ユピテルがまた STARVISってます(笑)

春先の超広角 STARVISドラレコの「SN-SV70c」に始まって、7月に「SN-SV60c」の発表とSTRAVISモデルの登場が相次いでいますが、8月には3系統目の「SN-ST50c」が発表されています。

最上位の円筒WiFiモデルの「SN-SV70c」の実勢価格が、8月現在では2.6万円弱となっており、同社の括りとしてはSTARVISドラレコは全てハイエンドの位置付けなっているのですが、「SN-ST50c」がどれくらいの価格で出てくるのが興味深いところです。

「SN-ST50c」のスペック

「SN-ST50c」のスペックは以下の表の通りです。

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
SN-ST50c
18.08?発売
amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/30fps
LED信号対応
録画視野角 水平103°
HDR
附属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知(走行時のモードを継続)
自動起動
専用ケーブル
OP-E863
OP-VMU01
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

おそらく…ですが、200万画素のドラレコ向けのカラーCMOSセンサーはそれほど種類は多くないと思うので、イメージセンサーは他のSTARVISモデルと同様ではないかと思います。

録画視野角は水平103°と、綺麗に「SN-SV70c」→「SN-SV60c」→「SN-ST50c」の順になっています。

■ ユピテル WiFi対応 スーパーナイトビジョンドラレコ「SN-SV70c」のレビュー、評価

■ ユピテル ユピテル 夜間特化型 STARVIS対応 スタンダードクラス WiFiドラレコ「SN-SV60c」

また、他のモデルとは異なり、デザインがボックスタイプのスタンダードでWiFi対応でもありませんので、グレード的には明らかにユピテルのSTARVISドラレコの中では一番下の位置付けになります。

駐車監視の仕様は動体検知なしの「常時録画+衝撃検知」となっており、運用面ではイマイチと言った感じになろうかと思います。

インテーフェイスを見る限りは、同社ウェブ専売モデルの「WD300」に似た感じになっていますので、そのうちウェブ専売のSTARVISモデルも出るかも?と勝手に予測しています。

■ ユピテル通販モデルドライブレコーダー「WD300」のレビュー、評価

7月に発表されている「SN-SV60c」が、まだネット通販店舗に出回っていないので、発売は少し後になりそうな予感もしますが、価格帯などがある程度決まってきたらユピテルさんにサンプルの貸与をお願いしてみようと考えています。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう