※2018年10月5日更新~2018年モデルが出揃いましたので内容を全面的に見直しました。

1DINのオーディオについては、ここ数年間目立った動きがありませんでしたが、2018年10月に発売のパイオニアのモデルで、今までになかったような新しいモデルが出てきています。

このモデルはスマホ時代の液晶なしのオーディオユニットとしては、現時点で最も理想形に近い仕様になっています。

1DINカーオーディオも新旧のモデル入れ替えが急激に進むか?

最近はカーナビ機能をスマホやタブレットに移行させている人が増えている為、アフターマーケットのカーナビは従来型のカーナビはどんどん価格が下がる一方で、今までになかった付加価値型のカーナビの高価格帯モデルが増えています。

スマホやタブレットと比較すると、インダッシュ型のカーナビのメリットは通信料が掛からない点、スタンダードモデル以上では案内精度に優れている点などが挙げられますが、地図の更新などにのお金が掛かるなどのデメリットも存在しています。

カーナビは要らないけどオーディオ機能は欲しい、と言う方は1DINのオーディオや2DINのカラー液晶タイプのオーディを選ぶという選択肢は以前からありましたが、全く使わないCD再生などの機能が入っていて価格が高くなっていたり、スマホの操作になれてしまうと、見にくい文字表示だけの液晶を見ながらボタン操作を行うのが苦痛に感じる事もあるでしょう。

現状、国内主要メーカーで1DINのオーディオを販売しているのはパイオニア、ケンウッド、クラリオンの3社となりますが、クラリオンは数年間モデル更新が行われておらず、このまま撤退してしまいそうな勢いなので、2018年にほとんどのグレードが更新されてスマホとの連動性が大幅に向上したパイオニアと、ケンウッドの1DINオーディオについてご紹介します。

パイオニア 1DINオーディオ

パイオニアの1DINオーディオはスマホユーザーへの対応の過渡期にあり、また、他社に比べてオールレンジでユーザーを捉えようとしている為、非常にモデル数が多いです。

切り口も非常に多いので、ここでは以下の括りの中でパイオニアの1DINオーディオを比較、紹介します。

・CDのみ搭載(その他のデジタルメディアは全て非対応)

・USBあり、Bluetoothなし

・CDなし、USBとBluetoothあり

・全てあり

 

やや細かい括りになりますが、スマホの音楽再生自体はUSB接続でも可能ですが、Bluetoothがあるものは概ねスマホとの連動性が高いもの…と、ご理解頂いて結構です。

CDのみを搭載するモデル

CDのみを搭載するモデルは、2012年に発売された「DEH-380」のみが、いまだに存続しています。

パイオニア 1DINオーディオ CDのみ
DEH-380
12.10発売
カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ DEH-380 1DIN CD カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ DEH-380 1DIN CD
Amazon
楽天市場
Yahoo!
CD〇
USB×
iOS/Android×
Bluetooth×
50w×4chアンプ

CDの再生以外にはラジオの視聴、アナログによる外部入力が可能となっており、価格も安いので車内でラジオとCDだけ聴ければ良い、と考えている方にはこのモデルで充分かと思います。

USBあり、Bluetoothなし

こちらは最近では少数派になりつつある、Bluetoothに非対応のモデルです。

パイオニア 1DINオーディオ Bluetoothなし
MVH-3500DEH-4500
18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD〇
USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth×Bluetooth×
50w×4chアンプ50w×4chアンプ

現状ではCDなしの「MVH-3500」「DEH-4500」の2モデルになりますが、USBポートは搭載していますので、有線でiOS・Androidのスマホの音楽の再生は可能です。

また、専用のアプリをインストールする事でスマホの音楽を再生出来るだけでなく、オーディオ本体の設定などの変更も可能です。(まぁ、この機能自体は目新しいものでもありませんが)

CDなし、USB、Bluetoothあり

パイオニアの1DINオーティオでは、このカテゴリーが最も先進的と言える機能を搭載しており、スマホとの連動性に優れている事から個人的には最も注目しています。

パイオニア 1DINオーディオ CDなし Bluetoothあり
MVH-5500MVH-6500MVH-7500SC
18.10発売18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD×CD×
USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇
Smart Sync〇Smart Sync〇Smart Sync〇
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

見た目のスペックは3モデルとも同様ですが、以下の違いがあります。

・MVH-5500~背面のRCA出力はサブウーファー、またはリアスピーカーのみ

・MVH-6500~背面のRCA出力はフロント出力+リア出力+サブウーファー出力、またはHi/Mid/Lowの帯域

・MVH-7500SC~背面のRCA出力はフロント出力+サブウーファー出力、またはフロント出力+リア出力、筐体上部にスマホホルダーを搭載し、スマホとの一体感が強化

 

3モデルともに、以下の2018年モデル用に新たに開発されたオーディオ連動アプリ「Smart Sync」に対応しています。

おそらく、パイオニアは海外向けにもこの製品をベースにしたモデルを売っていきたいのではないかと感じますね。

この中でも今回特に注目したいのがスマホホルダーが搭載されている「MVH-7500SC」です。

「Smart Sync」の仕様はどのモデルに対しても変わらないかと思いますが、「MVH-7500SC」はボタン配置がスマホ連動用に最適化されており、カーナビアプリを表示させるボタンなどが搭載されています。

デザイン的にもシンプルで無駄がなく、スマホを設置した際の一体感もなかなか良いのではないかと感じますね。

1年前に出ていれば私は絶対にこれをコペン用に買ってました。

今はAndroid OS搭載の2DINカーナビを入れてしまっているので…タイミング的に非常に残念に感じています…一年遅ぇ!(笑)

Android OS搭載のカーナビとオーディオのまとめ

CD、USB、Bluetoothあり

このカテゴリーは上述のCDなしの上位グレードに当たりますが、新旧モデルが入り混じっており、やや分かりにくいモデル構成となっています。

パイオニア 1DINオーディオ CDあり Bluetoothあり
DEH-5500DEH-6500DEH-7100
18.10発売18.10発売14.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
CD〇CD〇CD〇
USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇
Smart Sync〇Smart Sync〇Smart Sync×
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

このうち「DEH-5500」「DEH-6500」は「Smart Sync」に対応した最新の上位モデル、「DEH-7100」は非対応の旧モデルとなります。

・DEH-5500~背面のRCA出力はサブウーファー、またはリアスピーカーのみ

・DEH-6500~背面のRCA出力はフロント出力+リア出力+サブウーファー出力、またはHi/Mid/Lowの帯域

・DEH-7100~背面のRCA出力はフロント出力+サブウーファー出力、「Smart Sync」には対応しない

 

CDありのモデルではスマホスタンド付きのモデルはありません。

先程のスマホスタンド付きの「MVH-7500SC」が予想以上に売れれば、スマホスタンド付きの物がスタンダードになり、展開モデルの幅出しが行われるかも知れませんね。

ケンウッド 1DINオーディオ

ケンウッドも同様に2018年10月にほとんどのモデルを更新していますが、旧モデルから機能面で進化した点は見受けられず、どちらかと言うとアイテム縮小に向かっているイメージです。

最新モデルと今後継続して行きそうなモデルも含めても5モデル程度になりますので、Bluetoothの有無で括ってご紹介します。

Bluetoothなし

Bluetoothありのモデルは以下の2モデルのみです。

ケンウッド 1DINオーディオ Bluetoothなし
U330MSU340W/U340L
17.10発売18.10発売
Amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD〇
USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth×Bluetooth×
50w×4chアンプ50w×4chアンプ

「U330MS」はCD、BluetoothなしでUSBのみでのデジタルメディアの再生に対応しており、「U340W/U340L」(色違い)については、これにCDドライブが追加された形となっています。

なお、2018年モデルから音楽再生の際に使用するスマホのアプリがAndroidのみへの対応であった「KENWOOD Music Play」から、外部アプリの「Spotify」に変更となっており、iOS端末でもプレイリスト等の管理は出来るようになっていますが、スマホからオーディオの各種設定などの操作は出来ません。

Bluetoothあり

Bluetoothありのモデルは以下の3モデルです。

ケンウッド 1DINオーディオ Bluetoothあり
U340BMSU340BTU380BT
18.10発売18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD〇CD〇
USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇
--バリアブルカラー
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

これらの3モデルはBluetoothに対応はしているものの、スマホとの連動性の面ではスマホからオーディオの各種設定などの操作は出来ないようですので、パイオニアのモデルと比べると使い勝手はよろしくなさそうです。

その他、FLAC形式のファイルがBluetoothなしのグレードでは48kHz/16bitまでだったものが、これらのモデルでは96kHz/24bitとなっています。

何れもリアのRCA出力に関してはサブウーファーまたはリアスピーカーのみとなります。

■ 「U340/380BT」「U340BMS」取扱説明書

1DINカーオーディオ、各メーカーモデルの比較

ここでは、パイオニアとケンウッドの製品を以下の機能別に括って比較します。

・CDのみ搭載(その他のデジタルメディアは全て非対応)

