ディーラー・量販店向けにドライブレコーダーを販売しているワーテックスの360°+リアカメラの2カメラドラレコ「DVR-360-2」についてご質問を頂きましたので特徴をご説明します。

なお、ワーテックスの製品は「日本製」を謡っていますが、企画は中国・韓国のものが多く、法に触れない範囲で生産の最終工程のみを日本国内で行っているものと推察されます。

「DVR-360-2」に関しても元の企画自体は中国工場のもの、これを日本向けにローカライズして生産の最終工程を日本で行っているものだと思います。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DVR-360-2」のスペック

「DVR-360-2」のスペックは以下の表の通りです。

DVR-360-2

フロント:1440×1440/24fps
リア:1280×720/20fps
LED信号対応
レンズ視野角
フロント:水平180°×垂直220°
リア:水平124°
リアカメラケーブル10m
microSD付属32GB
microSD最大32GB
GPS非対応
駐車監視モード
タイムラプス/自動起動
専用ケーブル
DRC-P03
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

類似モデルとしてはイエローハットで販売されている「DRX-P518HR」が挙げられます。

イエローハットで販売されている360°+リアカメラのドラレコ azur「DRX-P518HR」がなかなか良さそうな件

上記「DRX-P518HR」については「なかなか良さそうである」評価しているところから、類似モデルの「DVR-360-2」も同様の評価になります。

ただし、360°モデルの問題としてナンバー認識能力は絶望的であると言うものがあり、本機に関してもフロント部が200万画素の出力解像度である事から、ナンバー認識は不可と見て良いでしょう。

従って、煽り運転や駐車中の当て逃げの証拠を残す目的には最も向いていません。

※リアが100万画素なので、後続車がかなり接近してくればナンバーは読み取り可能な筈ですが、フロントカメラでは不可

煽り運転対策としては360°ドラレコは一番向ていない筈だが、あらゆるメディアでおすすめされている怪

一方で広い範囲を幅広く撮影できる事から、事故の際の状況証拠を押さえる目的では「なかなか良さそうである」と言う評価になります。

まとめ

以上、「DVR-360-2」の特徴についてご説明しました。

導入の目的が事故の際の状況証拠の把握のみであればなかなか良いモデルですが、煽り運転対策、駐車監視には向いていませんので、そのような目的であればフロントに別途200万画素以上のドラレコを設置した方が良いでしょう。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう