAUTO VOXの「Aurora」と大差はありません。

大きく異なるのはデザイン面ですので、この辺りは好みかと思います。

円筒っぽいこのデザインが良ければ「X2 Pro」、スタンダードな箱型ならAUTO VOXの「Aurora」を選びましょう。

2カメラ ドライブレコーダー どらいぶれこーだー YAZACO X2 Pro 令和最新版 前後カメラ 車内外同時撮影 SONY STARVISセンサー 2K 500万画素 超強暗視機能 1080P スーパーコンデンサ内蔵 ACC駐車監視 超広視野角 WDR 赤外線搭載 動体検知 衝撃録画 ループ録画 GPS機能 2.0インチ 小型 ドラレコ 18ヶ月保証期間 日本語説明書付き
YAZACO

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 前後が撮影できる2カメラドライブレコーダー11選

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!