※2020年8月27日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

ここ数年で車にカーナビを搭載せずにカーナビ機能はスマホで間に合わせる方が増えています。

一方でスマホの画面では小さ過ぎて見にくいと言う理由から、インダッシュナビまでは行かなくても取り付けが簡単でほとんどの車にポン付けが可能なポータブルナビを購入されるユーザーも少なからずいらっしゃるようです。

また、通常はスマホにバックカメラの映像を出力する事は出来ませんので、バックカメラの映像を出力するモニターの役割も兼ねてポータブルナビを選択するケースも多そうです。

※一部スマホに映像出力できるバックカメラもあり

スマホに映像が出力できるWiFi対応のバックカメラのまとめ

そこでこの記事ではポータブルナビにバックカメラの映像を出力した方向けに対応製品をいくつかご紹介します。

おすすめするのはこの3社

バックカメラの映像が入力可能なポータブルナビはこちらの3社の製品がおすすめです。

①パナソニック

②ロードクエスト

③ドリームメーカー

なお、これ以外にポータブルナビのシェアが大きいメーカーとしてはユピテルが挙げられますが、同社の製品はバックカメラの映像出力には対応していません。

機能的に最も充実しているのがパナソニックのゴリラ

この3社のうち個人向けのポータブルナビとして最も機能的に充実しているのが、パナソニックのゴリラナビの最上位モデル「CN-G1400VD」です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥46,428 (2020/09/23 11:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

本製品と他の2社との決定的な違いは方向転換を検知するジャイロセンサーを搭載している点になります。

ジャイロなしのナビの場合には駐車場内などで進行方向を見失う事が多いですが、ゴリラナビに関してはそのような事はなく常に高い精度で自社位置を把握する事が可能です。

また、VICS WIDEにも対応していますので関東エリアにおいては、リアルタイムのプローブ情報(走行中の車から吸い上げる走行データ)を活用しての渋滞回避ルートの自動選択も可能となっています。

地図に関してはゼンリン16GBを採用し、ポータブルナビの中では同社のみが1,741都市の詳細地図を搭載しています。(他社は1グレード落ちる1,295都市)

対応するバックカメラも最新の高画質なHDR対応品が指定されており、バックカメラの画質の面でも最高の選択と言えるでしょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,400 (2020/09/23 11:50:47時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニックのポータブルナビ ゴリラ 2020年モデルの違いとおすすめモデル

2万円台ならロードクエストがおすすめ

ロードクエストはガラケー時代から携帯電話向けのカーナビソフトを開発、2010年にはAndroidのカーナビアプリ「RoadQuest」リリースしているカーナビソフトウェアメーカーです。

ポータブルナビについても他社にソフトウェア提供してきましたが、最近ではハードウェアの販売も行っており、密かに人気メーカーとなっているようです。

同社のポータブルナビは7型・8型の2機種のみでの展開ですが、8型モデルは通常の40万画素の2倍以上の解像度である100万画素液晶を採用、渋滞情報はいずれもWiFiテザリングによるVICSオンデマンドに対応しています。

AV機能についても充実しており、フルセグ地デジの他にmicroSDカード・USBメディアから音楽と動画の再生が可能となっています。

ジャイロセンサー非搭載であるのが弱点ですが、2万円台では最も機能的に充実した製品です。

なお、地図データはゴリラと同じゼンリン16GBですが、詳細地図が現行ゴリラの1,741都市ではなく2019年のゴリラと同等の1,295都市となっています。

なぜロードクエストのカーナビが密かに人気なのか?その理由を考えてみた

激安だが評判が良いドリームメーカー

ドリームメーカーは主にトラック向けの9型ポータブルナビを販売しているメーカーですが、一般車両向けには1万円台からバックカメラ対応製品を販売しています。

こちらの「PN715B」は7型液晶の個人車両向けの製品ですが、ゴリラと同じゼンリン16GBを採用しているにも関わらず価格的には1.6万円程度と非常にコスパが高いのが特徴です。

ジャイロセンサーは非搭載、VICSにも非対応ですが必要最低限の機能で良いという方には最もお勧めの製品です。

ドリームメーカーのカーナビのまとめ

バックカメラ対応のポータブルナビのまとめ

以上、バックカメラ対応のポータブルナビについておすすめの製品をご紹介しました。

これらのメーカーは比較的品質面での評価は安定しているように見受けられますので、予算と目的に合わせて最適な製品を選びましょう。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ バックカメラの選び方 おすすめ18選

■ バックカメラと兼用のドライブレコーダー4選

■ レーダー探知機~外部入力でバックカメラを使用出来るモデル

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!