「信頼の世界ブランド」に値しないケンウッドのドラレコ事業

こんにちは!Omiです。

最近2年くらいのケンウッドのドライブレコーダーの売り方は、製品の性能・機能・品質、そしてサポート対応を向上させる事よりも、あたかもそれらが他社と比べて優れているようにユーザーに錯覚させるような「ブランド知名度によるゴリ押し」の傾向が強くなってきたと感じます。

つい最近まではドラレコカテゴリーのトップページには、このようにケンウッドのドライブレコーダーが支持されるのは「信頼の世界ブランド」だから、と謳われていました。

ケンウッドのドラレコは不良品率が一番高かった!

このようにケンウッドはブランド知名度による「信頼感」を売りにドラレコ市場で戦っていますが過去に私がテストしてきたドラレコの中で不良品率が最も高かったのがケンウッド製品です。

■ 日本メーカーのドラレコの品質・サポートが良いと断言は出来ないと言う話

ケンウッドはドラレコメーカーとしては最も規模が大きく、知名度も高いメーカーですので、このメーカーの主要製品はほとんどの製品を購入しています。

・KNA-DR350
・DRV-230
・DRV-340
・DRV-610
・DRV-W630
・DRV-830
・DRV-MR740
・DRV-MR745
・DRV-MR8500

現在までに9機種を購入していますが、このうち「DRV-MR740」「DRV-MR745」で不良品を引きました。

私が引いた不良品率は22.2%と非常に高めです。

因みに上記記事では最新の「DRV-MR8500」については、ほとんどのmicroSDカードで不具合が発生していますが、不良に含めていません。これを含めると脅威の3割越えの不良品率になります。

「DRV-8500」は致命的な不具合で販売停止に

私が「DRV-MR8500」をテスト時には、microSDに関する不具合のみが確認出来ましたが、amazonなどのレビューを見ると映像のにじみやぼやけがかなりの確率で発生しているように見受けられました。

これは2020年10月上旬から指摘されていた内容ですが、3ヶ月が経過した1月6日にケンウッドからこのようなアナウンスがあり、販売停止になってるようです。

■ ドライブレコーダー「DRV-MR8500」をご愛用のお客様へお詫びとお知らせ

この度、弊社ドライブレコーダー「DRV-MR8500」において、映像がぼやけて録画される事象が判明いたしました。
現在、この事象の改善のためにソフトウェア、ハードウェアの両面で検討を進めておりますが、解決にはしばらく時間を要する状況でございます。
改善の目途が立ちしだい改めてご案内させていただきますので今しばらくお待ちいただきたく存じます。

そもそもケンウッドの主力モデルは台湾メーカーのOEM生産品

ケンウッドは今でこそコムテックに次いで日本でのドアレコシェアNo.2となっていますが、ドラレコ処女作は2014年12月に発売された5V機の「KNA-DR300」です。

それ以前からコムテック・セルスターは韓国メーカーの流れを汲む12V機、ユピテルは台湾系と見られる5V機を販売していましたが、ケンウッドの「KNA-DR300」はフルハイビジョン+GPSアンテナ内蔵と
当時としてはハイエンドなスペックで、価格もお手頃、そして「ケンウッド」と言うブランド知名度が合わさって過去にない売れ筋モデルとなりました。

この「KNA-DR300」は、その後のモデルチェンジでいくつかの系統に分化し、現在では以下の同社主力製品が台湾のMioと言うブランドを持つメーカーのOEM生産品と見受けられます。

・「DRV-250/350/355」:シングル
・「DRV-650/W650」:シングル
・「DRV-C750」「CMOS-DR750」:360°
・「DRV-MR450/MP740/MR740/MR745」:2カメラ

12V機の出所は不明ですが…

ケンウッドにはこれらの台湾系のOEM商品群の他に、12V3芯で駆動するおそらく…ですが基本設計が韓国系と見られる系統もあり、この系統は2016年から展開されています。

・「DRV-410」
・「DRV-830」
・「DRV-MR8500」

このうち、「DRV-830」についてはタイの自社工場製となっており、今回問題が発生した「DRV-MR8500」は台湾製との表記が見られます。

「DRV-830」については台湾Mioの製品群とは一線を画し、ケンウッドのドラレコとしては珍しく高評価の製品でした。(企画・設計は自社ではないかも知れませんが、組み立ては自社工場)

そして、その後継機の2カメラバージョンと考えられた最新の最上位機種「DRV-MR8500」は、不具合の発生がなければまずまずの高画質、機能的にもそこそこ優れていたのですが、残念ながら中華メーカー以下の品質の安定性だったようで、販売停止となっています。

もともと韓国系の技術をベースに企画・設計されていたものを台湾に持ち込んで安く生産しようとして失敗しちゃんたんですかね?

そもそも…ですけど、あれだけ頻発しているmicroSDカードの不具合やにじみの問題はデバッグをしっかりやっていれば見抜ける筈ですし、中華メーカーの製品よりも価格が高いのはそのようなデバッグの手間が織り込まれているから、と解釈していたので、今回の問題発生でケンウッドのドラレコ事業はやはり張り子の虎であると確信…までは行きませんが、それに近い認識となりました。

まとめ

私はアンチケンウッド派ではなく、彩速ナビなどは結構気に入って6年位使い続けてますしケンウッドに対して特に悪い印象を持っている訳ではありません。

ただ、一部のユーザーの中には日本メーカーの製品は「日本製」であり、これらは「中華メーカー」の製品よりも絶対的に優れてると思い込んでいる方も多いようですが、実際のところはそんな事は全くないです。

中華メーカーは相変わらず玉石混交ですし、品質や完成度、サポートなどが良いメーカーと悪いメーカーの差が激しいですが、中華のトップメーカーの製品であれば、評価基準が厳しいオンラインでユーザーの要望と真摯に向き合っているので、台湾OEM製品が主力のケンウッドよりも品質は安定していると感じます。

そもそも、過去に200台以上のドラレコをテストした結果として、不良品率が3割超えのケンウッドよりも高い不良品率をマークしたメーカーがありません。

現在では「信頼の世界ブランド」の表記は消えてますが、この問題が忘れ去られた頃にまた言い出すんでしょうか?

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

日本メーカーのドラレコの品質・サポートが良いと断言は出来ないと言う話
...

コメント

  1. フロマージュ より:

    ディーラー純正のケンウッド製ドラレコ(DRV-N530と同形状)もよくエラーが発生しました…

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      フロマージュ様
      情報提供ありがとうございます!
      ディーラー向けはしっかりデバッグされてそうな印象でしたが、やはりエラー多いんですね…。
      何かみんなが騙されてる感がありますよね(笑)

  2. カネダ より:

    いつも拝見させて頂いてます。

    管理人様の考える中華メーカーの信頼度ランキングが知りたいです。
    出来ればそのランキングに日本のメーカーも入れて欲しいです。
    今後のドラレコ購入の参考にします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      カネダ様
      信頼度って明確な指標がないのでランキング形式は難しいですね。
      ケンウッドのように不良品率を集計すればその結果を公表できますけど。

      生産背景を考えると韓国系のコムテック・セルスターは一番上のクラス、ユピテルも自社開発が多そうなので同じ位ですかね。
      中華メーカーだとVANTRUEが頭一つ抜けてます。グローバルな売上規模だとVIOFOの方がVANTRUEより上ですが、ファームウェアのデバッグが雑な印象ですね。

      VANTRUE:グローバル市場での年間の販売台数は12万台との事ですので、概ね日本首位のコムテックの売上規模の1/3くらいです。
      https://car-accessory-news.com/drive-recorder-vantrue/

      VIOFO:中国の大手ドライブレコーダーメーカーで、欧米中心に年間30万台の販売実績を持つグローバルメーカーです。
      https://car-accessory-news.com/drive-recorder-viofo/

      後はAUTOVOX辺りが続く感じですかね。

      基本的にはモデル更新が遅めで、同じ型番を長く大量にうるスタンスのメーカーの方が当たり前ですが品質は安定します。

      • カネダ より:

        お返事ありがとうございます。

        AKEEYOはどうでしょうか?
        サイト内の評価を読む限りでは非常に高いのかなと思っているのですが、今回名前が出てこなかったので品質の安定は良くないのでしょうか?

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          カネダ様
          AKEEYO全般的に品質は悪い方ではないですが、コロコロモデルを入れ替える多品種小ロットの売り方なのでVANTRUE、VIOFO、AUTOVOXよりは落ちる印象です。
          スマートミラーを扱うメーカーの中では上の方です。

          例えば極端な事例だとサポート窓口代行をお願いされた場合
          やってもいい:VANTRUE、AUTOVOX
          ちょっと考える:VIOFO、AKEEYO
          って感じですかね(笑)

タイトルとURLをコピーしました