アルファードのドラレコ取り付け方法について解説

納車間もないアルファードにドライブレコーダーを取り付けました。

選んだドライブレコーダーですが、駐車監視モードを搭載し、視野角が広く、動画が最も鮮明なPAPAGO!「GoSafe 520」です。

2016y08m30d_140130912

■ パパゴ「GoSafe 520」の評価 レビュー

GoSafe 520は画質の面では満点だが

画質や視野角は最高レベルのものを選んでいますが、ルームミラーの裏への取り付けを考えており、アルファード自体は妻がメインで運転する車の為、駐車監視のオンオフの操作が簡単なものというのがもう一つの条件でした。

「GoSafe 520」は画質や視野角の面では満点ですが、駐車監視に関しては自宅の駐車場では使用しませんので、外出先で駐車時にオン、発車時にオフを繰り返さなければならないのがネックです。

この点はどのドライブレコーダーであっても、自宅駐車場ではオフ、外出先ではオンという設定の切り替えが必要になります。

自宅駐車場でもオンにしておきたいケースではアサヒリサーチのドライブマン「GP-1」などのオートモードを使用すると楽ですが、自宅周辺は子供も少なく治安も悪い場所ではありませんので、自宅では駐車監視は行いません。

■ ドライブマン GP-1の評価、レビュー

アルファードはフロントガラスの傾斜が鈍角の為、どのドライブレコーダーでもミラー裏への設置は可能ではありますが、駐車監視の際にその都度ミラーを跳ね上げて本体の操作を行うのは妻にはハードルが高すぎるので、手元で駐車時の電源をオンオフ出来る常時電源ケーブルを合わせて使用しました。

つまり、「GoSafe 520」の動体検知機能は使用せず、駐車中も常時録画を行う運用方法となります。

ドライブレコーダーの取り付けに使用したもの

まずはドライブレコーダー本体です。

常時電源ケーブル「FineSafer S」は、INBYTEのドライブレコーダー用に販売されていますが、シガーソケットタイプの為、他の車用電子機器にも使用が可能です。(メーカー保証外)

ディップスイッチの設定で、6時間・12時間・24時間のタイマーと、11.6V~12.2Vまでの電圧降下によるシャットダウンが可能です。

2016y08m30d_141823513

■ 「FineSafer S」取扱説明書

電源取出し用ヒューズは、常時電源とACC用の2種類が必要になります。

30系アルファードの場合には常時電源用が低背タイプ10A、ACC用が同じく低背タイプの15Aとなります。

これらのヒューズを各1個ずつ用意します。

これ以外に必要な工具は、「FineSafer S」の配線をヒューズ電源に接続する際に必要な電工ペンチとギボシ金具の♂とチューブが各個ですが、個別に買うよりもターミナルセットを購入した方がお得です。

また、「FineSafer S」のマイナスアースを取るのに車体のボルトを緩めて絞め直しますので、10mmのレンチかスパナを用意しましょう。

配線はヒューズボックスからグローブボックスの裏を通して固定しますので、配線固定用の金具もあった方が良いでしょう。

これらの工具等が揃えば比較的簡単に誰でも取り付けが可能だと思います。

アルファードへのドライブレコーダーの取り付け方法

ドライブレコーダーの取り付けについては特に難しい部分はないのですが、アルファードの場合、ヒューズボックスが助手席側の足元に逆さまになる形でついているので、ヒューズの取り外しが姿勢的にややしんどい部分がありました。

また、手元で電源のオンオフが可能なスイッチの設置位置や配線の処理を考えるのにやや時間が掛かってしまいました。

その辺りが決められれば作業自体は非常に簡単です。

では、本題のドライブレコーダーの取り付け方法について説明します。

助手席下のアンダーパネルを外す

助手席の下をのぞき込むと、このようなアンダーパネルが見えると思います。

2016-08-29 15.29.51

このパネルはこのように手前側4ヵ所がクリップで留まっているだけです。

2016-08-29 15.31.07

右側からでも左側からでも構いませんが、このクリップを下方向に押します。

2016-08-29 14.38.50

クリップを押した状態で、その部分のパネルを手前に引くとパネルが簡単に外れますので、この作業を4ヵ所繰り返します。

4ヵ所のクリップを外せば、あとは自然にアンダーパネルが外れる筈です。

グローブボックスを外す

グローブボックスの外し方はもっと簡単です。

まずはグローブボックスを開けた状態で左側に付いているダンパーを外します。

2016-08-29 15.32.52

この際に、ダンパーとグローブボックスを接続している部分を左側に強めに押します。

そこそこ力を入れないと外れないかも知れません。

ダンパを外したらグローブボックスを手前に最大限に引き寄せて、奥の方を左右から押しつぶしながら手前に引きます。

2016-08-29 15.33.42

グローブボックスは奥でこのような突起が引っ掛かっているだけなので、簡単に外れます。

2016-08-29 15.33.35

グローブボックスを外すと中はこのようになっていますが、ここにはヒューズボックスはありません。

2016-08-29 15.36.09

ヒューズと取り出し電源を挿し替える

ヒューズを抜き取るのにラジオペンチなどがあればそれで構いませんが、ない場合にはボンネットのヒューズボックスの中にヒューズ取り出しクリップが収納されていますので、そちらを使用します。

ボンネットを開けて向かって右側のこのボックスです。

2016-08-29 15.24.39-1

手前のクリップを引くと簡単に蓋が外れますので、蓋を外してヒューズ取り出しクリップを外します。

2016-08-29 15.25.44-1

次に車内の助手席側に設置されているヒューズボックスを探します。

30系アルファードの車内ヒューズボックスは、助手席の下側をのぞき込まなければ見えません。

グローブボックスがあった当たりの左側を下から覗き込みます。

2016-08-29 15.39.18

ヒューズボックスのカバーは手前に引くだけで簡単に外れます。

2016-08-29 15.52.38

カバーにはヒューズボックス内の配置明細が記載されていますので、常時電源(DOOM NO.2 10A)とアクセサリー電源(CIG 15A)を探します。

2016-08-29 15.41.58

クリップでヒューズを挟み込み、手前に引けば簡単に抜けますので、ヒューズを抜いて取り出し電源と差し替えます。
2016-08-29 16.02.43

その際に、ヒューズ取り出し電源のケーブルが向かって左側に来るように注意します。

なお、車内ヒューズボックスのカバーは取り付け不可になりますので、無くさないように注意しましょう。

「FineSafer S」とヒューズ取り出し電源を接続し、マイナスアースをとる

続いて「FineSafer S」とヒューズ取り出し電源を接続します。

「FineSafer S」のケーブルは先端にギボシ金具が付属していません。

2016-08-29 14.45.56

黄色と赤のケーブルの先端にギボシ金具の♂をかしめます。

その際に必ずチューブを先に通すようにしましょう。

かしめ終わったら、「FineSafer S」とヒューズ取り出し電源を接続します。

2016-08-29 16.04.13

「FineSafer S」の黄色のケーブルに赤の10A 常時電源(DOOM NO.2)、赤いケーブルに青の15A(GIC)を接続します。

次にマイナスアースと取りますが、グローブボックスの奥右側に10mmのボルトがありますので、このボルトを緩めて「FineSafer S」の黒いケーブルの先についている金具を挟み込んでボルトを仮止めします。

2016-08-29 16.57.25

ドライブレコーダーの起動を確認する

この段階で「FineSafer S」の黄色の常時電源側に通電している筈ですので、ドライブレコーダーのプラグを「FineSafer S」のプラグに挿し込んで起動を確認します。

「FineSafer S」のボタンを3秒間長押しする事で常時/ACCの給電切り替えが可能ですので、電源のオフ状況についても確認します。

正常に起動することが確認出来たら、ドライブレコーダー本体と「FineSafer S」のコントローラーの設置位置を決めます。

ドライブレコーダーはミラー裏に設置

運転時の視野の確保を考え、今回はミラー裏にドライブレコーダーを設置しました。

2016-08-29 18.03.07

今回はグローブボックスにコントローラーを設置、プラグは後で電源の増設が可能なようにグローブボックス内に設置しました。

本体の設置位置を決めてから電源ケーブルをルーフ側に引き込みます。

今回は配線カバーの上を這わせてルーフ側の上に配線を引き込んでいます。

2016-08-29 17.38.32

その際に配線固定金具を3ヶ所程度使用しました。

配線はルーフパネルに押し込んで助手席側のピラーまで引き込み、ピラーの中には入れていません。

ピラーに押し込んでも良かったのですが、ピラーが浮いてしまいそうな感じがしたのでピラーの継ぎ目を這わせる形にしています。

2016-08-29 17.38.48

ピラーからはドア枠の淵についているカバーの中を這わせてダッシュボード下まで配線を下ろします。

2016-08-29 17.39.14

ダッシュボード下から足元までは固定金具を使用して配線を這わせて、足元のパネルからはパネルの淵に配線を押し込んでグローブボックス裏に引き込みます。

2016-08-29 17.39.31

次に「FineSafer S」のコントローラーの位置を決めます。

今回はグローブボックスの運転席側としました。

2016-08-29 18.20.27

グローブボックス裏の配線をビビり音の防止の為に適当な位置に固定しながら、グローブボックスの表側に配線を引き出します。

2016-08-29 16.15.39

2016-08-29 16.58.23

次にグローブボックスを取り外した時の逆の手順で付け直して、コントローラーを設置します。

2016-08-29 18.20.27

その内に余った配線が暴れないように、グローブボックス内に固定しておくと良いでしょう。

以上で30系アルファードへのドライブレコーダーの取り付けは終了です。

「GoSafe 520」と「FineSafer S」を使用しての運用方法

今回のテーマは、車や電子デバイスに弱い妻が使用する車に、出来るだけ簡単な説明と操作で高画質で視野角が広いドライブレコーダーを取り付けると言うものでした。

使用方法をあれこれ説明するのも面倒ですし、この方法であれば運用上の説明は以下の2点で済みます。

1⃣出先で駐車する場合には、エンジンを停止させた後にコントローラーのボタンを長押し、ドライブレコーダーの電源オンを確認、家に戻るまでは操作しない

2⃣家に戻ったらエンジン停止後にコントローラーのボタンを長押してドライブレコーダーの電源オフを確認する

自分が使用するものでない場合、操作系は出来るだけ簡素な方が好ましく思います。

特に駐車監視の面に関しては、自宅ではオフ、出先ではオンという使用条件が多いと思いますので、GPSで自宅を登録しておけば、自宅から数メートル以内ではオフ、それ以外ではオンになる設定などが理想でしょうか?

いまのところそのようなモデルはありませんが、日本国内に限って言えばそのようなモデルが売れるのでしょう。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 30系アルファード カーナビの取り付け方法

■ 30系アルファード バックカメラの取り付け方法

■ 30系アルファード リアモニターの取り付け方法

■ 30系アルファード ETC2.0車載機の取り付け方法

■ 30系アルファードにレーダー探知機を取り付け

■ 30系アルファードブログ トップメニュー

この記事を投稿した人
管理人Omi

LaBoon!!の管理人です。2015年に趣味が高じてLaBoon!!の運営をはじめました。変態・奇人・変人扱いされるのはむしろ名誉な事だと考えています。(昔から)

LaBoon!!をフォローする
30系アルファードのブログ
この記事をシェアする
LaBoon!!をフォローする
ドライブレコーダーの専門サイト LaBoon!!(ラブーン)

コメント

  1. マサ より:

    コメント失礼します。
    右下のCiGからヒューズで電源をとりドライブレコーダーを取り付けましたが、常時電源が入りっぱなしにもなってしまいました。検電してもオフ時でも電気着てるのですがACCはどっからとった方がいいですかね?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      マサ様
      うちのはCiGはACC連動になってますけど、パネルに書かれているの上下左右の見間違いとかはないですか?
      ドラレコの電力は知れてるので、ACC通電ヒューズなら何でも良いような気もします。

  2. りょう より:

    初めまして、りょうと申します。
    アルファード30系後期にYAZACO p3 proを駐車監視機能ありで取り付けようと考えています。電源はヒューズボックスから取る予定です。
    その際、EN6000のバッテリーを使用しようと思っていますが、EN6000を使用する場合はこちらの記事で紹介されている低背タイプ10Aと15Aのヒューズは不要でしょうか。
    また、EN6000の記事を拝見したところ次の商品が必要だと思っていますが間違いないでしょうか。
    ・エーモン電源ソケット1542(YAZOCO p3 proがシガーソケットタイプであるため)
    ・YAZACO ドライブレコーダー用 Mini USB電源直結コード(ドラレコとEN6000を繋ぐYAZACO専用ケーブル)(EN6000の記事ではHDR-OP14とありました)
    ・EN6000本体
    ・エーモンターミナルセット(ギボシ処理用)
    ・エーモン 貼り付けクリックスイッチ(必要な場合)
    EN6000を紹介した記事では黄色線を車両ヒューズに接続する場合に電源取り出しケーブルが必要とありますが、こちらの商品の型番を教えていただけないでしょうか。

    色々質問してしまい恐縮ですが、お時間のある時に返信いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      りょう様
      EN6000を使用する場合にも低背ヒューズは必要ですね。
      アルファードの場合にはバッテリー室内置きなので、

      EN6000のINPUTは
      ・黄色と黒をバッテリー直がおすすめです。(この記事で使っている常時電源DOOMヒューズだと容量足りません)
      ・赤線のみ15AのCIGヒューズにした方が良いと思います。
      https://amzn.to/2I0JUq8

      常時電源をヒューズから取るのであればLUG CLOSER辺りが15A以上と適当かと思います。
      https://amzn.to/36agTjv

      ・エーモン電源ソケット1542
      ・YAZACO ドライブレコーダー用 Mini USB電源直結コード
      についてはどちらか片方のみが必要です。

      純正シガーケーブルとエーモン電源ソケット1542を組み合わせた方が、駆動時間が若干長くなります。(YAZACO ドライブレコーダー用 Mini USB電源直結コードには電圧カットオフがあるため)

      • りょう より:

        omi様

         返信いただきありがとうございます。非常にわかりやすく説明していただきありがとうございます。
        EN6000のINPUT(車両側との接続)についてですが、黄色部分について常時電源をヒューズから取る場合とカーバッテリーのプラス極に接続する場合があると思います。バッテリー直がおすすめとのことですが、バッテリー上がりなどの心配はないのでしょうか。もし心配ないのであれば低背ヒューズを買う費用ももったいないので、バッテリー直にしたいと思っています。
         再度の質問で申し訳ありませんが、返信のほどよろしくお願いいたします。

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          りょう様
          INPUTのACC線に通電していない状態ではカーバッテリーからの電流は流れないのでバッテリー上がりには繋がりません。
          INPUTのACC線は必ずシガーソケットなどのアクセサリー系のヒューズに接続して下さい。

  3. 櫻岡 より:

    omi様
     ありがとうございます。物が届いたので早速取りつけようと思いましたがわからない点がありますので、何点か質問させてください。
    ①エーモン電源ソケット1542(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07VDK17G1/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1)とEN6000OUTPUT側を接続する時のことについてわからなかったのでご教示ください。エーモン電源ソケットのヒューズホルダーが付いている方がプラス側であり、こちらをOUTPUT側の白線と接続すると思っていますが間違いないですか。また、接続する際は電工ペンチでギボシ処理すると思われますが、その際このヒューズボックスは残す必要がありますか。
    ②「エーモン 貼り付けクリックスイッチ」を使用して手元でドライブレコーダーの電源を管理したいと思っておりますが、シガーソケットタイプのドライブレコーダーの場合、どのような配線になるのでしょうか。
    ③MIGHTYCELLのINPUT側の赤線は15AのCIGヒューズ(https://amzn.to/2I0JUq8)と接続し、CIGヒューズをシガーソケットなどのアクセサリー系のヒューズに接続するので間違いないでしょうか。こちらの動画では(https://www.youtube.com/watch?v=C0RYeZ_Ljb0&t=445s)、赤線をシガーソケットと接続していたので念のため質問させていただきました。
    お忙しいところ恐縮ですが、返信のほどよろしくお願いいたします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      櫻岡様

