※2019年3月4日更新~「DVR-SL1」について追記しました。

過去に市販のソーラーチャージャーとモバイルバッテリーを組み合わせてドライブレコーダーの永続的な長時間の駐車監視が出来ないものかと考え、色々と思案してきましたが、時間を掛けてテストした挙句に思うような結果が得られずに頓挫していたと言う経験があります。

私がソーラータイプにこだわった理由は次の2点でした。

①電源ケーブルの配線が不要で取り付けが楽チンになる

②外部電源や車のバッテリーを使用せずとも駐車監視が可能になる

 

ドライブレコーダーの取付工賃は数千円から場合によっては1万円を超えるケースもあろうかと思いますが、ソーラータイプであればドラレコ単体のコストだけで済んでしまいますし、ユーザーにとっては大きなメリットが期待できるでしょう。

残念ながら現在のドライブレコーダーは電力的にソーラーでの駆動が可能なものはありませんが、あと数年で「ソーラータイプのドライブレコーダーも夢ではない?」と感じさせるようなガジェットを見つけました。

個人的にはかなりの可能性を感じるモデルなので、この機会にご紹介しておきます。

ドライブレコーダーではなくソーラー防犯IPカメラ「DVR-SL1」

「DVR-SL1」はHanwha Q CELLS Japan(ハンファ)から販売されている、ソーラータイプのIPカメラです。

ハンファは韓国の財閥系の大企業で、韓国の国策も絡んで現在では傘下にサムスン総合化学、サムスントタル、サムスンタレス、サムスンテックウィンなど収めています。(韓国では国策で各事業を一部の大企業に集約する傾向がある)

ハンファの現在の事業内容は①ケミカル、②ソーラー、③セキュリティが大きな柱となっており、今回のソーラータイプのIPカメラである「DVR-SL1」は、このうち②ソーラー、③セキュリティの2つの事業のシナジー効果で生まれ出た製品のように見受けられます。

「DVR-SL1」のスペック

「DVR-SL1」のスペックは以下の表の通りです。

DVR-SL1 第2世代
19.03発売
1280×720
フレームレート不明
レンズ視野角 対角90°
32GB内蔵メモリ
熱検知録画
内蔵バッテリー
6800mAh

基本動作は熱検知録画となり、待機時間については5日間のうち8時間の日照で永続動作とあります。

残念ながら常時録画状態にはなりませんし、あまりにも検知頻度が高い場所ではそれほどバッテリーは持たない可能性があります。

従って現時点ではドラレコとしては全く役に立ちそうにありませんね…残念ながら。

まずは駐車監視だけソーラーバッテリーで賄えないかと言う話

「DVR-SL1」はソーラー充電以外にもUSB電源からの充電も可能となっています。

現時点ではドライブレコーダーとしての運用は現実的ではありませんが、走行中の動画はドライブレコーダーで行い、駐車監視のみを「DVR-SL1」のソーラー電源で行う事は可能かも知れませんね。

赤外LEDも搭載していますので夜間の暗視能力もそこそこ高そうです。

問題は夏場の熱耐性ですね。もともと車内での使用を前提としていない為、炎天下での駐車監視時の動作の安定性は未知数です。

まぁ、屋外使用を前提としたIPカメラなのでそれなりの環境適応能力はあると思いますが…。

※商品仕様を確認したら、ガラス越しの検知は不可との事ですし、あくまで人感センサーっぽいので自宅駐車場での防犯目的にしか使えなそうです。

「DVR-SL1」のまとめ

今回は「DVR-SL1」のソーラーバッテリーでの駆動能力に注目してみましたが、現時点ではソーラーバッテリーだけではまだまだ走行中の録画は不可能です。

発電能力よりも消費電力の方を大幅に下げなければ常時録画は不可能かと思いますが、いずれは常時録画が可能なソーラータイプのカメラも登場するかも知れませんね。

一方で純粋な防犯カメラとしての「DVR-SL1」の能力を考えると、電源なしで永続的な待機が可能であるならば、これはこれで魅力的な製品であると思います。

ドラレコとしてどうのと言うよりも、家の防犯カメラとして試してみたいと感じています。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう