ユピテルから2018年ドライブレコーダー第一弾「SN-SV70c」が発表されました。(1月末~2月上旬ころの発売?)

タイトルからも分かる通り、水平141°のWiFi対応の円筒タイプのコンパクトモデルで、おそらくこのスペックのモデルの発売を待ち望んていたユーザーが少なからずいるのでは?と感じるくらいの良モデルのようです。

スポンサーリンク

昨年のこの時期には国内メーカー初の「2533×1440」の「DRY-ST7000c」が発売されていますし、年始に他社に先駆けてかつてない高スペックのモデルを発表する手法はなかなかインパクトが強く感じらますね。(笑)

「SN-SV70c」のスペック

主要なスペックはタイトルで分かるかと思いますが、詳細は以下の通りです。

ユピテル
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
SN-SV70c
18.01発売
参考価格 18.01.12
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
LED信号対応
水平141°
30fps
HDR
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
WiFi対応
-
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知
手動起動
専用ケーブル
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「SN-SV70c」の注目すべきポイント(つまりは他社との差別化ですが)は、まずは円筒タイプのWiFiモデルであるという点です。

このクラスは随分前からユピテルの専売のような形になっていましたが、2017年にはモデルの更新がなくデザインはともかく中身のハードウェアの面ではおよそ3年振りのフルモデルチェンジではないかと思います。

ユピテルのドライブレコーダーは例のリコール問題の影響で、2015~2016年は新モデルの開発がやや足踏みした感があり、2017年にはスタンダードタイプで「DRY-ST7000c/6000d」などの革新的なモデルの発売はあったものの、WiFi円筒タイプまでは開発ソースが回っていなかった感があります。

ここでようやくフルモデルチェンジを遂げて、画質面でも2017年モデルを大きく超えているのではないかと思われる改善があったようです。

 

解像度に関してはスタンダードなフルハイビジョンではあるものの、水平録画視野角141°と現状最高峰、SONYのSTARVIS CMOSセンサーを搭載する事で夜間の超明るい動画の撮影を実現しているようです。

最近ではセルスターもこのSTARVIS搭載のモデルを発売していますが、視野角の面では凡庸でしたのであまり大きく取りあげませんでした。

一方でユピテルの「SN-SV70c」は水平録画視野角141°にこのSTARVISの組み合わせですので、走行中の状況証拠の認識に関してはおそらく現状No.1であろうかと推察されます。

駐車監視の仕様について

「SN-SV70c」の駐車監視の仕様に関しては「駐車監視モード」が存在せず、オプションのタイマーユニット「OP-VMU01」もしくはマルチバッテリー「OP-MB4000」と組み合わせて運用する事になるようです。

※こられのOPユニットとドラレコの接続用には、12V→5V変換ケーブル「OP-E1060」も合わせて必要になります。接続方法は他のユピテルドラレコと同様かと思います。

■ ユピテルのドライブレコーダー 各モデルの特徴をまとめて説明

駐車監視モードが存在しない為、動体検知もなく、駐車中の衝撃検知も走行中と同様となりますので、駐車監視の利便性は高いモデルではありません。

また、ナンバー認識精度に関してもおそらく「DRY-ST7000c」の方が上であろうと推察されますので、駐車監視のナンバー認識精度を求めるなら「DRY-ST7000c」、利便性であれば「DRY-ST6000d」+「OP-MB4000」という選択肢の方が良さそうです。

「SN-SV70c」のまとめ

コムテックもそうですが、最近の売れているメーカーはあれもこれも中途半端な汎用モデルは少なく、何かを切り捨てて代わりに別の部分に特化させるモデルの発売が目立ちます。

「SN-SV70c」については現状の人気が最も高い、走行中の広範囲の状況証拠に特化しつつコンパクトな円筒タイプで設置場所を選びませんので、駐車監視の面では今一つ使い勝手が悪いですが、基本的には万人におすすめできる王道モデルだと感じています。

スポンサーリンク

ただ、現状の情勢でこのスペックだと発売当初の価格は3万円を超えてくるのでは?と予測していますので、初っ端から2.5万円程度で出てきたらかなりおすすめですね。

個人的にはかなり期待値が高いモデルです。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう