※2018年5月26日更新~レーダー探知機+ドライブレコーダーが合体したコムテック「CB-R01」について追記しました。

レーダー探知機とドライブレコーダーの連動モデルやセットモデルが随分と構成が充実してきた最近のドラレコ業界ですが、やはり理想はレーダー探知機とドライブレコーダーの機能が一つになった一体型モデルではないかと思います。

つい最近までこの手の一体化モデルは発売されていなかったのですが、どうやら3~4月にかけてコムテックから本格的な「レーダー探知機」+「ドライブレコーダー」の機能を併せ持った理想的なモデル「CB-R01」が発売されています。

この「CB-R01」の登場により、「レーダー探知機」+「ドライブレコーダー」の組み合わせの幅が広がりましたので、念のため大雑把に現状の組み合わせを説明すると以下の通りとなります。

  • 「CB-R01」のような完全に一体化したマルチ機能のデバイスを選択する
  • オービス警報のみを搭載したドライブレコーダーを選択する
  • ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデルで揃える
  • ドライブレコーダーとレーダー探知機は全く別々に選択する

どの組み合わせが最もおすすめであるかは、購入するユーザーの運用方法や好みの部分に左右されますので一概には言えませんが、この記事では上記の4つの選択肢の具体例や、それぞれのメリット・デメリットなどについて解説していきます。

「レーダー探知機」+「ドライブレコーダー」が完全に一体化したモデル

現状では2018年前半に発売されたコムテックの「CB-R01」のみが該当するかと思います。

 

このモデルはスペック的には、水平視野角115°でフルハイビジョンのスタンダードクラスのドライブレコーダーと、ジャイロセンサーなし・OBD2接続不可のエントリークラスのレーダー探知機がセットになったようなものとなっています。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CB-R01
18.0?発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/29fps
LED信号対応
水平115°(レンズ)
HDR/WDR
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モードなし
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

駐車監視機能はなしとの事ですし、小型移動オービスについてもGPSのみの対応になりますので、ドライブレコーダーとレーダー探知機のそれぞれのハイエンドモデルの組み合わせと比べると機能・性能面では劣るものの、それぞれの機器の平均的なスペックには近い仕様ではあります。

レーダー探知機としての運用を考えると、ダッシュボード上への設置が前提となるかと思います。

個人的な感覚としては、車の買い替えの際に「こう言ったモデルがあれば神だな!」と考えていた仕様ですので、これからはコムテックではなく「神テック」と呼ばせて頂こうと考えています。

ドライブレコーダーとレーダー探知機のそれぞれの機能の特徴をもう少し詳しく見て行くと、ドライブレーダーとしては水平視野角115°(レンズ)との事ですので、走行中の状況証拠の確保能力は同社のモデルでいうと、「ZDR-012」と「ZDR-014」の間となり、ドラレコの全体の中では上の下のクラスとなります。

※駐車監視機能はないので、あくまでの走行時のみ使用する方向け

レーダー探知機機能としては、GPSデータは最新の上位モデルがベース、レーダー探知機能あり、無線はフル対応、小型移動オービスのレーダー波には非対応、ジャイロなし、OBDⅡ非対応となっていますので、基本はエントリークラスと同様になりますが、GPSデータと無線対応に関しては上位モデルと同等となります。

価格的には別々に同クラスのモデルと購入するよりも安いので、これからドラレコとレーダー探知機の両方を購入しようと検討している方にはかなりおすすめ出来そうなモデルですね。

メリットはコスパが高く、設置の面で有利になる点、デメリットはそれぞれのガジェットのハイエンドモデルには機能・性能的に劣る点が挙げられます。

オービス警報のみを搭載したドライブレコーダー

「CB-R01」はレーダー探知機能と、GPSによる取締検問情報まで収録されていますが、ここで紹介するモデルはオービスポイントの警報のみを行うドライブレコーダーです。

なお、固定オービスに対するGPS警報を求めるのであれば、ドライブレコーダー意外にもこのような機能を持つガジェットがあり、最もお金が掛からないのはスマホの無料アプリを使用する事です。

■ おすすめの無料レーダー探知機アプリ

何らかの事情でスマホのアプリを使用出来ないようであれば、各社のカーナビにも有料のオービスデータに対応しているものもあります。

■ カーナビ用オービスデータ

ポータブルナビにはオービスデータだけでなくネズミ捕りや、オプションでレーダー波探知機能も付帯させることが可能なモデルもあります。

■ ユピテル ポータブルナビ 2018年モデル

利便性を考えると、ドライブレコーダーにオービス警報機能を求めるよりも、上で紹介した方法の方がおすすめです。

それでもどうしてもドライブレコーダーにオービスデータを搭載したモデルを使ってみたい!と言う「ガジェット好きな方」に、オービス対応のドライブレコーダーを4つ紹介します。

駐車監視特化の超広角モデル

2018年の2月に発売されたコムテックの「HDR-751G」は、水平131°程度の超広角な録画視野角と強烈なHDR補正による白つぶれ防止、夜間の明るさが特徴的なモデルです。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
HDR-751G

18.02?発売
参考価格 18.02.14
25,897円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平130~132°?
HDR/WDR
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
HDROP-014
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

録画視野角・逆光補正・夜間の明るさと、ドライブレコーダーの基本性能の部分が非常に高く、駐車監視に関しても非常に利便性が高いモデルです。

■ コムテック 2018年モデルドライブレコーダー「HDR-751G」のレビュー、評価

駐車監視特価の2カメラ対応モデル

THINKWAREの「X500」「F750」は7月から日本国内のモデルでもオービス警報に対応するようになりました。

また、2018年3月に発売されているこれらの上位モデル「F770」についても同様にオービス警報を搭載しています。

THINKWARE
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
F750

X500

F770
16.12発売18.03発売
参考価格 18.03.06
27,800円24,800円33,800円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
リアカメラはOP扱い
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
リアカメラはOP扱い
BCFH-150A
西日本LED非対応
フロント録画視野角:水平113~114°(録画)
リア:不明
WDR
付属16GB付属32GB
最大64GB
GPS内蔵
安全運転支援&オービス警報
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知動体検知+衝撃検知orタイムラプス
自動起動
専用ケーブル
通販モデルはOP扱い
PA8-3M
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この3つのモデルはCMOSセンサーやCPUなどを含むチップセットは同一ですが、「F770」「F750」はWiFi対応の液晶なし、「X500」は液晶搭載モデルとなります。

「F770」と「F750」の違いは、上位の「F770」には駐車監視中のスーパーナイトビジョンモード、タイムラプスモードが搭載されており、駐車監視の面でより強化されているモデルとなっています。

特徴はいずれも高画質で長時間の駐車監視の利便性が高く、2カメラの録画に対応しています。

西日本LED信号に非対応なのが超残念なポイントですが、東日本での使用を前提に考えている人にはおすすめです。

■ 前後2カメラ SUPER NIGHT VISION対応 THINKWARE「F770」のレビュー、評価

■ THINKWARE X500のレビュー、評価

■ THINKWARE F750のレビュー、評価

スタンダード&高画質モデル

Jes(日本電気サービス)の「DRC-210」「DRC-310」はほぼディーラ専売モデルかと思います。(「DRC-210」のみ楽天市場での販売あり)

Jes
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRC-210

DRC-310
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.09発売不明
参考価格 17.07.27
30,240円
楽天市場
-
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×10802560×1440/27.5fps
1920×1080/55fps
HDR/1920×1080/27.5fps
WDR
HDR/1920×1080/27.5fps
全国LED信号
55fps/27.5fps55fps/27.5fps
水平120.7°
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
安全運転支援機能
駐車監視モード
動体検知or衝撃検知
自動
内蔵電池20分
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この2つのモデルはスペックを見る限り、ハードウェアは同一、もともと408万画素のCMOSを使用していた「DRC-210」に対して、出力する解像度などのソフトウェアなどの部分を変更したものが「DRC-310」と思われます。

この2つのモデルは全く使用した事がないのですが、おそらくヒューレットパッカードの「f520g」「f530g」と同じ工場で生産されているものと思われます。

と言うのは、ハードウェアのスペックがレンズ・CMOSとも同一、ソフトウェアも酷似しており説明書は「f520g」「f530g」の転用が見られるからです。

また、専用ビュワーも同一となっています。

もともと「f520g」「f530g」もオービスに対応してはいますが、オービスデータが作成されていない為使用が不可の模様です。(ユーザーによるカメラの位置追加登録機能はある)

DRC-210説明書

 

f530g】説明書

仕様的には20分の内蔵バッテリーで駐車監視を行うようになっています。

画質に関してはそこそこ良さそうではありますが、「f520g/f530g」自体はそろそろ古いモデルになって来ていますし「1920×1080」の「DRC-210」の方はフルハイビジョンの中では高画質モデルだと思いますが、「DRC-310」の方は「2560×1440」の解像度だとハードウェア的にしんどいような気がします。(あくまでも予測)

ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデルで揃える

このパターンのメリットはそれぞれのガジェットの選択肢の範囲が広がり、特にコムテックのモデルに関してはドラレコでは一般の非連動モデルと比べても最上位の機能・性能である為、満足度が得られやすいという点です。

デメリットはレーダー探知機の機能や性能にこだわる場合、ユピテルの連動モデルがほぼ存在しない状態である為、妥協が必要な場合がある点です。

ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデルを選択する場合については、別途以下の記事にて説明しています。

■ ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデル

ドライブレコーダーとレーダー探知機は全く別々に選択する

このパターンのメリットは、どちらのガジェットも性能・機能面で最も満足できるモデルを選ぶことが出来る点に尽きます。

ドライブレコーダー、レーダー探知機ともにハイエンドである事に越したことはないですが、自分が必要としない機能に対して余分なコストを払うのもいかがなものかと思います。

また、コスパを鑑みて両方ともエントリークラスを選ぶというのも賢い選択である事もあるでしょう。

あれこれ自分で調べて吟味するのが好きな方や、各ガジェットへのこだわりが強い方は個別に選ぶことをおすすめします。

■ レーダー探知機比較 2018年の最新おすすめモデル

■ おすすめドライブレコーダーのまとめ

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう