オウルテックのドライブレコーダーの違いとおすすめモデル

※2019年6月22日更新~最新の状況に合わせて内容を見直しました。

オウルテックというメーカーをご存知でしょうか?

パソコンに詳しい人、とりわけ自作パソコンを作った事があるような人なら誰でも知っているであろう、大手国内パソコン部品メーカーとして有名な会社です。

最近ではソフトウェアや電子機器の開発も行っているようですが、2015年12月からドライブレコーダー市場にも参入しています。

オウルテックの現行ドライブレコーダーは5モデル

オウルテックのドライブレコーダーは基本的には中国工場企画のODM製品が多いように見受けられますが、年式の古いモデルは他社との差別が出来ており良いものが多いです。

ところが新しいモデルになって来ると、その他のODM供給メーカーと製品が丸被りに近い状態のケースも見受けられ、価格だけ微妙に高いと言った現象も発生していますので注意が必要です。(企画自体がオリジナルでないとこう言う問題が発生し易い)

オウルテックは昔からODM生産品を販売しているようですが、古いモデルの供給元はおそらく台湾系のメーカーが使っていた工場

「OWL-DR01」

「OWL-DR01」はオウルテックのドライブレコーダーとしてはデビュー作になります。

フルハイビジョンのGPS内蔵モデルで、出元はおそらく台湾メーカーのDODの「LS470W」を生産していた工場と見受けられます。

「OWL-DR01」のスペック的には「LS470W」と全く同一で、SONYの廉価版ではないExmorイメージセンサーを搭載、視野角は水平90°とやや狭いのですがナンバー認識精度が高く、色の階調が豊かなので景色が綺麗に撮影出来ます。

私が全てのオウルテックのドライブレコーダーの中で一番好きなのが実はこのモデルです。

オウルテック「OWL-DR01」のレビュー 評価
...

「OWL-DR04」

「OWL-DR04」はオウルテックのドライブレコーダーの中では最も価格が安いエントリーモデルです。

録画解像度はフルハイビジョン、録画視野角は水平110°程度とスペック的にはなかなかバランスが良く、2016年頃には1万円程度の価格帯では一時期最も売れていた時期もあります。

現在では1万円程度のドラレコはありふれていますが、それに合わせて本機の価格も6千円台まで下がっていますので、この価格帯であれば現在でもかなりおすすめ出来る逸品となっています。

オウルテック「OWL-DR04」のレビュー 評価
...

「OWL-DR06」

「OWL-DR06」は2017年12月に発売された「2304×1296」の高解像度モデルですが、ほぼ同時期に発売されているVANTRUEの「X1 Pro」と同一筐体で解像度を「2560×1440」から「2304×1296」に落としたモデルです。

この筐体のモデルは他のメーカーからも出ていましたし、オリジナリティ・スペック・価格のどれをとっても中途半端な感じになってしまってますね。

オウルテック「2304×1296」ドライブレコーダー「OWL-DR06」のレビュー、評価
...

「OWL-DR701G」

「OWL-DR701G」は上記の「OWL-DR06」のGPSマウント付属バージョンですので、こちらもコスパ的には微妙なモデルになります。

「OWL-DR801G-2C」

年次が進むに従って発表されるモデルがどんどんダメになる傾向が強い同社ですが、「OWL-DR801G-2C」に関してもその例外ではありません。

本機は2019年1月に発売された2カメラモデルになりますが、リアの解像度が100画素のHDとなっています。

2カメラドラレコ自体がこのタイミングでは既に前後フルハイビジョン化が終了しており、リアHDモデルは一部のエントリーモデルやディーラモデルなどしかありません。

価格帯的に1万円台が適正かと思いますが、現時点だと2万円台半ばですので高過ぎです。

オウルテックのドライブレコーダーのまとめ

以上、オウルテックのドライブレコーダー現行モデルの特徴についてご紹介しました。

おすすめは比較的特徴がはっきりしていて価格が安い「OWL-DR01」と「OWL-DR04」ですね。

特に「OWL-DR01」は景色が綺麗に撮影出来ます。

オウルテック「OWL-DR01」のレビュー 評価
...

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

コメント

  1. 岡本章 より:

    ドライブレコーダーの購入を検討しており、お勧めのオウルテックOWL-DR04-BKを第一候補と考えていましたが昨日Amazonに下記のカスタマーレビューがありメーカーに問い合わせたところ走行中の事故の場合、事故後数分間の画像ファイルはロックされて上書きできなくなるがその直前のファイルはロックされない仕様とのことでした。改善要望は出しておきましたが是非早急に対応いただきたいものです。
    —————————————————-
    Amazonのレビューからの引用

    5つ星のうち 1.0ドライブレコーダーではありません
    投稿者 wingclaft 投稿日 2016/7/13
    衝撃前の画像は記録されませんのでお気をつけてください、一番大切な事故原因の画像は記録されません。
    ドライブレコーダーではありません。

  2. 管理人:omi より:

    岡本様、貴重な情報のご提供ありがとうございます。

    オウルテックOWL-DR04-BKにつきましては、衝撃感知時の緊急録画ファイルは常時録画ファイルにロックを掛けて「ロックフォルダ」に保存されます。

    有名ブランドの製品だとケンウッドの「KNA-DR350」と同じ仕様で、今のところこの仕様の方がドライブレコーダー市場ではスタンダードです。

    1ファイルあたりの録画時間を5分に設定しているのであれば、そのファイルの録画が開始されてから10秒後に衝撃を感知したとして、衝撃前10秒+衝撃後4分50秒の録画となります。

    ファイルの切り替わりの瞬間に衝撃が加わった場合、事故前の動画はロックフォルダに移動されませんが、録画はされています。

    ファイルの切り替わりのタイミングによっては、事故前の状況がそのまま長時間録画し続ければ上書きされて消えてしまいますので注意が必要です…が繰り返しになりますが現状ではこの仕様がドライブレコーダーのスタンダードです。

    なお、パイオニアの「ND-DVR10」、ケンウッドの「DRV-610」などは、常時録画分に被せて、別途専用のファイルを生成する仕様の筈ですので、この点を重視するようであれば「ND-DVR10」、もしくは「DRV-610」の方をおすすめします。

    オウルテックも含めて、コンタクトが可能なメーカー様に対しては「ND-DVR10」「DRV-610」同様に緊急時録画ファイルを別途生成する旨を提案しておきます。

  3. たこやき より:

    イエローハットでOWL-DR07を見たのですが、この商品はどのように評価されますか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      たこやき様
      特徴のない普通のフルハイビジョンモデルですね。ここは中国工場のODM生産(企画も中国)が多いので、多分ネットで売られている中国メーカーの製品だと5~6千円くらいのグレードかと思います。

  4. ドラレコ迷い中 より:

    OWL-DR901W の購入を検討していますが、この製品に対する管理人様の評価(特に夜間での性能を知りたい)はいかがでしょうか?
    また、オウルテックの他製品同様、同じスペックの製品が他に有るのでしょうか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      ドラレコ迷い中様
      生産の背景的には完全オリジナルは難しいと思いますので、何かベースがありそうですが確実なことは言えないですね。
      この辺を見る限り、暗いほうだと思います。

      https://youtu.be/dj3REnIVKjg

  5. 陸上好き より:

    ドラレコの3カメを装着する予定です。
    オウルテックのOWL-DR803FG-3CとVANTRUEのN4で悩んでいます。
    ネット上でのOWL-DR803FG-3Cの評価レビューが少ないので、Omi様に評価して頂いたいです。
    宜しくお願いします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      陸上好き様
      OWL-DR803FG-3CはN4の下位互換の認識なので、積極的にテストはしない方向です。
      日本のメーカーだからサポートが安心という点がメリットかと思います。

      先方からサンプル提供などの依頼があれば別ですが、スケジュール的にもポンポンねじ込める状態でもないので(笑)
      https://car-accessory-news.com/schedule/

タイトルとURLをコピーしました