      >①エーモン電源ソケットのヒューズホルダーが付いている方がプラス側であり、こちらをOUTPUT側の白線と接続すると思っていますが間違いないですか。
      その通りです。
      >その際このヒューズボックスは残す必要がありますか。
      故障防止の為のヒューズなので残したほうが安心です。

      >②「エーモン 貼り付けクリックスイッチ」を使用して手元でドライブレコーダーの電源を管理したいと思っておりますが、シガーソケットタイプのドライブレコーダーの場合、どのような配線になるのでしょうか。
      MIGHTYCELLのOUT側の白線とソケットの+線の間にスイッチを入れます。
      MIGHTYCELLのOUT側の白線にはエンジンのON/OFFに関わらず常に電流が流れています。

      ③MIGHTYCELLのINPUT側の赤線は15AのCIGヒューズ(https://amzn.to/2I0JUq8)と接続し、CIGヒューズをシガーソケットなどのアクセサリー系のヒューズに接続するので間違いないでしょうか。こちらの動画では(https://www.youtube.com/watch?v=C0RYeZ_Ljb0&t=445s)、赤線をシガーソケットと接続していたので念のため質問させていただきました。
      IN側
      ①黄色=15Aの以上の常時電源ヒューズ、またはバッテリー直(8A以上流れるので大きいヒューズ)
      ②赤=ACC系のヒューズ(信号取るだけなので容量は不問)
      ③黒=アース

      OUT側
      ①白=スイッチ+を経由でソケット+
      ②赤=絶縁
      ③黒=ソケット-と3極スイッチ-に分岐、2極スイッチならソケット-とのみ接続

      となります。

  4. りょう より:

    omi様

     こんばんは。以前色々と質問させていただいたりょうです。その節はありがとうございました。
     教えて頂いた内容で進めてみましたが、IN側の黄色が上手く接続されていないのか、バッテリーが充電されません。
     15Aの以上の常時電源ヒューズに黄色をLUG CLOSERに接続しましたが電圧が上がりませんでした。また、HAZに接続したところ電圧は上がりますが、ファザードが点滅しなくなってしまいます。
     そこで他の15A常時電源ヒューズであろう箇所を探したところ、P/OUTLETまたはINVが該当するのではと思っています。P/OUTLETは車種によって常時電源でない可能性もあるので、INVに接続しようと思いましたが、このINVがどこを示すのかわからなかったためご教示いただけないでしょうか。
     また、20Aなど他の常時電源ヒューズでオススメがありましたら併せてご教示いただけないでしょうか。
     なお、ヒューズとの接続にはhttps://amzn.to/36agTjvを使用しています。
     

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      りょう様
      >15Aの以上の常時電源ヒューズに黄色をLUG CLOSERに接続しましたが電圧が上がりませんでした。
      これは何を見て「電圧が上がらない」をご判断されていますか?この状況がわからないのですが、教えて頂ければこちらで現車確認してみます。

  5. N より:

    こんにちは。いつもサイトを拝見しています。
    30アルファード にドラレコをつけるんですが、おすすめはありますか? 個人的には、リアはスモークが貼ってあるので、コムテック、セルスター、N4辺りを考えています。
    駐車監視については、動体検知がついていればと思います。動体検知と衝撃検知をした場合に相手の顔が分かればと思います。バッテリーが心配ですが。。ちなみ車は週に2.3回近場で乗ります。
    N4にしようと思ったんですが、フロントの取り付け位置が目立つのが心配なんです。インナーカメラの関係で運転席側につけなければいけないとなると見た目が心配です。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      セルスターのドラレコは駐車監視中止モード中は30万画素、100万画素に解像度が落とされるので駐車監視向きではないですね。
      >駐車監視については
      >ちなみ車は週に2.3回近場で乗ります。
      駐車監視はその時だけ必要でしょうか?

  6. N より:

    週2回3回だけではなく、駐車監視は家でもしたいですが、する場合は外部バッテリーは必要になりますよね?
    外部バッテリーを付けるのはお金がかかるので、付けないでなんとかしたいと思ってますが、難しい気もします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      家でも駐車監視する場合にはどのドラレコでも外部バッテリーがないと厳しいですね。
      ※1カメラならT3と言うマイクロ波動体検知の省電力モデルがあります。
      https://car-accessory-news.com/vantrue-t3/

      なお、VANTRUEのドラレコは駐車監視用のケーブルが2芯ですので駐車監視の設定をOFFにしても、エンジンOFFでドラレコの電源が落ちません。駐車監視しない場合には手動での電源OFF操作が必要です。
      ※コムテックやセルスターは駐車監視の設定がOFFの状態ではエンジンOFFでドラレコの電源が落ちます。

  7. N より:

    ユピテルのy300rはどうでしょうか?
    スタービス搭載で、動体検知もついてますしいい気がします。家で駐車監視するなら、外部バッテリーは必要でしょうか?
    ちなみに私はアルファード30 にフィルム8パーセントをつけています。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      画質の面ではY-300Rも悪くはありませんが
      ・明るさの部分ではどんなに明るい製品でも、8パーセントのフィルムではかなり暗くなります。
      https://car-accessory-news.com/drive-recorder-smoke-2camera/
      この問題を解決するには、リアカメラを車外に設置できるタイプがベストだが、現状ではほぼスマートミラー型に限定される

      ・ドラレコの動体検知は、録画している時は常時録画と同等の消費電力、待機中は常時録画の7~80%の電力を消費します。(待機中には内部メモリに動画を展開しながら、動体を検知した時だけmicroSDに書き込む仕組みのため)
      従って動体検知モデルであっても、一日数時間以上の駐車を行う場合には外部バッテリーが必要になります。

      外部バッテリーを使わない事を前提で考えるのであれば、駐車監視は衝撃検知のみの省電力駐車監視モデルを選んだ方が良いと思います。
      ※衝撃を検知した後の数秒後から録画なので、証拠能力はイマイチ
      コムテックのほとんどの製品は、「衝撃検知のみ」の駐車監視にも対応していますよ。

  8. N より:

    これは、コムテックにするしかないですかね?笑笑 アルパインから9月発売予定の30アルファード 専用のデジタルインナーミラーも良いなと思ってます。

  9. N より:

    ありがとうございます。
    それでしたらコムテックがいいですかね?
    N4が自動で駐車監視をoffにする機能があれば良かったのですが…。
    あとはアルパインから9月に出る、アルファード専用のデジタルインナーのドラレコもいいかなと思ってました。一応フルハイビジョンでスタービスが307搭載のようです。確認済

  10. N より:

    N4は衝撃検知のみ駐車監視モードはないのでしょうか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      >N4は衝撃検知のみ駐車監視モードはないのでしょうか?
      ありますが、衝撃を検知してから録画開始するまで10秒程度掛かるので当て逃げ対策としては微妙ですね。

  11. N より:

    何度もすいません。
    もしドラレコを取り付けるなら、埼玉県でどこかいい場所はありませんか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      1.>それでしたらコムテックがいいですかね?
      >N4が自動で駐車監視をoffにする機能があれば良かったのですが…。
      N4で自動で駐車監視をoffにしたい場合には、この製品を使えば可能です。
      https://car-accessory-news.com/izone/

      2.あとはアルパインから9月に出る、アルファード専用のデジタルインナーのドラレコもいいかなと思ってました。一応フルハイビジョンでスタービスが307搭載のようです。

      アルパインはまだデジタルインナーミラーの品質が安定していないようなので、少し待たれた方が良いような?
      https://www.alpine.co.jp/whatsnew/20210325
      私自身もレビューは製品供給や動作が安定してからにしようと考えています。

      3.>もしドラレコを取り付けるなら、埼玉県でどこかいい場所はありませんか?
      埼玉県ならU-Garageの飯塚さんが出張対応できると思います。
      全域ではないようなお話なので、こちらから連絡してみて下さい。
      https://www.facebook.com/yuuya.iizuka.3
      TEL:08048987111

  12. N より:

    もしも外部バッテリーをつける場合、バッテリーはおいくらくらいしますか?
    また、取り付けたあとに熱はどのくらい持つのか、気になります。
    アルパインのやつがだめなら、N4辺りを検討したいです。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      ①外出先だけではなく家でもN4でタイムラプス、動体検知の駐車監視をする
      ②車に乗るのは週2~3回の近場だけ
      と言う条件になると、外部バッテリーを使っても常に駐車監視は難しいですね。
      今存在している一番容量が大きい製品「iCELL B40A」(87,780円)でも、連続して3~4日しか持ちません。
      一番下のクラスの3万円くらいのものだと17時間くらいです。

      家でも外出先でも常に駐車監視を行うには、毎日1~2時間の走行が必要になりますので、少し運用を工夫した方が良い様に思います。
      ①外出先では動体検知・タイムラプスの駐車監視を行う
      ②家では衝撃検知のみの駐車監視を行う
      などが考えられます。

      この使い方なら多分外部バッテリーは要らないですよ。

  13. N より:

    検討しましたが、イマイチ自分に合うドラレコがわかりませんでした。すいません。
    外部バッテリーは付けず、衝撃検知のみの駐車監視、またはマイクロ波の駐車監視どちらがいいのでしょうか?
    リアに8パーセントのフィルムも付いてますし、何をつけていいのか、日々悩んでいます。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      N様
      >リアに8パーセントのフィルム
      これを考えるとスマートミラーしかないのですが、スマートミラーには確実に衝撃に反応する製品はないです。
      なのでリアに8パーセントのフィルムでリアカメラが暗くなるのは我慢して

      ・駐車監視を重視するなら、衝撃検知よりもマイクロ波の方が良い、ただしT3は1カメラモデルなので2台必要でスマートではない
      ・衝撃検知で妥協するならコムテックの「ZDR035」、何故なら衝撃から起動までの時間が短い
      ・衝撃検知が不確実なのを妥協するならN4の衝撃検知、またはV360STの衝撃検知

      何を重視するかによって変わりますし、そこはN様の嗜好によりますね。この条件で無難なのはコムテックですかね。

  14. n より:

    ありがとうございます。
    n4かzdr35にしようと思います。
    n4の衝撃検知の駐車監視は、駐車の際ドラレコの電源はどうなるでしょいか?やはり手動で電源offなのでしょうか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      n様
      N4の衝撃検知の駐車監視は、こちらのケーブルをしようしますが
      https://car-accessory-news.com/vantrue-power-cable/

      20mA程度の微電流での待機になり、電源を切る事は出来ません。
      ケーブルを抜けば切れますが。

      12V×20mA=0.24Wの消費電力です。
      24時間だと5.76Whの諸費電力量、24時間で通常の2カメラドラレコ1時間ちょいの消費電力です。
      なので、通常の場合にはそのまま放置する使い方を前提としています。

  15. n より:

    ありがとうございます。かなりの微電流なのですね。
    n4で衝撃検知の駐車監視の場合には、外部バッテリーはいりますか?
    T3のリアもセットのような商品はでないんでしょうか?

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      n様
      車の暗電流の70%程度の電力ですね。
      外部バッテリーは不要かと思います。
      T3の2カメラの話は今のところ聞いていないですね。

タイトルとURLをコピーしました