「TA-011C」を外部バッテリーでタイマー管理する方法

この記事では5V/miniUSBタイプの「TA-011C」を「UPS300」でタイマー管理しつつ、駐車監視を行う方法について説明しています。

「UPS300」にはタイマー機能はないのでタイマー管理にはユピテルの「OP-VMU01」を使用します。

ユピテルタイマー管理ケーブル「OP-VMU01」での駆動テスト

ユピテルの「OP-VMU01」はユピテルの指定ドライブレコーダー用の専用タイマーケーブルですが、その形状や仕組み上、他社のminiUSBコネクタを搭載するドライブレコーダーに対しての汎用性も高いように思います。

タイマー設定時間は、30分/1時間/2時間/3時間/4時間/6時間/12時間のいずれかで「UPS300」のバックアップ電源による駆動可能時間とも相性が良いです。

 

「OP-VMU01」は以下の図のようにドライブレコーダーへの接続側が+-の2芯の12V出力となっています。

この12Vギボシを5V/miniUSBに変換するのが以下のユピテルのケーブルで、コネクタ部分のL字の向きで2種類の型番があります。

OP-E487はこの向きです。

created by Rinker
ユピテル(YUPITERU)
¥1,455 (2021/11/27 01:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

OP-E755はこの向きです。

created by Rinker
ユピテル(YUPITERU)
¥1,500 (2021/11/27 01:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

ドライブレコーダー側の電源端子の向きに合わせて「OP-E487」「OP-E755」のどちらかを選ぶ必要があります。

「TA-011C」の場合には、マウントと本体にそれぞれ電源端子があります。

どちらからでも給電は可能ですがケーブルを目立たなくする為にマウントから給電を行う場合には、「OP-VMU01」を助手席側に設置するなら「OP-E487」、運転席側に設置するなら「OP-E755」と組み合わせると配線の取り回しが容易になります。

一方で本体の電源端子から給電したい場合には「OP-E755」を選んでおかないと見た目が微妙になります。

「OP-VMU01」を使用しての設置手順

「OP-VMU01」と「UPS300」を組み合わせてドライブレコーダー(今回はTA-011C)を設置する手順は以下の通りです。

電工ペンチとギボシ端子が必要なので、ない場合には以下のセットが安くておすすめです。

created by Rinker
エーモン(amon)
¥1,400 (2021/11/27 01:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

「OP-VMU01」と「UPS300」の接続

「OP-VMU01」の入力側は3芯ケーブル構造で、ACCは赤、常時は黄色、アースは黒となっています。

①「OP-VMU01」の赤と黄色にはオスのギボシ端子が付いています。アースはC型の端子がついていますので、アースのC型端子を切断してオスのギボシ処理を行います。

②スイッチ付きのシガープラグの+-をそれぞれメスのギボシ処理を行います。

※白黒線が+、黒線が-

③スイッチなしのシガープラグの+をメスのギボシ端子、-を絶縁テープで絶縁処理します。

※白黒線が+、黒線が-

④「OP-VMU01」の黄色線をスイッチ付きのシガープラグの+と接続、黒線をシガープラグの-と接続します。

⑤スイッチなしのシガープラグの、「OP-VMU01」の黒線をスイッチ付きのシガープラグの-と接続します。

「OP-VMU01」と「TA-011C」との接続

「OP-VMU01」の出力側は最初からメスのギボシ処理がされています。

「OP-E755」「OP-E487」ともに納品段階では配線はギボシ処理されていません。

①赤(+)、黒(-)をオスのギボシ処理を行います。

②「OP-E755」「OP-E487」と「OP-VMU01」の赤(+)、黒(-)を接続します。

③「OP-E755」「OP-E487」とドライブレコーダーを接続します。

完成図はこのような形になります。

「TA-011C」を外部バッテリーでタイマー管理する方法のまとめ

この接続方法でタイマーによるカットオフまでの一連の動作が可能でした。(ノイズなど、特に気になる点もなし)

駐車監視を使用しない場合には「UPS300」と組み合わせない「OP-VMU01」単体の運用だと「OP-VMU01」のスイッチをオフにする必要があります。

ただ「OP-VMU01」を運用されている方の中には「OP-VMU01」自体を見えない場所に隠してしまう人も多いようで、この操作が嫌だというご意見を頂いた事があります。

「UPS300」と組み合わて使用する場合には「OP-VMU01」のスイッチ、もしくは「UPS300」の背面スイッチ、または上で紹介したスイッチ付きシガープラグのスイッチのいずれかで電源のオンオフをコントロールする事が出来ます。

「UPS300」だけ手の届く位置に設置し、他の配線は隠してしまう事も可能ですね。(夏の炎天下では直射日光は避けた方が良いと思います)

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

この記事を投稿した人
管理人Omi

LaBoon!!の管理人です。2015年に趣味が高じてLaBoon!!の運営をはじめました。変態・奇人・変人扱いされるのはむしろ名誉な事だと考えています。(昔から)

LaBoon!!をフォローする
ドライブレコーダーの取り付け
この記事をシェアする
LaBoon!!をフォローする
ドライブレコーダーの専門サイト LaBoon!!(ラブーン)

コメント

  1. こうちゃん より:

    いつもお世話になっております。

    UPS300の、このような画期的な使い方があるのですね!
    僕も駐車監視に非常に興味があり、僕の想いがまさにこちらの商品構成です。

    これだと、バッテリー上がりも防げますし、自宅等で監視があまり不要な所で簡単にOFFできますね!
    理想的です!!

    今後とも、宜しくお願い致します。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      こうちゃん様
      コメントありがとうございます。
      世の中には使い方次第で色々便利なものがあるみたいですが、私も言われるまでUPS300の存在には気が付きませんでした(笑)
      使ってみるとかなり面白い代物です。

タイトルとURLをコピーしました