VANTRUEドラレコの駐車監視バッテリー上がり対策、11.6/12.0Vの2段階カットオフケーブル

こんにちは!Omiです。

VANTRUEのドライブレコーダーは、カットオフ電圧が11.6V固定の駐車監視用の電源ケーブルが指定されていた関係で、他社のドラレコよりもバッテリー上がりの報告が目立ちましたが、ようやくカットオフ電圧が11.6/12.0Vの2段階で調整出来る新型のケーブルが発売され、私の元にもサンプルが届いています。

新型Type Cケーブル

新ケーブルのセット内容はこちらの通り、4種類のダブルヒューズが付属しています。

このようにボックスのスイッチでカットオフ電圧を11.6/12.0Vと切り替えます。

旧製品にはこのスイッチがありません。

スイッチだけではなく、挙動も違います

旧ケーブルは11.6Vの固定カットオフ電圧でしたので、11.6V以下に電圧が下がると即時にカットオフが働く仕様でしたが、新型ケーブルは12.0Vの設定も可能ですので、アイドリングストップ車などのエンジンのONの際に電源が落ちないように電圧が規定値以下に下がっても即時にはカットオフされません。

VANTRUE バッテリー上がり対策の新型駐車監視用ケーブル

規定値以下の電圧に下がった状態が5分以上続いた場合にカットオフが働きます。

まとめ

以上、VANTRUEの新型Type C降圧ケーブルについてご紹介しました。

カットオフ電圧の設定は何Vが理想なのかを判断する事は難しいのですが、12.0V設定であればバッテリー上がりのリスクはかなり下がると思います。(監視時間も短くなるが)

バッテリーの保護を優先する方には、新型のケーブルがおすすめです。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

  1. 冷奴 より:

    ケーブル先月買ったばかりなのに〜

    まぁ、仕方ないですかね…

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      冷奴様
      YouTubeでバッテリー上がりの報告を頂いたのでこちらからもVANTRUNEには改善するようにあったんですけど、思ったより早く出てきましたね。
      以前から開発していたのかも知れないです。

  2. 冷奴 より:

    アマゾンの注文履歴見返したら新型でした

    12.0Vにして駐車監視試してみようかな

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      冷奴様
      新型たっだんですね。
      12Vと11.6Vではバッテリーへのダメージの差は結構大きいように感じます。
      今、新品バッテリーで11.7Vのカットオフで連続駐車監視→満充電の繰り返しテストをしていますが、結構な速さで毎回の監視時間が短くなってますので(笑)

タイトルとURLをコピーしました