VANTRUE「N4」の駐車監視の使い方とおすすめ設定について解説

こんにちは! Omiです。

VANTRUEの「N4」は駐車監視向けのドライブレコーダーとしてLaBoon!!が最もおすすめしている製品で、駐車監視に関するご質問が最も多い機種です。

そこでこの記事では初めて「N4」で駐車監視をされる方向けに、「N4」の駐車監視の仕組みと使い方について解説します。

「N4」の駐車監視モードの仕組み

一般的なドライブレコーダーの駐車監視モードは、コムテックの「ZDR035」のようにエンジンのON/OFFを電流の流れによって検知して、駐車監視モードへの出入りを行いますが、「N4」についてはこの仕様が異なります。

初めにこの部分で躓く方が多いようですが、エンジンのON/OFFを検知する部分では同様ではあるものの「N4」の場合には電流の流れではなく、こちらのように振動の有無でエンジンのON/OFFを検知します。

・5分間振動を検知しない状態が続くとエンジンがOFFとみなし、予め設定しておいた駐車監視モードに入る
・継続的な振動を検知するとエンジンがONとみなし、常時録画モードに戻る

「N4」の駐車監視モードの録画方式は次のエンジンのON/OFFに連動する自動切り替えの4つのモードからの選択式となります。

・衝撃検知(衝撃はフロント筐体のみで検知)
・動体検知+衝撃検知(リアカメラ以外の2カメラで検知/3カメラで録画)
・動体検知(リアカメラ以外の2カメラで検知/3カメラで録画)
・低ビットレート録画

なお、衝撃検知のみの録画モードは、衝撃を検知してから数秒後の本体起動となり、低ビットレートモードでは録画画質が落ちてしまいますのでおすすめしません。

※動体検知について、以前テストした際にリアカメラでの検知も確認していたと記憶しているのですが、改めてテストした結果リアカメラでは検知されていない事が分かりました。

VANTRUEに確認したところ、リアカメラで検知させるとバグが出る為、製品版では検知しない仕様との事。

従って駐車監視を行う際には原則として次のタイムラプスでの運用をおすすめします。

※こちらの動画でリアカメラで検知をしているように見受けられるシーンがありますが、これは室内カメラで検知したものとの結論です。

または駐車監視モードの設定をOFFにして、そのまま常時録画を継続する方法も有効です。

タイムラプスモードが駐車監視におすすめ

また、「N4」にはこれらのエンジンのON/OFFに連動して起動する4つの駐車監視モードの他に、エンジンのON/OFFに連動しない手動切り替えが必要なタイムラプスモードが存在します。

・手動切り替えの1fps/5fpsのタイムラプスによる常時録画

こちらは駐車監視メニューの外側にある設定で、手動でフレームレートを1fps/5fpsに切り替える事で録画データを節約しながら常時録画を行います。

なお、タイムラプスの設定を変更すると、先に説明した動体検知などの駐車監視録画もタイムラプスのフレームレートで録画されますので、タイムラプスを使う場合には駐車監視の設定はOFFにしましょう。

↓手動で切り替え常時録画動体検知+衝撃検知
タイムラプスOFF27.5fps/30fpsで録画
タイムラプスON1fps/5fpsで録画

LaBoon!!では当て逃げ、またはドアパンチの証拠が残り易い駐車監視モード外の「5fpのタイムラプスモード」の使用を推奨しています。

「N4」の駐車監視行う為に必要な手順

「N4」で外部バッテリーを使わずに駐車監視を行う場合には、こちらのOPのの駐車監視用2芯ケーブルが必要です。

こちらの画像には2つの少しデザインが異なるケーブルが映っていますが、このケーブルには新・旧2種類のものがあり、こちらのボックス部分にスイッチが付いているタイプが新タイプ

スイッチがないものが旧タイプとなります。

旧タイプではバッテリー保護の為のカットオフ電圧が11.6Vの固定でしたが、新タイプでは11.6V/12.0Vの2段階から選択出来ますので、新タイプを購入して下さい。

※通常の場合、カットオフ電圧の推奨設定は12Vです。

なお、こちらの端子形状はType Cです。miniUSBのケーブルは適合しません。

このケーブルの

・赤線を車の常時電源ヒューズ
・黒線をボディアース

に接続する事で、「N4」に常時電力が供給され、駐車監視モードの設定で「オフ」以外のメニューを選択しておくと、5分間の無振動の認識を以って選択したモードに切り替わります。

VANTRUEドラレコの駐車監視バッテリー上がり対策、11.6/12.0Vの2段階カットオフケーブル
...

ドライブレコーダー側は駐車中も走行中も常に赤線から電力を貰えるような状態になっており

バッテリーの電圧がケーブルで設定した「11.6V/12.0V以下」になるまでは、延々と駐車監視を継続する仕様です。

駐車監視用2芯ケーブルの取り付け方法

このケーブルにはこのように4種類のダブルヒューズが同梱されています。

このダブルヒューズのうち、自分の車に使われているヒューズと同じ形のものを選んで既存の常時電源ヒューズと差し替えますが、その際に車両側に挿さっていたヒューズはこのようにケーブルの下段スロットに挿し込みます。

・赤:常時電源系統のヒューズ

・黒:GND、ボディアース(車体の金属剥きだし部分に固定されているボルト)

なお、この付属のケーブルのヒューズをスロットに挿しこむ際には、必ずスロットの電流の流れを確認し、このような向きで取り付けます。

スロット電極のIN側(+)が「N4」に繋ぐケーブルが生えてない方です。

この挿し方とする事で、車両側の電装品に流れる電流はもともと車に使われていたヒューズに流れ、「N4」に使われる電流はケーブル付属のヒューズを流れて「N4」に向かいます。

もし、このヒューズの向きを間違えて、スロットのIN側(+)にケーブルがある方を挿してしまった場合にはこのような電流の流れになります。

もともと車両に挿さっていたヒューズに、一旦全ての電流が流れてからその後に車両側と「N4」のヒューズに分岐しますので、もともと車両に挿さっていたヒューズが切れ易くなりますのでくれぐれもヒューズの向きには注意しましょう。

駐車監視の設定項目

「N4」の駐車監視とタイムラプスの設定項目は、モードによってこのような形になっています。

・衝撃検知:感度(低・標準・高)
・動体検知+衝撃検知:感度(動体~低:2m・標準:4m・高:6m)+(衝撃~低・標準・高)
・動体検知:感度(低:2m・標準:4m・高:6m)
・低ビットレート録画:設定項目なし
・タイムラプス:1fps/5fps

LaBoon!!が推奨する動体検知+衝撃検知のモードでは、感度の調整は動体、衝撃とも一括して変更される仕様です。

「N4」は256GBまでの大容量のmicroSDカードをサポートしていますので、推奨設定は高感度ですが、周囲の環境によってあまりにも無駄な録画が多いと感じたら1段階ずつ感度を下げましょう。

駐車監視モードの操作手順

駐車監視メニューの中にある4つのモードを使う場合には、一度モードを選択しておくと以降は5分間の無振動を検知した事でエンジンがOFFになったと判断し、自動でこのモードに切り替わるようになります。

駐車監視モードに切り替わると一定時間ディスプレイに「P」のアイコンが表示され、その後にディスプレが消えます。

録画状態は左のブルーLEDで把握が可能です。

・LED点灯:待機中
・LED点滅:録画中

エンジンを掛けて車を動かすと動体検知録画が行われますが、一定時間で走行時の常時録画モードに戻ります。

※手動で強制的に駐車監視モードを起動させる場合には一番左のメニューボタンを長押し、解除する場合には一番右の電源ボタンを短押しします。

タイムラプスモードの操作手順

駐車監視メニューの外にある手動切り替えのタイムラプスモードを使う際には、自動ではこのモードに切り替わりませんので、駐車監視モードの設定で「オフ」を選択してから

録画メニューから「タイムラプス撮影」を選択し

5fpsを選びます。

これでメニューを終了するとタイムラプスモードでの録画が開始されます。

なお、動体検知モードは30秒程度で自動でディスプレイがOFFになりますが、タイムラプスモードはOFFにはなりません。

タイムラプスモードを使う方は、節電の為に設定からモニターの点灯時間を30秒にしておきましょう。

駐車監視をキャンセルする場合の操作が面倒

「N4」で駐車監視をする際の一番の問題点は、駐車監視が必要ない場所では電源のON/OFF操作が必要になると言う点です。

「N4」で駐車監視が出来る状態では、常に「N4」に電力が供給されている事を意味しますので、自宅の駐車場などの駐車監視が必要ない場合には、電源ボタンを長押しして強制シャットダウンする必要があります。

また、この強制シャットダウンを行った後、次回に運転する際にはまた電源を長押しで強制起動させなければなりません。

※これは2芯ケーブルを使っている以上、止むを得ない仕様です。

ただし、「iZONE」と合わせて使用する事でGPSで登録したポイントでは自動で電源を落とせますので、この面倒な手順をカットする事が可能です。

駐車監視の面倒な操作から開放されるLaBoon!!企画の「iZONE」
...

タイムラプスモードはさらに面倒だったりする

タイムラプスモードは駐車監視モードよりも更に操作手順が多く面倒です。

タイムラプスモードでの駐車監視を行う場合には毎回手動でフレームレートを選んだ上で、常時録画に戻す際にはタイムラプスモードをオフにしなければなりません。

さらに自宅の駐車場などの駐車監視が必要ない場合には、電源ボタンを長押しして強制シャットダウンする必要があります。

また、この強制シャットダウンを行った後、次回に運転する際にはまた電源を長押しで強制起動させなければなりません。

ただし、こちら関しては先ほどご説明した通り、「iZONE」と合わせて使用する事でGPSで登録したポイントでは自動で電源を落とせますので、この面倒な手順をカットする事が可能です。

駐車監視の面倒な操作から開放されるLaBoon!!企画の「iZONE」
...

※タイムラプスモードのこの面倒臭さは問題だと感じていますので、VANTRUEに改善を要望していますが、今のところ改善されそうな兆しは見られません。

駐車監視の挙動とファイル保存先

こちらは「動体検知+衝撃検知」モードにおける仕様です。

動体検知による録画は動体を検知したコンマ数秒後からの録画開始となり、10秒間の録画を行います。

録画中に動体を検知すると録画が10秒延長されます。(動体検知の録画ファイルはノーマルフォルダに保存)

衝撃検知を行った場合には、衝撃の大きさに応じて以下の2通りの動作になります。

・小さい衝撃:画面に鍵のアイコンは出ずに常時録画に戻る、該当ファイルをNORMALフォルダに保存し、以後5分間の無振動で駐車監視にモードに入る
・大きい衝撃:鍵のアイコンが出て常時録画に戻る、該当ファイルをEVENTフォルダに保存、以後5分間の無振動で駐車監視にモードに入る

感度最高の状態でドアの開閉は小さい衝撃として検知されました。

かなり大きな衝撃でないとEVENTファイルに保存されませんので、microSDカードは出来るだけ256GBのものを使用しましょう。(動体検知で上書きもそうそうないと思いますが)

タイムラプスモードで録画を行う場合には、1fpsは1秒に1コマ撮影、5fpsは5コマ撮影したものを、1秒30コマの30fpsの動画として保存します。

従って動画再生時には1fpsは30倍速、5fpsは6倍速の映像として再生されます。

各モードでのmicroSDカードへの保存データサイズ

microSDカードは最大で256GBまでがサポートされていますが、手持ちのこちらの512GBカードでは1時間以上の録画と再生に異常は見られませんでした。

※データサイズが4K相当なので4K対応のU3規格でないとエラーが出る可能性があります

こちらは各録画モードでの1時間当たりのデータサイズです。

・常時録画モード:15.6GB
・5fpsタイムラプス:2.6GB
・1fpsタイムラプス:0.52GB
・動体検知モード:環境による

25%はイベント録画用に割り当てられているようなので、5fpsのタイムラプスモードで256GBのカードに録画をする場合には66時間、512GBであれば132時間分のデータが保存できる計算です。(1fpsだとその5倍)

駐車監視の消費電力

「N4」の各モードでの消費電力の計測結果はこちらの通りでした。

・常時録画(液晶ON):4.5W
・動体検知待機中(液晶OFF):3.75W
・動体検知録画中(液晶OFF):4.125W
・タイムラプス(液晶OFF):3.75W(1fps/5fpsとも同じ)

なお、動体検知モードは30秒程度で自動で液晶がOFFになりますが、タイムラプスモードはOFFにはなりません。

節電の為に設定からモニターの点灯時間を30秒にしておきましょう。

外部電源を使用した駐車監視

上述の消費電力から、ドラレコ専用の急速充電バッテリー「iCELL」ではこちらのような駆動時間の予測となります。(タイムラプスモードの3.75Wでシミュレーション)

型番B6AB12AB40A
容量76Wh153Wh422Wh
駆動時間18.2時間36.4時間101時間
満充電50分100分150分

※MEDIKのUPS300/400/500は「N4」起動時の最大電力の問題で「N4」には適合外となります。

ikeep「iCELL B6A/B12A」

ikeep「iCELL B40A」

iCELLと「N4」との取り付け方法はこちらの2芯ケーブルパターンが該当しますが、OPの降圧ケーブルは必要ありません。

この図のようにエーモンのシガーソケットと「N4」付属のシガープラグケーブルを組み合わせて接続します。

①「iCELL」OUT赤線~アクセサリー系のヒューズとだけ接続
②「iCELL」OUT黄線~ソケットケーブルの+側に接続
③「iCELL」OUT黒線~ソケットケーブルの-アース側に接続

iZONEとの接続方法

「iZONEとの接続の際には以下のように指定の駐車監視用ケーブルを使用します。(外部電源なしの場合)

駐車監視の面倒な操作から開放されるLaBoon!!企画の「iZONE」
...

「iCELL」、「iZONE」との組合せ

「iCELL」、「iZONE」との組み合わせの場合には、「N4」付属のシガーケーブルとエーモンのシガーソケットを組み合わせます。

まとめ

以上、「N4」の駐車監視モードの使い方、取り付け・設定方法について解説しました。

「N4」のレビュー本編についてはこちらの記事をご参照下さい。

実機レビュー VANTRUEの3カメラSTARVISドラレコ「N4」の評価
...

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

  1. バウハウス より:

    駐車監視モードの「動体検知+衝撃検知」モードについてですが、このモードでの「動体検知」とは3カメラで検知するのでしょうか?実際の動作を見てるかぎりフロント筐体のみで検知しているようなので。このモードの検知動作詳細をご教示頂きたくお願いします。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      バウハウス様
      過去にテストした時にはリアカメラでも検知していたように記憶していますが、改めて確認したところフロントの2カメラでしか検知してないですね。
      VANTRUEに確認します。

  2. バウハウス より:

    ご対応有り難うございます。
    こちらの動作確認としては車外から(リアカメラ前で手を振る)(運転席側から車内カメラに手を振る)※本体は運転席側へ取り付けてます。(フロントガラスから前方カメラに手を振る)の3パターンで確認してます。
    恐らく(フロントガラスから前方カメラに手を振る)しか青ledが動作反応しなかったので
    前方カメラ1個の検知かなと思います。
    確認宜しくお願い致します。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      バウハウス様
      昨日VANTRUEに問い合わせていますが、まだ返事がありません。
      手元にある個体では、遮光テープでレンズを覆って、前・中カメラでの検知は確認出来ていますが、リアは検知していません。
      ファームウェアの問題なのか、過去の私のテストの方法が悪かったのか分かりませんが、VANTRUEの回答待ちとなっていますのでしばらくお待ちください。

      最初のテストではこのような動作でした。
      https://youtu.be/n2vSXIn_Ojo?t=1177

  3. バウハウス より:

    ご多忙中有り難うございます。
    動画を拝見する限りは3カメラで検知
    出来てそうですね。
    メーカー返答、お待ちしてます。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      バウハウス様VANTRUEから回答来ましたが、やはりリアカメラでは検知しないとの事でした。
      動画検知しているように見えるのはインナーカメラで検知したものだろうとの結論です。
      従いまして、ご面倒ですが5fpsのタイムラプス、または常時録画の継続での運用をおすすめします。

      • バウハウス より:

        Omiさん。メーカー確認誠にありがとうございました。
        こちらも「動体+衝撃」モードで車内在中のままエンジンOffし駐車監視開始後で車内カメラへ手を振り車内カメラの動体検知、録画開始動作を確認出来ました。
        まとめるとフロント筐体の前方カメラ、車内カメラの2カメラ検知で、検知後はリアカメラ含め3カメラで録画開始という理解よろしでしょうか。
        まあ私の本来の運用はicellのb12aと組合せた駐車中も常時録画の運用なので、テストもかねて駐車監視モードを試した次第でした。
        不具合ではなく正常動作ということが確認出来ました。
        ご多忙中のご対応ありがとうございました。今後も運用上で疑問点等発生した際は何卒宜しくお願い致します。

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          バウハウス様
          >フロント筐体の前方カメラ、車内カメラの2カメラ検知で、検知後はリアカメラ含め3カメラで録画開始という理解よろしでしょうか。
          その通りですね。
          また何がございましたらご相談下さい。

  4. mh-ort より:

    新車購入に伴い初めてドライブレコーダーを付けるため色々とググった結果、こちらの記事へ辿り着きました。
    駐車監視をメインに選びたいと思いこちらの記事で紹介されているVANTRUE「N4」をディーラーに持ち込んで納車時につけてもらおうと考えております。また駐車監視中は外部バッテリーを使用しての監視を考えています。
    実際にディーラーへどれを買い揃えて持っていけば良いか教えていただけませんでしょうか。
    車種はメルセデスベンツのGLE400dになります。
    よろしくお願い致します。

  5. どらどら より:

    こちらの内容をみて、つい先日N4を購入しました。

    購入後ですが質問したいことがいくつかあります。

    質問1
    「N4」で駐車監視をする際の一番の問題点は、駐車監視が必要ない場所では電源のON/OFF操作が必要になると言う点です。

    とありますが、現在使用しているドラレコに、トグルスイッチにてオンオフできるようにしてあります。
    N4本体スイッチではなく、トグルスイッチにてオンオフでも問題ないのでしょうか?(もし運転時にスイッチを入れ忘れた場合、ブザーが鳴るように回路を組んであります)

    質問2
    オプションの駐車時の録画ケーブルを購入しましたが、12v以下(または11.6v以下)になった場合、バッテリーからの電力は完全に断たれ、オプションのケーブルへの電流、ドラレコ本体への電流、共に0mAになるのでしょうか?

    質問3
    タイムラプスというのは、デジカメやスマホの連写モードのような撮影ですか?タイムラプスは動体検知ではなく、常時録画ですか?

    質問4
    リアカメラでは動体検知しないということは知らなかったですが、フロントカメラ、車内カメラが検知すれば、リアカメラも同時に録画開始になるのでしょうか?

    色々質問ありますが回答頂きたいです。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      どらどら様

      >質問1
      >「N4」で駐車監視をする際の一番の問題点は、駐車監視が必要ない場所では電源のON/OFF操作が必要になると言う点です。
      >とありますが、現在使用しているドラレコに、トグルスイッチにてオンオフできるようにしてあります。
      >N4本体スイッチではなく、トグルスイッチにてオンオフでも問題ないのでしょうか?(もし運転時にスイッチを入れ忘れた場合、ブザーが鳴るように回路を組んであります)
      問題ないですね。

      >質問2
      >オプションの駐車時の録画ケーブルを購入しましたが、12v以下(または11.6v以下)になった場合、バッテリーからの電力は完全に断たれ、オプションのケーブルへの電流、ドラレコ>本体への電流、共に0mAになるのでしょうか?
      >即時ではありませんが0mAになります。
      https://car-accessory-news.com/vantrue-power-cable/

      >質問3
      >タイムラプスというのは、デジカメやスマホの連写モードのような撮影ですか?タイムラプスは動体検知ではなく、常時録画ですか?
      フレームレートを落とした常時録画です。

      >質問4
      >リアカメラでは動体検知しないということは知らなかったですが、フロントカメラ、車内カメラが検知すれば、リアカメラも同時に録画開始になるのでしょうか?
      そうなります。

      • どらどら より:

        Omi様

        回答ありがとうございます。
        リンクも載せていただき、とてもわかりやすかったです。

  6. どらどら より:

    Omi様

    度々の質問すいません。
    オプションの常時録画ケーブルで質問ですが、現在「FineSafe S」を使用しています。(ドラレコはCR-2000S)

    別記事で、FineSafe Sは他機種でも使えるような記載がありましたが、N4でも使える可能性はあるのでしょうか?
    ドラレコはリアカメラが突然撮影ストップになるエラーは起きますが、FineSafe Sは多分正常動作しているかと思います。
    カットオフ時に完全に0mAになっているかどうかはわかりませんが。

    N4の常時電源ケーブルは、FineSafe Sの記事が気になったので一旦キャンセルしました。(ドラレコ用のサブバッテリーを検討中ということもあるので。)

タイトルとURLをコピーしました