・USBあり、Bluetoothなし

・CDなし、USBとBluetoothあり

・全てあり

CDのみ搭載

CDのみ搭載搭載の必要最小限のモデルはパイオニアの「DEH-380」だけです。

CDとラジオ、またはAUX入力による音楽再生のみが可能で、他のデジタルメディアには対応していません。

価格的には最も安くなっていますが、同じ括りに他のモデルがないので、次のカテゴリーのモデルとの価格差を見て検討した方が良いでしょう。

USBあり、Bluetoothなし

USBあり、Bluetoothなしのモデルは以下の4つになります。

パイオニアケンウッドパイオニアケンウッド
MVH-3500U330MSDEH-4500U340W/U340L
18.10発売17.10発売18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD×CD〇CD〇
USB〇USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth×Bluetooth×Bluetooth×Bluetooth×
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

機能的はよく似ている同社のモデルですが、CDなし・CDありのどちらにおいてもオーディオの設定などの変更をスマホ側から実施できるパイオニアのモデルの方が使い勝手が良さそうです。

CDなし、USBとBluetoothあり

このカテゴリーはパイオニアとケンウッドを合わせて4モデルとなります。

パイオニアケンウッド
MVH-5500MVH-6500MVH-7500SCU340BMS
18.10発売18.10発売18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD×CD×CD×CD×
USB〇USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇
Smart Sync〇Smart Sync〇Smart Sync〇-
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

パイオニアの3モデルは「Smart Sync」に対応していますし、ケンウッドは1DINオーディオの開発にはイマイチ力を入れていないように感じられますので、ここはパイオニア一択で良いのではないかなぁ…と感じますね。

価格にもよりますけど。

やはり個人的には「MVH-7500SC」が一番興味があります。(興味ない人もいるんだろうけど)

全てあり

CD、USB、Bluetoothに対応した全てありのモデルは以下の4モデルとなります。

パイオニアケンウッド
DEH-5500DEH-6500U340BTU380BT
18.10発売18.10発売18.10発売18.10発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
CD〇CD〇CD〇CD〇
USB〇USB〇USB〇USB〇
iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇iOS/Android〇
Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇Bluetooth〇
Smart Sync〇Smart Sync〇-バリアブルカラー
50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ50w×4chアンプ

こちらも先程と同様にスマホとの連動性の部分ではパイオニアのモデルの方が高いかと思いますので、おすすめはパイオニアですね。

なお、「DEH-5500」と「DEH-6500」の違いは以下の通りです。

・MVH-5500~背面のRCA出力はサブウーファー、またはリアスピーカーのみ

・MVH-6500~背面のRCA出力はフロント出力+リア出力+サブウーファー出力、またはHi/Mid/Lowの帯域

中国メーカーのAndroid OS搭載の1DINオーディオ

ここ1~2年でAmazonなどで急速にAndroid OS搭載のオーディオの出品が増えているようです。

これらのモデルは、従来のオーディオユニットにWiFi通信機能を持つAndroid OSを搭載したタブレットがくっついていると考えて頂けると分かり易いかと思います。

品質の安定性や、音質などではかなり微妙であるかとは思いますが、機能的な部分では原則としてAndroidのアプリが全て使用出来ますので、Yahoo!カーナビなどの比較的使い易いカーナビアプリも使用が可能です。

AndroidAutoでは使用が出来ないアプリも使用可能ですし、価格も非常に安い事から今後は急速に普及が進むかも知れません。

対応メディアに関してはCD/DVD/フルセグ地デジに対応していたり、していなかったりとモデルによって差がありますが、必要最小限の機能で良いと考えるユーザーにはなかなかおすすめのカテゴリーかも知れません。

詳しくは以下の記事を参照してください。

https://car-accessory-news.com/android-carnavi/

1DINオーディオのまとめ

以上、1DINのオーディオ14モデルを紹介しました。

おそらくこの手の製品の検討する方は目的が様々で、純正のオーディオユニットでは使い勝手が悪く音質も微妙と感じていたり、カーナビはいらないけど音楽は良い音で聞きたいと考えている方かと思います。

各メーカーもそのニーズに合わせて製品をラインナップしているので、目的に合った物が見つかれば幸いです。

取り付けに関してはカーナビよりは簡単ですので、DIYでチャレンジしてみるもの良いでしょう。

■ カーナビの取り付けは意外と簡単

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう