VANTRUEからタイマ―機能付きの降圧ケーブル発売

※2022年10月5日更新:現物の挙動を追記しました。

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

VANTRUEのドライブレコーダーは、「N4」や「N2S」、「X4S」そして最新の「S2」など、駐車監視に特化した製品が多いですが、一般的な駐車監視向けのドライブレコーダーとは異なり、駐車監視の電源ケーブルは2芯タイプのものしかありませんでした。

VANTRUEドラレコの駐車監視バッテリー上がり対策、11.6/12.0Vの2段階カットオフケーブル
...

従ってタイマー設定などは不可だったのですが、今回ご紹介するケーブルは、ACCと常時電源に接続するタイプでタイマー設定も可能となっています。

VANTRUE 直結電源ケーブル ドライブレコーダー用 Type-C ポート 3芯常時電源ケーブル ACC連動 タイマー設定 低電圧保護 アイドリング対策品 N4/E1/E2/N2S/X4S/X4S DUO/T3ドラレコに対応
【選択可能な低電圧保護&ACC電源連動】 低電圧時に、電圧11.6V/11.9V/12.2V/12.5V/23.6V/23.9V/24.2V/24.5V未満の時、設定した数値よりまで下がった場合、低電圧保護があるため、自動にドラレコの電源を切ります。お客様は車の起動電圧で適用な断電電圧を選択できます。ACC電源連動機能...

3芯タイプでエンジンに連動する駐車監視の起動・終了

こちらのケーブルでは、コムテックなどの製品と同じ様に、アクセサリー電源のON/OFFの情報を拾えるようになっています。

実際に現物を使って「N4」「S2」で挙動を確認してみたところ、何れもアクセサリー信号を検知して、駐車監視の開始・終了動作を行いました。

※「N4」などの旧機種でもアクセサリー信号を検知出来ていたようです。(古いファームウェアでは不明)

タイマーとカットオフ電圧

このケーブルのタイマーとカットオフ電圧の設定はこちらの通りです。

・カットオフ電圧:11.6/11.9/12.2/12.5/23.6/23.9/24.2/24.5V
・タイマー:1/3/6/12/24時間/常時

駐車監視時の電源オフの設定はありませんので、駐車監視をキャンセルする場合にはドラレコの電源ボタンを長押しするなどしてシャットダウンする必要があります。

※強制シャットダウン後には、次回のACC通電で再起動します。

セット内容について

セット内容はこちらの通りです。

・ケーブル本体
・両面テープ
・ダブルヒューズケーブル4種
・取扱説明書

取り付け方法について

こちらのケーブルは、一般的な3芯ケーブルとは異なり、以下のような配線の色となっています。

・常時電源:赤(普通は黄)
・アクセサリー:黄(普通は赤)
・アース:黒

赤の常時電源線はギボシ処理がされていますので、付属のダブルヒューズケーブルと接続します。

ダブルヒューズケーブルは車両の常時電源のヒューズスロットに挿します。

アクセサリーヒューズに繋ぐ黄色のACC線は、何故かミニ平型のヒューズが付いていますが、容量が分かりません。

従って切断してギボシ処理を行い、エーモンなどの市販のヒューズケーブルを使用する方法を推奨します。

まとめ

以上、VANTRUEの3芯降圧ケーブルについて解説しました。

駐車監視を行う際に外部バッテリーを使わない場合には、このケーブルの使用をおすすめします。

外部バッテリーと合わせて使う場合には、カットオフ電圧は邪魔になる機能ですので、エーモンのシガーソケットにドラレコ付属のシガーケーブルを挿し込む形で取り付けを行い、このケーブルは使わなわい方が良いでしょう。

コメント

  1. 水野康彦 より:

    S2購入時にこのケーブルも購入しました(セットで10%OFFでした)。
    このケーブルを使用するとACCだけ接続しても電源ONにはならないので、ドラレコの電源は常時電源から供給、ACCはエンジンON・OFF信号だけと思われますね。
    S2の駐車監視ですが、ACCオフ後5分で駐車監視モードに入ります(液晶画面をタッチすると即駐車監視モードになります)。
    ただ、ACCオン後すぐにオフすると駐車監視モードに入るみたいなので、ACCでも何らかの制御をしているかも。
    普段は1時間の駐車監視モードにしていますが、1時間の次が3時間なので、2時間が欲しかったです。
     ※駐車監視モードは15fpsにしていますが、これで十分かなと。

    なお、自宅駐車場に戻った際には駐車監視モードは不要なので、常時電源にリレーをかませて、リレーをプッシュスイッチで動作させることにより、プッシュスイッチを押下するとドラレコの電源が切れるようにしました。
    本体電源スイッチでも切れるのですが、ちょっと押しずらいです。
    なお、常時電源は一瞬切るだけだと電源は切れず(内部のキャパシタから供給されるからだと思います)、4秒くらい電源カットされないとダメでした。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      水野様
      ACCでドラレコの駐車監視を制御しているとなると、新世代の機種は3芯入力に対応しているのかも知れませんね。

  2. でこ より:

    Vantrue S2を購入したので、iCELLを使用して駐車監視しようと思っているのですが、シガーケーブルで接続するという方法もあるものの、せっかくの3芯降圧ケーブルでアクセサリー信号を検知するということなので、これを使用したいところです。

    iCELLは12V以上に昇圧しているとのことですが、この降圧ケーブルで最低の11.6Vに設定すれば、このカットオフの機能は邪魔にならないと思うのですが、どうなのでしょうか。

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      でこ様
      iCELLは固定電圧ではなく、+1.0V程度の固定昇圧となっています。
      最後は11.0V程度まで放電を継続しますので、このケーブルを使わない方が監視時間は長くなります。(30~40分くらい?)

      3芯ケーブルを使っても問題はありません。

  3. とおりすがりまん より:

    こんにちは
    iCellと接続する場合、
    このケーブルの常時電源(赤)を、iCellの常時電源ケーブル(黄)と直接ギボシで繋げてokですか?
    (もともと付属ヒューズがあったのでヒューズかませなくても良いのかなと思ってしまいました)

    • ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣 より:

      とおりすがりまん様
      このケーブルのヒューズはダブルスロットタイプですのでiCELLとは繋げられません。
      間にヒューズ管を入れて下さい。

タイトルとURLをコピーしました